--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山歩きの悪い例 【鈴鹿山行 雨乞岳・イブネ・国見岳】その4

2011年12月19日 01:35

またまた前回から日にちがあいてしまいました。

すんなりとは帰らせてもらえない?鈴鹿テント泊2日目の山行記です。



地図&行程表 その1 その2 その3



結論から言いますと、まあ何とか事なきを得たのですが。

でも、これは自分のミスによるもの。

つまり、防ぐことができたハプニング。

やってはいけない悪い例として、書き記しておきたいと思います。


20111127-00扉

イブネに別れを告げ、出発。

本日の天気は薄曇り。
20111127-04出発3

20111127-05 leaves

前日、神経をすり減らして下った斜面。
20111127-06 悪魔の北面

今日はここを通らなくてよいと思うと安心。

イブネを出て杉峠まで昨日来た道を戻る。
踏み跡が薄いので気を付けないとコースアウトしてしまう。

杉峠からは水晶谷方面をめざして下っていく。

途中、ハラハラと目の前を何かが落ちてきたので拾い上げると、鳥の羽だった
20111127-07羽根

鉱山跡地のあたりまで下りてくると、少しだけ季節が戻ったよう
20111127-08紅葉

20111127-09鉱山跡、水晶谷看板

杉峠から鉱山跡を過ぎ、しばらくは下り基調の歩きやすい道。
危険個所もほとんどなく、穏やかな気持ちで静かな山歩きが出来た。

やがて沢の音が再び近づいてきて、コクイ谷分岐へ。
水量が多く、少々焦りながら渡る
20111127-09コクイ谷分岐渡渉

このルートはしっかりした道標が無く、注意が必要だ。
山と高原地図ではよくわからない。
地形図と地形を照らし合わせて見ながら歩く。

水晶谷を渡ると、根ノ平峠の看板。
看板を見つけ、ホッとして進む。

根ノ平峠への道は落ち葉で埋もれていた。
20111127-11落ち葉埋もれる

根ノ平峠到着
20111127-13根野平峠分岐

ちょうど良い時間なので、ランチタイムに。

お昼はパスタとバターロール♪そしてオレンジジュース
20111127-12スパゲティ他

ランチしながら、山と高原地図を再び取り出して眺める。

・・・

・・・・・・

しまった。

道、、間違えた、、、_| ̄|〇


上水晶谷から直接、国見峠に抜ける道があり、予定ではそこを歩くつもりであった。
その道は国見岳山頂を踏まないため、時間的余裕があれば国見岳をピストンしてもいいかなと思っていた。

しかし、今いるのは根ノ平峠。一本北側に来てしまっている。
ここから下山するにはイヤでも国見岳山頂を通過するため、時間的には1時間半近く余分にかかってしまう。

やってしまった。


御在所近辺は登山道が網の目のようにたくさんある。
地形にとらわれすぎて、ルートファインディングに精一杯で、自分の歩くべきコースを完全に勘違いしていた。

考えてみたら、鉱山跡を過ぎたあたりから山と高原地図は見ず、地形図ばかり見ていた。

上水晶谷の分岐は、もともとわかりにくかった。そこでしっかりと地図確認すべきであった。

しかし地図を見ずに、しっかり踏み跡がついている根ノ平峠方面への道を、看板があったことで感覚的に本能的に選んでしまっていた。


あーあ。。

しかし、今はしょんぼりしている時間の余裕はない。
さっさとお昼を片付けて、とにかく出発!


いきなり急な登りが続くが、がんばって登る
20111127-14岩

落ちそうで落ちない岩!?
20111127-16きのこ岩?
国見岳周辺にはこんな奇岩がたくさんあるらしい。
次回、ゆっくり時間を取って奇岩めぐりしたいな。

「青岳」地図には載っていない名前だ
20111127-17青岳

その、青岳から見た眺め
20111127-18青岳から

とにかくがんばって歩いて、なんとか国見岳まで到着 1165m
20111127-19国見山頂看板

振り向いたら、違う山頂看板が 1175m
20111127-20国見山頂看板2

・・・どっちですか!!(苦笑)


国見岳から下る鎖場。
20111127-21鎖場

よく見ると、鎖は大丈夫なのだが、それをつないでいるロープがヤバいことに(汗
20111127-22鎖…?

「石門」の看板に誘われ、覗いてみたら。。。
20111127-23石門
本当に門みたい。不思議だわ~


ようやく最後の通過点、御在所岳が間近に見えてきた!
20111127-24御在所(国見尾根すぎたとこ)

上水晶谷から直登すれば着くはずだった国見峠、ようやく到着。
20111127-25国見峠

国見峠から最後のひと登りでようやく御在所岳到着。
デカザックなので観光客だけでなく日帰り登山者にも奇異の目で見られた(気がした・汗)

