--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーハイク in 【伊吹山】 6合目敗退

2012年01月07日 15:30

新年一発目は雪の伊吹山へ♪


例年、冬休みはゲレンデスキー派だった私。

でも、せっかく山を始めたのだから、今年は滑るんじゃなくて歩いてみよう~♪

というわけで。



今回の山選びの基準。

・うっすら白くなってるような里山ではなく、ザ・雪山!って感じのところを歩きたい

・しかし、経験値・装備は残雪期の雪山だけ

・夏に何度も訪れていて、地形を良く知っていること

それなら、もうここしかないでしょ!


20120102‐00扉

=====山メモ=====

日程:2012年1月2日

地域:伊吹山 (滋賀県米原市/岐阜県揖斐郡揖斐川町)

天候:雨~晴れ~雪

ルートと所要時間:
9:30登山口~10:30一合目10:45~11:08五合目(休憩)11:30~六合目避難小屋(ランチ)12:45~
13:50一合目14:00~14:20登山口


トイレ/水場:駐車場脇、神社前にあり

お風呂:未利用

小屋・売店:1合目から上は冬季は全部クローズ。

参考:
1合目まではツボ足、1合目から上はアイゼン着用(12本爪)
ピッケルを使用したが、むしろ6合目まではポールのほうがいいかも。
(下りはポール使用)


=============

実はこの伊吹山、標高は高くない割に、真冬は一級の冬山となることでも有名。

今回は残雪期装備しかないないので、山頂を狙わず、3合目~5合目あたりを目処に。

目的は雪山歩き。無理せず行けるところまで行ってみよう、と計画した。
朝。

高速を走らせていると、大垣ICに近づいても、伊吹山が見えない。

いやな予感。年末は一の宮のあたりからでも見えていたのに。。。

関ヶ原ICを降りると、、、雨

新年一発目から出鼻をくじかれた感MAX

テンションガタ落ちながらも、とりあえず登山口まで行くだけ行ってみる。


ど~しよっかな~と車の中でしばらくグダグダしていたが、

折角来たのだから、少しだけでも歩いてみるか!と気持ちを奮い立たせて準備開始。

支度が整う頃には、雨は止んでいた。ラッキー♪

20120102-01登山口

登山口までは雪は無いが、一歩踏み入れるとすぐにこんな状態。

20120102-02とりつき

たくさんの足あと。ご来光登山者が多かったのだろう。

ところどころ、踏み固められてつるつるの部分があり、気を付けて歩く。


30分で1合目到着。元スキー場らしい風情。
20120102‐03一合目
ここでアイゼン装着。レインを着込んでいたが、暑いので脱ぐ。


まったく、さっきの雨はなんだったの?ってくらいの日差し。

風もさほどなく、ポカポカ気持ちいい。テンションあがってきた~

20120102‐04のぼり

滑ったら気持ちよさそうね♪ でも今日は歩くのだ(笑
20120102‐05二合目たて
これだけお天気良かったら、もしかしたら山頂まで行けちゃうんじゃ?

高まる期待。

振り返ったら、琵琶湖も見えた
20120102‐06 琵琶湖

二合目手前、夏道は右手の林の中。しかし今日は直登!
20120102‐07二合目登山口

意外に急…。
20120102‐08見た目より急

三合目手前にて、伊吹山が見えてきた。カッコいい 
20120102‐09伊吹山見えてきた2
ん、、、山頂付近は雲がかかっている

三合目トイレはシャッターが閉まっていた
20120102‐10三合目トイレ
まだまだ上に行けそうだ。よし、もう少し行ってみよう。



ふと、背後から「こんにちは~♪」の声。

私も半ば自動的にこんにちは、とあいさつする。

後ろから追い抜いていく姿をみてビックリ。

と、トレラン!?!?
20120102‐11四合目トレラン

ウェストポーチに飲料ボトルのみ。

帽子無し、ゲイターも無し。(雪入らないのかな?)

