--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のモルゲンロート@蝶が岳 その3

2014年10月06日 00:01

行程表&三股登山道の写真はこちら→蝶ヶ岳その1
北ア主稜線まるみえの絶景写真はこちら→蝶ヶ岳その2



9月23日~24日の1泊ゆるり登山。

台風接近で24日は天候が崩れるというので、

モルゲンロートは見られないだろう、それでは、と

アーベントロートに望みをかけた。



ところがどっこい。


朝日は一瞬だけ顔を出してくれた。
IMG_0145_R.jpg



続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

超絶ロケーション!@蝶ヶ岳 その2

2014年10月05日 06:30

行程表、三股登山口情報はこちら


蝶ヶ岳のテン場は聞きしに勝る超絶ロケーションでした。


IMG_0093_R.jpg


超絶でした。

…蝶だけに。

( *´艸)プッ





あっ、ちょっ、

待ってぇ~ 





まだ写真たくさんあるよ。


続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村
[ 続きを読む ]

ソロテン!@蝶ヶ岳 2014.09.23-24

2014年10月03日 23:58

秋分の日とくっつけて1日、お休みがとれたので、1泊2日で山へ。

どこへいこうかな。

今回のテーマは、「単独」「BCではなく稜線に泊まる」「できれば歩いたことのない道、山」



私は自分が登った山のバッジは、登頂記念として購入している。(売っていれば。)

そういえば2年前、横尾山荘で見つけたバッジがかわいくて、

登っていないのにフライングゲットしてしまった山が一座だけあったっけ。



蝶ヶ岳。

そうだ、蝶に登ろう。

IMG_0102_R.jpg
2013.09.23 蝶ヶ岳テント場より Canon IXY


そうそう、そういえば先日の鳳凰にて、

一眼レフがとうとうお釈迦になってしまった。

(その前から調子は良くなかったのだけど。)

で、以前ボーリング大会の景品でもらったままになっていたコンデジをおろしてみた。

最近のコンデジってスマホアプリみたいにいろんなイフェクトがついてるのね。(浦島太郎)

この写真もそのカメラで撮りました。

意外に遊べそうなので、しばらくはこのコンデジちゃんでガマンします。




=====山メモ=====

日程:2014年09月23日(火・祝)~24日(水)

山域:北アルプス 蝶が岳

天候:1日目 超絶快晴、 2日目 曇り

スタイル:軽量テント泊(12㎏)

同行者:なし(単独)

ルート:
day1 三股登山口08:56-10:40まめうち平10:50-12:12第一ベンチ12:18-13:35蝶ヶ岳泊
    山行4時間23分 休憩16分 合計 4時間39分
day2 蝶ヶ岳06:30-08:02まめうち平08:08-09:00三股登山口
    山行2時間24分 休憩6分 合計 2時間30分




駐車場:三股駐車場(AM8:00でほぼ満車)

お風呂:ほりでーゆ~四季の郷 (530円→蝶が岳ヒュッテで割引券をもらい430円)

==============



続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村


[ 続きを読む ]

落石の恐怖再び!重太郎新道 北アday3その3

2013年11月06日 08:07

これまでのおはなし <day1> <day2-1> <day2-2> <day3-1> <day3-2>




奥穂から吊尾根経由でなんとか前穂までたどり着き、

あとは上高地からのバスに間に合うように重太郎新道を下りるだけ。


C360_2013-10-14-12-11-08-428.jpg
重太郎新道、雷鳥広場と岳沢パノラマの間のとんがり尾根。


『だけ』とは言ってもそれなりに難所が待ち受けており、一筋縄ではいかなかった重太郎新道

いつまで経っても下りは苦手(>_<)

そして、今回も目の前で落石を目撃する羽目になったのでありました。




↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村





[ 続きを読む ]

吊尾根&前穂はぜったい奥穂より難しいと思う。 北ア day3 その2

2013年11月02日 05:55

これまでのおはなし <day1> <day2-1> <day2-2> <day3-1>


DSC_9650.jpg
南稜の頭からジャンを振り返って



朝イチのオクホを楽しんだあとは、吊尾根から重太郎新道で上高地へ下りる。

途中、前穂へ立ち寄って。


考えてみたら、名前からしてなんだかすごくない?

