--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩吹山その2

2011年07月31日 06:15

昨日の日記では転倒なんて大げさに書いたけれど、

実は一瞬しりもちをついただけ。

というのも、ゆるランの私は、下りで転ぶときはだいたい後傾。

俊足トレイルランナーさんみたいに「頭から一回転して額から流血の惨事」みたいなのは殆どない。


せせらぎルートの急坂
20110729せせらぎ2

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

鳩吹山トレラン その1

2011年07月30日 06:15

真夏の低山は暑い。

ゆっくり歩いたって、汗が吹き出る。


どうせ吹き出るなら、いっそ走ってしまえ!!

とは少々強引な論理展開
だけれども、夏の低山はできるだけトレイルランニングがいい。


そんなわけで、7月29日。
鳩吹山を走って(る、つもりで実際は歩いて)きた。


ルートはこちら。



[ 続きを読む ]

白山のお花たち1

2011年07月29日 06:15

伊吹山のお花を紹介したならば、白山のお花も紹介しなくては!

というわけで、先日の日記の予告どおり、白山で撮ってきたお花たちです。

あまりにもたくさんの種類で、名前を調べるのはとても骨の折れる、かつとても楽しい作業でした

一生懸命調べましたが、アヤシイものもいくつか・・・

間違っていたら、教えていただけると助かります




[ 続きを読む ]

伊吹山のお花たち

2011年07月28日 06:15

~伊吹山番外編~


下山時のお花鑑賞タイムにうつしたお花たちを紹介。

カメラ技術の稚拙さはお花の綺麗さでカバーということで・・・

お花畑のピークには早いとは言え、山頂~八合目間は特に色々な種類が見られた。


20110724オオバギボウシ
とりわけ見事だったのがこのギボウシの群生。

[ 続きを読む ]

伊吹山トレラン その3

2011年07月27日 06:15

伊吹山その2(トレラン改め早歩き・笑)のつづき。

三合目をまっすぐ行くとリフトの跡地があり、そこを直進すると4合目の看板がある。
しかし少しでもレースコースと同じ部分を走りたい私たちは、手前を右に折れる。
登山者も、直進コースを行く人と右折する人に分かれている。

三合目から五合目は近い。15分ほどで到着。
小屋と自販機(250円)があるが、炭酸は帰りまでおあずけ。

20110724五合目
7:08 3分だけ休憩し、五合目を出発。




[ 続きを読む ]

伊吹山トレラン その2

2011年07月26日 06:15

昨日の記事、伊吹山トレラン(もどき)の続きです。



 ※なぜ(もどき)か?

 それは、登山道部分は「走れない」から。

 トップランナーさんは走るらしいですが

 殆どの参加者は歩くため、登山道部分はどちらかというと「ライト&ファストトレッキング」の趣。



[ 続きを読む ]

伊吹山 トレラン(もどき!?) その1

2011年07月25日 06:15

今年ももうすぐアレの季節がやってくる!!


というわけで、今年初の伊吹山へ。


20110724三合目過ぎ


あまり練習できていない足で、果たして走れるのか私!?





[ 続きを読む ]

夏のトレラン in 弥勒山

2011年07月24日 06:15

お正月、トレラン中に膝を故障して以来、山を走るのは臆病になっていた。

もう膝もほぼ大丈夫なので、ぼちぼち再開しています。


[ 続きを読む ]

剣ヶ峰~下山【白山花紀行】その5

2011年07月23日 06:15

前回からの続きです。 以前の記事は    



室堂に到着したのは10時53分。
平瀬道登山口を出発してから実に4時間15分。なかなかの鈍足ぶり。

早速ザックを下ろし、ビジターセンター内探検。
まずはお手洗いを済ませる。
(とても綺麗に保たれていました。紙もあります。感謝)

続いて、売店へ。
あまりの日差しの強さにのどがカラカラだったので、CCレモンを購入、一本300円也。
グビっと一気飲み(笑)生き返るぅ~
ちなみに、ビールや有機栽培コーヒー(グァテマラ、500円也、気になる!)もありました。

郵便局もあり、記念切手やポストカードも。
記念スタンプを押して投函も可能。
私は友達の住所を持ってこなかったので、自分の“山ノオト”にスタンプを押す(無料)。


20110715室堂神社n

こちらはビジターセンターの向かいにある白山奥宮。
中にはお守りや御朱印帳、山バッジなどがおいてあった。
私は山バッジをゲット。



[ 続きを読む ]

花のパラダイス、室堂へ【白山花紀行】その4

2011年07月22日 06:15

前回からの続きです。 以前の記事は    



カンクラ雪渓の脇の最後の坂を上りきったら、そこは

20110715雪渓横


賽の河原?いえいえ、花のパラダイスでした。

[ 続きを読む ]


最新記事