すごすぎるんですけど!!どこまで行くのかしらん。


五合目の売店が見えてきた。
20120102‐12五合目小屋
なんか、、、

山頂付近がすごい真っ暗なのは、気のせいじゃないよね。



看板はすっぽり埋まっていた。
20120102‐14埋もれる登山道看板
20120102‐15埋もれる五合目看板

このあたりから急に、風が強い。

突風が吹き、雪を巻き上げる。顔にあたって痛い。

映像を撮ってみました


どうしよう。

思ったより天候も悪くないし、山頂まで行けるかも、と淡い期待をしてここまで来たのだが。

ここから上は、本当の厳冬期のようだ。ううむ…


とりあえず小腹がすいてきたので、建物の陰でかるくおやつタイムをとりながら考える。
(売店は閉まっているので中へは入れない)

上を見上げると、ありんこの列。
20120102‐13ありんこ列
みんな登ってるのね。いいなぁ。

しばし考えた末、まずは6合目の避難小屋まで行ってみることに。

10分程で到着。はやっ
20120102‐16六合目避難小屋

7合目付近を見上げる。さ、寒そう…
20120102‐17七合目付近
山頂も見えないし。

振り返ると、下も真っ白。。。
20120102‐18下も真っ白

やっぱり山頂までは無理のようだ。

時間も時間なので、ここまでで引き返そう。

ああ、でも後ろ髪が引かれる・・・

なんて、山頂を見あげて悶々としていたら。


あーっ! あのトレランの人!!
20120102‐19トレラン1

「山頂、もんのすごい風っすよー!もうね、立ってらんないくらい」
20120102‐20トレラン2
と叫びながら、霧氷のようにグレーに凍りついた髪で、目の前を走りすぎていった。

(マジですか。。。ていうか、あなたの髪を見たら想像がつきますわ。)

あっ転んだ!
20120102‐21トレラン3
と思ったら、一回転してすぐ立ち上がってまた駆け下りて行きましたとさ。

タフすぎる~!(よいこは真似しません→私)


そんな話を聞いたら、もう山頂へのあきらめもついた。ここで撤退決定。

折角なので、避難小屋の中でランチしていくことに。
20120102‐22避難小屋内

まだ新しい小屋で、とても清潔であった。

中は無人、でもザックが。持ち主はデポして山頂へ?

持ってきたインスタントの味噌煮込みうどんを食す(※名古屋人御用達)
20120102‐23ランチ
ちなみに、小屋内はバーナー使用禁止です(><)

さ、おなかを満たしたら下山開始! さっきより視界は良好。
20120102‐24小屋の外

五合目を過ぎると風は止み、再びぽかぽかの日差しの中を歩く
20120102‐25三合目と二合目の間

2合目から1合目にかけては、トレースが消えていた。
20120102‐27踏み抜き
何度も踏み抜いて半ラッセル状態・・・

登山口に戻ったのが14:20であることを考えると、時間的にも6合目撤退が正解だったようだ。

あわよくば、と途中で欲を出した山頂に行けなかったのはちょっぴり残念だが、それは最初から予定していなかったこと。

今回は、青空の下、雪景色を楽しみながら山歩きが出来たことでよしとしよう。





さて、お次はどうする私。

厳冬期用の装備を揃えて山頂を目指すか、あと2か月、辛抱して残雪期まで待つか。




・・・だったらむしろ、スノーシューとか欲しいな。

それで、今日みたいな晴れの日に、3合目あたりで雪上鍋大会とか。

うーん、楽しそう~♪

なんて、邪念がかすめるのでありました・・・




おしまい♪






毎度ヘタレですいません!(><)↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    スノシューさん

    初めまして(・・・ですよね?)
    コメントありがとうございます。
    スノーシュー欲しいですね~
    前向き検討中です♪

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    momoさん

    やっぱりですか(笑
    えーっparaさんのスキーデビューは伊吹山だったんですかっ
    それは思い入れがありますね。
    ショートスキーで登山靴が使えるやつ???
    バインディングがそれ用ってことなんでしょうか?
    なんか興味津々です♪

  3. スノシュー | URL | -

    これだけ、雪が深いとスノシューが欲しいですね。ずぼ足だと、体力の消耗がはげしそうです。味噌煮込みうどんは、体が温まってよさそうですね。

  4. momo | URL | mQop/nM.

    6合目で引き返して正解!!写真みてても、雲が怖いです!!

    相方のparaさんは、伊吹山の一合目のそのスキー場が、スキーデビュー場所だったみたいで、とっても残念がっていました。

    momoは、今、悩んでるのですが、ショートスキーをかついでで登って、下りは滑るやつをやろうか悩んでます。ショートスキーで、登山靴が使えるやつがあるみたいなんですよ。
    でも、5万くらいするから.......
    冬山はお金かかりますよねー_ー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/110-96045d57
この記事へのトラックバック


最新記事