--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクホから眺める絶景。 北アday3 その1

2013年10月30日 08:08

これまでのおはなし <day1> <day2> <day2-2>



オクホのテン場で過ごした夜。

実は、なかなか眠れなかった。



レンタル湯たんぽと使い捨てカイロのおかげで寒くはなかったのだけれど、

翌日の吊尾根~前穂を歩くシミュレーションを始めたら、

目がギンギンに冴えてきてしまって。


シミュレーションって言ったって、歩いたことないから道を知らないわけで、

それはもう想像の域を出ないわけだけれども。

…私、子供の時も遠足の前日に寝られない子でした、ハイ




そんな感じで迎えた翌朝は、不思議と眠くはなく。

北アルプス主稜線の朝焼け、そして青空のオクホをゲット。

2年前、ガッスガスの真っ白けだった山頂のリベンジを果たすことができた。





C360_2013-10-14-06-16-12-780.jpg
出発前、穂高岳山荘前にて




↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

北アルプスの洗礼 day1 上高地~横尾

2013年10月22日 06:17

10月の3連休、2泊できそうな予定がたてられたので、

秋山シーズン終了間際の悪あがき、今年最後の3000m峰へ。

寒さに対する装備は充分にしてはいたが、

それでも一歩間違えば簡単に低体温症で死ねるこの季節、無理は禁物。

お天気が悪ければ即退散、のつもりで。



初日こそまさかの雪予報で出鼻をくじかれたが、

2日目以降お天気は持ち直してなんとか山旅続行。

少し遅めの涸沢の紅葉、そして当初予定の山域をすべてクリアすることができた。

DSC_9618.jpg
朝焼けの穂高岳山荘とテン場。バックに涸沢岳、奥に槍の穂先。奥穂アタック途中に撮影(day3)


=====山メモ=====

日程:2013年10月12(土)~14日(月)

地域:涸沢奥穂高岳(3190m)、前穂高岳(3090m)

天候:小雨-快晴-快晴

スタイル:軽量テント泊(13㎏)

同行者:1人

ルート:
day1 上高地BT11:52-明神12:36-13:15徳澤(ランチ休憩)13:50-14:38横尾(テント泊)
day2 横尾6:10-8:45涸沢テン場-9:00涸沢小屋(休憩)9:45-12:15穂高岳山荘(テント設営)-15:50涸沢岳ピストン16:45-17:00穂高岳山荘(テント泊)
day3 穂高岳山荘6:15-7:00奥穂高岳7:25-吊尾根-9:25紀美子平9:35-10:15前穂高岳10:30-11:10紀美子平11:30-13:35岳沢小屋14:00-15:43河童橋(ソフトクリーム)-16:00上高地BT

駐車場:沢渡中が満車で、奥の旅館P(500円/日 は共通)

お風呂:梓湖畔の湯 700円

==============

3日間の全行程はこちら↓



さて、今回も

↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村



[ 続きを読む ]

ザイテン~パノラマコース【奥穂高岳&涸沢岳登山】 その5

2011年08月29日 23:58

ザイテングラートからパノラマコースへ

前の記事は <その1> <その2> <その3> <その4>




穂高岳山荘にて。

奥穂高岳&涸沢岳登頂の後も、まだ悩んでいた。

明日の下山ルートをどうしようか。


吊り尾根~前穂~重太郎新道を行ってみたい。
でも、楽なコースではない。危険もある。結局は天候次第。


神様に晴れを祈って就寝、翌朝・・・・



[ 続きを読む ]

いよいよ山頂アタック!【奥穂高岳&涸沢岳登山】 その4

2011年08月28日 05:24

山頂へ!!

前の記事は <その1> <その2> <その3>




8月17日、朝4時半。

ごそごそと皆の起きだす音で目が覚める。

前夜、床に入っても地図とにらめっこし、結局眠りについたのは部屋で一番最後だったように思う。
それでも疲れていたせいもあり、ぐっすりと眠れた。

朝5時、小屋番さんの「朝ご飯の準備ができました」の呼び声で、食堂へ。

普段、家での朝食はパン一切れと一杯のコーヒーだけの私だけれど、
山に来ると朝からもりもりご飯が食べられるから不思議。

窓の外は・・・明るくない。

朝食後、空の様子を伺いに外へ。
昨日よりさらに霧が濃くなっている。少し、風もある。

不安になる。

それでも、ここまで来て目の前にある(と思われる、一度も見えてないけど)穂高岳に登らずして帰るのは女が廃る!
暴風雨や雷雨でない限り、絶対に登りたい!

