--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女会トレラン 【OSJ新城32kコース練習】

2011年12月23日 06:37

アラフォーなのに乙女なんて言ってすみません。ペコリ(o_ _)o
(突っ込まれる前に先手必勝)

今回は、女達だけで新城の山を攻めてきました。 前回の練習はこちら


20111211-25森とぴあ
スタート地点の愛知県民の森モリトピアにて、スタート前



続きの前にぽちっと☆ペコリ(o_ _)o
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

20111211-01夜明けの高速

朝。まだ暗いうちに家を出て、高速を走らせる。
一年で一番日の短いころ。6時でもまだこの暗さだ。


今日のトレイルは、先日買ったシューズをデビューさせる日。
新旧トレランシューズ


今日のコース。(画像はお借りしました)
mapdata
黒い斜めの線で区切ってある先の棚山高原周回以外、東西南北の尾根は全部回る予定。(赤線の矢印どおり)

高低差はこんな感じ。矢印部分はスキップで、約22㎞。(画像はお借りしました)
OSJ新城32K高低図s
標高は低いがアップダウンが激しい(><)うー、頑張るぞー!

中央の砂利道から橋を渡り、登山道へ。
20111211-02橋

ガツンと登って下って、荒れた橋へ出る。
20111211-04荒れた橋渡る

本来はこの橋からまた登り返すのだが、間違えて下ってしまってコースアウト。

去年も練習で走った道なのに一年経ったら忘れていた。

分岐には何も道標は無いので、地図とにらめっこしながら行くしかないのだが、トレランは登山とペースが違うから、これがなかなか難しい。

仕方ないので、一度正規コースまで戻る。15分強のタイムロス。


登って~
20111211-05登る

下って~
20111211-07下る

分岐では必ずコース確認。どっちどっち???
20111211-08コース確認

すぐ下にキャンプ場が見えた。
20111211-09キャンプ場わき

スタート後ぐるりと時計回りして、現在スタート地点すぐ脇の道。

ここから東尾根へ登る。すでに2時間ほど経過。大丈夫か私たち(汗)


ハンガーノックの前に軽く食糧補給、10分程休憩。
20111211-10休憩

そして東尾根への登り…
20111211-11登り

東尾根に乗った。ごつごつ
20111211-12東尾根

下って~
20111211-13下る

登って~ 防火水槽の番号(※)が目印に。 
20111211-14防火槽
(※モリトピアでもらえる地図には防火水槽の番号が記されている)

また下って~
20111211-15東尾根

また登って~
20111211-16東尾根

さらに登って~ ふぅ~ふぅ~
20111211-17東尾根

また下る
20111211-18下る

「ひゃーっ」

途中、一人が小さな悲鳴をあげた。

ヘビでも出たかと思えば、コースの真ん中にヒヨドリが落鳥していた。
20111211-19ひよどり
綺麗な状態。寿命を全うしたのだろう。


この後、亀石の滝まで3時間50分もかかって到着。
(高低図のグレーマーク、レース関門)

途中道迷いと休憩の分を差し引いて3時間半。完走ぎりぎりペースだ。

本番はもう少し頑張らないと…(汗)


亀石の滝からは、私の苦手な急こう配の登り返しが二か所ある。

滝谷と北尾根である。

走れないので、がんばって早歩きで登る。

滝谷から西尾根に出ると、北尾根まではトラバース気味の荒れた道。

大木が倒されて、道をふさいでいた。
20111211-20倒木

倒木の枝をまたいで渡る
20111211-21倒木またぐ

そして、いよいよ北尾根へ。

この勾配を見よ!うへ~
20111211-22北尾根

北尾根も、いくつもの小さなピークを登って下ってまた登り返す、ハードなコースだ。

今日はここが一番のクライマックス、とにかく一歩一歩足を前に出すことに集中する。


トラバースの分岐から50分弱で宇連山分岐到着。

北尾根と西尾根がぶち当たる部分だ。

ここから本番はさらに宇連山まで登り、棚山高原をぐるりと回るが、今日はそこはカット。

西尾根を下る。


途中、木々の間からご褒美
20111211-23西尾根から海
海が見えたのだけれど、ケータイカメラじゃやっぱり上手く写らない

西尾根は先月も通ったので記憶に新しい。
20111211-24西尾根

勝手知ったる我が家状態で下る・下る。

日の出から日没まで丸一日かかるかも…と覚悟していたが、
その必要はなくまだ陽があるうちに下山できそうで、ホッ

ヘッデンをこっそり用意してきていたことを告白すると、
なんと後の二人も準備してきていたそうな。

新城に集合!とだけ連絡し合って、装備などは相談していなかったのだけれど、
みんな気合いの入れようは同じだったらしい(笑)


もう少し陽が長くなったら、今度こそ本当にフルコースをやろうね☆

と約束して、今日のトレイルは終了したのでした。



おしまい♪






OSJ新城32K・11K は 3月17日・18日開催!
まだ申込み受付中!今なら間に合う☆

なんだか楽しそうなので申し込んでみる→POWER SPORTS


ついでにこちらもポチッと♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 頑張りますね。

    devilmanさん

    わからなくてもいいんですよ~(笑
    トレランと登山、フィールドは同じでも別物ですしね。
    私も始める前は、意味がわかんない!って思ってましたから。

    でも、そもそも登山だって、やらない人から見たら「何が楽しいの?」ですよね。
    きついかきつくないか?で言えば、登山もトレランも同じですね、私にとっては。
    楽しいか楽しくないかで言えば、これも「どちらも苦し楽しい」ですね(笑

    > (ヘッドライトは、山に入るならどんな場合も必携と思いますが・・)

    おお!するどいご指摘ありがとうございます。登山の基本としては、その通りですね。
    しかし、登山をやらないランナーさんの場合、(いちいち個人装備をチェックしているわけではないのでなんとも言えませんが)正直なところ、ヘッデン無しの人も少なくないようです。
    もっと言えば、軽量化のため雨具は撥水ウィンブレなどで代用する場合もあります。
    まあそういうのは、1時間以内で下山できるような低山に限りますけどね。
    (そういうところを何度も登ったり下ったり周回したりしてトレーニングします)

    私も数時間の短時間練習なら軽量化のため省略する場合もありますが、行く山と気合い度(笑)によりますね。
    ヘッデンを持っていくときは、いつもエマージェンシーキットに入れているので、登山のパックから出してそのままトレランのパックへ移し替えるだけです。

  2. devilman | URL | -

    頑張りますね。

    いいお天気で完走、何よりでしたね。
    がんぱりますねぇ~。
    きつくないんでしょうか。よく見かけるランが好きな人って、たくさんいるけど、
    ほんと、あまり理解できません。苦しいに決まっているのに。
    でも、平地より、景色の変化で楽しいのはわかりますが。。
    どうか、お気をつけて。
    (ヘッドライトは、山に入るならどんな場合も必携と思いますが・・)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/105-ca76ce07
この記事へのトラックバック


最新記事