吊り尾根』って。

DSC_9659.jpg
吊尾根。


剱のカニのたてばいよこばいだって、槍の垂直ハシゴだって、

楽しい!としか思わなかったのに、

この吊尾根は、意外と手ごわかった。

少し弱気になり、自信を失くしてしまった。

今回は、そんなちょっとほろ苦い思い出の記録。


↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村

[ 続きを読む ]

オクホから眺める絶景。 北アday3 その1

2013年10月30日 08:08

これまでのおはなし <day1> <day2> <day2-2>



オクホのテン場で過ごした夜。

実は、なかなか眠れなかった。



レンタル湯たんぽと使い捨てカイロのおかげで寒くはなかったのだけれど、

翌日の吊尾根~前穂を歩くシミュレーションを始めたら、

目がギンギンに冴えてきてしまって。


シミュレーションって言ったって、歩いたことないから道を知らないわけで、

それはもう想像の域を出ないわけだけれども。

…私、子供の時も遠足の前日に寝られない子でした、ハイ




そんな感じで迎えた翌朝は、不思議と眠くはなく。

北アルプス主稜線の朝焼け、そして青空のオクホをゲット。

2年前、ガッスガスの真っ白けだった山頂のリベンジを果たすことができた。





C360_2013-10-14-06-16-12-780.jpg
出発前、穂高岳山荘前にて




↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村


[ 続きを読む ]

日本の山って美しい。お昼寝とオクホと涸沢岳 北アday2続き

2013年10月27日 21:30

これまでのおはなし <day1> <day2>


奥穂の目の前、白出のコルのテン場に今夜の寝床を作った。
DSC_9488.jpg
お部屋から常念岳丸見え。素敵。

やっぱり稜線のテン場には、かなわない。






穂高岳山荘の前のテラスにてランチ→例によってお昼寝(笑)→夕方、涸沢岳へ

2年の間、焦がれていた景色をようやく見ることができた。





↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村




[ 続きを読む ]

快晴の稜線へ!涸沢~ザイテングラート ― 北ア day2

2013年10月25日 23:22

これまでのおはなし→ *

天候不良でルート変更、横尾に泊まった朝。

DSC_9381.jpg

起きてみたら、晴れてる~☆

夜、ぱらぱらと降っていた小雨もすっかり止んでいる。

下で雨ということは、上は雪だったのだろう。

DSC_9386ccss.jpg

テント脇の草には霜が降りていた。

でもテントの中は全く寒くなかった♪

(プロモンテVL24 + モンベルU.L.スーパー スパイラルダウンハガー #3)



予報では稜線は午前中強風、そしてその後は安定したお天気に。

着くころにはお昼になってるので、これは行けそうと判断。

8割がた稜線まで登ってしまう気持ちは固めた。

それでも万が一を考え、涸沢泊まりの可能性も一応は捨てずに、


AM6:10 横尾 出発




↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村





[ 続きを読む ]

北アルプスの洗礼 day1 上高地~横尾

2013年10月22日 06:17

10月の3連休、2泊できそうな予定がたてられたので、

秋山シーズン終了間際の悪あがき、今年最後の3000m峰へ。

寒さに対する装備は充分にしてはいたが、

それでも一歩間違えば簡単に低体温症で死ねるこの季節、無理は禁物。

お天気が悪ければ即退散、のつもりで。



初日こそまさかの雪予報で出鼻をくじかれたが、

2日目以降お天気は持ち直してなんとか山旅続行。

少し遅めの涸沢の紅葉、そして当初予定の山域をすべてクリアすることができた。

DSC_9618.jpg
朝焼けの穂高岳山荘とテン場。バックに涸沢岳、奥に槍の穂先。奥穂アタック途中に撮影(day3)


=====山メモ=====

日程:2013年10月12(土)~14日(月)

地域:涸沢奥穂高岳(3190m)、前穂高岳(3090m)

天候:小雨-快晴-快晴

スタイル:軽量テント泊(13㎏)

同行者:1人

ルート:
day1 上高地BT11:52-明神12:36-13:15徳澤(ランチ休憩)13:50-14:38横尾(テント泊)
day2 横尾6:10-8:45涸沢テン場-9:00涸沢小屋(休憩)9:45-12:15穂高岳山荘(テント設営)-15:50涸沢岳ピストン16:45-17:00穂高岳山荘(テント泊)
day3 穂高岳山荘6:15-7:00奥穂高岳7:25-吊尾根-9:25紀美子平9:35-10:15前穂高岳10:30-11:10紀美子平11:30-13:35岳沢小屋14:00-15:43河童橋(ソフトクリーム)-16:00上高地BT

駐車場:沢渡中が満車で、奥の旅館P(500円/日 は共通)

お風呂:梓湖畔の湯 700円

==============

3日間の全行程はこちら↓



さて、今回も

↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村



[ 続きを読む ]

山頂鍋&紅葉満喫プラン ― 焼岳 その2

2013年10月19日 08:30

焼岳、樹林帯を抜けてまもなく稜線へ。
DSC_9105.jpg


ルート地図、これまでのお話はこちら→ *



↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村


[ 続きを読む ]


最新記事