登れなさそうなほどの悪天ではない。
周りの人も残念そうな声をあげながらも、登る準備はしている。

私も準備をする。

ルートは悩んだ末、奥穂に登ることにした。

隣のお布団で寝ていたグループも、さんざん悩んだ挙句、北穂に登ることに決めたようだ。

お先にとお別れを言って、外へ。

[ 続きを読む ]

怒涛の山行第三弾 【奥穂高岳&涸沢岳登山】その1

2011年08月25日 06:11

八ヶ岳から中3日。
夏休みの〆は憧れの北アルプスへ!

「上高地から入山」

この王道のルートを、山登り1年生の私はまだ経験していなかった。

土日の二日間のお休みではいきづらいこのコース、
夏休みに行くっきゃない!



私。北アルプスの山歩きは、初めてではない。

一度目は、友達に誘われて参加した高校時代の夏山登山、北ア縦走(燕~大天井~常念)
二度目は、3ヶ月ほど前、今年のゴールデンウィーク、残雪期の立山

一度目は、何もわからずにひたすらみんなの列についていくので必死。
景色など楽しむ余裕なく、もう二度と山になんか登るか、と思った。

二度目は、もちろん自分の意思で行ったのだけれど、
カチカチの蒼氷とピッケルをしっかり刺して踏ん張っていないと立っていられないほどの強風に、生命の危機を感じた山行 雄山が精一杯、大汝敗退
最終日は晴れて浄土山には登ったけれど、3日間室堂に滞在して立山最高峰に登れていない消化不良感…



こんな負け戦しかしていない北アルプス、
今回こそはきっちり登ってやるぞ!!

とこぶしを振り上げて、鼻息荒く勇み足で行ってきた。





===登山メモ===

日にち:2011年8月16日&~18日 小屋泊

地域:奥穂高岳、涸沢岳

天候:1日目/曇り時々晴れ、午後霧 2日目/霧&雨 3日目/稜線上は霧、ザイテンから下は曇り時々雨&晴れ

ルートと所要時間:
一日目 6:45上高地BT-7:25明神-8:20徳沢(朝食)8:40-9:30横尾(トイレ)9:55-11:00本谷橋(昼食)11:30-13:05涸沢ヒュッテ(泊)
二日目 6:15涸沢ヒュッテ-ザイテングラート経由-9:15穂高岳山荘(チェックイン、休憩)11:03-11:41奥穂高岳山頂11:50-12:28穂高岳山荘(昼食)12:50-13:14涸沢岳山頂13:19-13:34穂高岳山荘(泊)
三日目 6:15穂高岳山荘-ザイテングラート-8:05涸沢小屋(休憩)8:38-8:45涸沢ヒュッテ-パノラマコース-10:05屏風のコル-10:33屏風の耳10:38-11:00屏風のコル(休憩)11:20-13:50新村橋-14:03徳沢(昼食)14:40-15:20明神15:28-16:05上高地BT




トイレ&売店:各山小屋にあり、100円

お風呂:未利用    

登山口までのアクセス:車(松本IC経由)

参考:
・穂高岳山荘の水は宿泊客のみ無料
・沢渡中駐車場は自動改札、一日500円(出るときに支払う)。24時に更新。
・沢渡中駐車場は無料トイレ、足湯あり、近隣に自販機あり
・シーズン中、バスの本数は多い



=============


15日夜中に自宅を出発。
夜中、沢渡中駐車場到着、仮眠。
翌朝5時頃起床、準備を整えて5:50頃のバスに乗車。
夏の間はバスの本数は多いようで、気にせずとも乗れた。
乗車人数10人位?お盆過ぎの平日のためか、それ程多くなかった。
6:15頃、上高地バスターミナル到着。

20110816-0 上高地BT入山届
早朝の上高地バスターミナルは登山者のみ。
私も入山届けを提出。

お手洗いなど準備を済ませ、
6:45 いよいよ出発!!
20110816-0 上高地河童橋
河童橋。
観光では何度か来たことがあるけれど、あまり記憶が無い…
なんか、とっても観光地なのね。

橋のたもとで山ボーイ&山ガール発見。
この後、涸沢まではワンサカ出会うことに(笑


今日はさわりだけですみません。

明日に続く♪




ポチッとよろしくです↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


最新記事