お手洗いだけ済ませてそそくさと武平峠の下山道へ。
20111127-26武平峠まで300m

20111127-27観光客止めよう看板

観光客が間違って侵入しないように、ロープが張られている上をまたいで入っていく
20111127-28登山口

少し進むと二股の分岐があるが、これは右へ。
鎌が岳をつねに正面に見据えながら激下ってゆく
20111127-29鎌正面

20111127-30武平峠おりる

見えた!駐車場
20111127-31P

なんとか日没前に帰れました。ふぅ(汗
20111127-32日没


北アルプスのメジャーコースみたいに、わかりやすい道標があればいいのだけど。
鈴鹿も御在所近辺のメジャーコースはしっかりしていますが、奥に入るとところどころ地図に載っていない道や道標が無い箇所、踏み跡が薄くわからない分岐などがあり、地図読みの技術が試されます。

今回の私の地図読みは落第点だなぁ~(><)


また顔を洗って出直します。


あっ



でも雨乞はしばらくいいや・・(泥道の恐怖がトラウマ…^^;)



鈴鹿の山は奥が深い!!





おしまい♪




少しでもご参考になりましたならば光栄です↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 鈴鹿セブンマウンテン

    Katuさん

    はじめまして、コメントありがとうございます。

    > 今年の11月初旬に同じ雨乞岳・イブネテント泊しました。

    やはりイブネですかー。いいですよね♪
    鈴鹿セブンマウンテンは、まだ制覇してないんですけど、
    そのうち行けたらなって思っています。
    39歳っとは、うちの旦那さまより3つもお若いっ☆
    また遊びにいらしてくださいね(^-^)

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 道迷い

    kawa17167さん

    杉峠から西とは、滋賀側に下りられたんですね~
    私は今まで御在所ばかりだったので、このあたりの静かな山歩きが新鮮でした♪
    鈴鹿、沢山の人に歩かれているだけに道もたくさんあって、なかなか難易度高いですね。
    いい地図読み練習になりそうです。

    ブログ拝見しました。ホント似てますね(笑
    こちらこそよろしくお願いします。

  4. kawa17167 | URL | Ff2ONYyQ

    道迷い

    初めまして。

    杉峠からの下り(東西両方とも)は好きなコースのひとつです。
    懐かしい風景です。楽しく読ませてもらいました。

    鈴鹿の道迷いは“洗礼”ですねえ。
    ワタシは初めての鈴鹿で藤原から治田峠に下ってるつもりが見事、西尾根を下りてしまったことがあります。
    相当あせりましたわ。

    ブログ名が似てるってことでまたよろしくです。

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    ミカエルさん

    そうなんですよ。
    習うより慣れろ、とはまさにこの事だと思います。

    経験がすべて。体力だけでなく、技術と知識と知恵が必要。
    だから山って深くて面白いんです。

  6. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 鈴鹿最高~♪

    mimiさん

    コメありがとうございます^^
    来年は一緒にイブネにテン泊ですね♪
    女子二人なら心強いので是非ご一緒してくださいね。

    雪の鈴鹿、特に決めてはいないけれど・・・
    そうですねぇ、残雪期の藤原とか?
    昨年鈴が岳で見たフクジュソウが綺麗だったので、今年は本家で拝みたいです。
    あとは、ちょっと外れるけど雪の霊仙にも登ってみたいですね。

  7. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 気にしない、気にしない。。

    devilmanさん

    私、たいして真面目じゃないですけどね(笑
    でも、山に対しては謙虚でありたいといつも思っています。

    山域全体のイメージをつかんで歩ける山は、まだ無いですねぇ。
    何度も登っている山でも、登山口がいつも同じだったりするので。
    今回のコースミスは、時間的に予定より大幅に遅れることになったのでちょっと焦りました。
    それ以前に、テント泊装備ではそもそも山と高原地図のコースタイム通りには歩けないので。
    十分に時間的余裕のあるスケジュールを立てても、なかなか予定通りいかないものですね。
    それでも、のど元過ぎれば熱さ忘れるとはよく言ったもので、今振り返って見ると楽しかったことしか覚えていないのですけれどね。

  8. ミカエル | URL | -

    地図と地形をにらめっこ、サバイバルな世界ですね。きっと場数をこなしていけば、うまくいくようになるんですよね。頼れるのは、PCではなくて、自分自身なのですね。

  9. mimi | URL | -

    鈴鹿最高~♪

    とても興味深く読ませて頂きました!!
    いいですね~やっぱ鈴鹿は☆
    いつか私もデカザックでこの界隈を徘徊したいです。
    もう御在所近辺は雪の季節ですね!!
    何処か狙っている山はあるのですか?!

  10. devilman | URL | -

    気にしない、気にしない。。

    真面目なMikiさんらしい。。
    ほんとうは、歩いている山域全体のイメージがつかめているといいんですけどね。
    初めての山はそうもいかないですけど、自分の歩く道と地形のイメージをいつも重ねていると、想定のコースからはなかなか外れないような気がします。
    慣れた山で、目的地だけ決めててコースにこだわりはない時は、予定した道でないところ歩いてしまうことありますよ。「あーあ、こっち来ちゃった」とかね。
    目の前だけじゃくなくて、最終目的のイメージがあればいいのかな。
    でも、楽しそうなテン泊山行でしたね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/103-dfb24d06
この記事へのトラックバック


最新記事