--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山は、コンディションが大事。

2012年01月27日 08:01

ペミカンレポの前に、書いておきたいこと。。。



山行は、関東地方で雪が舞った週末。

こちらでは異様に気温が高く、雪ではなく雨が続いた。




山に行くにあたって、ふたつのコンディションを考えることは結構重要なファクターだ。


奇岩
ひとつには、山のコンディション。

単に晴れ・雨というだけでなく、気温、風も含めた天候。

そして、足元の状態。この時期なら雪のつき加減。川の水量も。


もうひとつには、自分のコンディション。これも2つに大別できる。

体調。私の場合は長く患っている肩、そして時折調子が悪くなる股関節や膝。
その他に平日の疲れを引きずっていたり、寝不足でないかどうかなど。

そして、精神面、つまりモチベーション。
これは、私の場合、そのほかのコンディションによって大きく左右される。



山に行くとき、いつもこれらのコンディションがベストの状態であればいいのだけれど、

なかなかそうはいかない。むしろどれかがダメなことが多い。


胸突八丁



実は、この日は以前からトレランの練習をする予定であった。


しかし、3日間続いた雨・・・・

路面はぐしゃぐしゃかも。(=杉峠のトラウマ

上の方は雪がついてるかも。路面はつるつるかも。

川が増水してるかも。登山靴なら大丈夫だろうけど、トレランシューズでは…


川


当日は曇り。天気予報でも夕方から晴れ予報。

だがこの降り続いた雨が私を弱気にさせていた。



トレランで山に入り始めたころのほうが、無鉄砲だった。

多少の事では動じずに山に入っていた。

むしろ、今の方が慎重になっている。

高山を体験し、山の怖さを知ってきたということなのかもしれない。



一旦考え出すと負のスパイラル。

低山とはいえ真冬に軽装で1000m級の山に入山するのは事実なわけで、

この日の私は尻ごみしてしまった。



「ごめん。。。」

一応、集合場所に集まった私のウェアはトレランではなく登山のもの。

山には行きたかったが、どうしても走る気分にはなれなかった。

仲間に謝って、隣の山へ。




この日の足りなかったもの。

それは私のメンタル面。



山にあっては謙虚でなくてはならないけれど、

出来ないと思ったら出来るはずのことも出来なくなってしまう。


  *  *  * 


通っている整形外科の理学療法士の先生のお話。

ボルダリングジムを紹介したら、その先生、ハマってしまってほぼ毎日通っているらしい。

10級から始め、すでに3級まで挑戦しているが、5級でどうしても一つだけ落とせなかった課題が。

何度挑戦しても絶対に出来ない課題。。。

それで、ある日先輩クライマーさんにアドバイスを乞う。

話を聞いたら、なんだか出来る気が。

再度、課題に挑戦。

出来るイメージを持って挑んだら、あんなに出来なかった課題が意外に簡単に落とせてしまった。

一度クリアしたら、次からはその課題を何度やっても簡単に出来るようになったそうだ。


  *  *  *



山では時に「やめておく」「引き返す」勇気も必要だけれど、

必要以上に構えていては、機を逸してしまう。



この日、冷静に気候を読んだモチベの高い仲間は、がっつり走っていた。

一方、しり込みした私はのんびりハイク・・・

のつもりが、意外にハードな山で、とんだアクシデントに見舞われてしまったのだった。


meinthecreek2


…(- _ -lll)  ※子供のらくがきじゃありません


ネガティブ思考で山に入れば、トレランだろうが登山だろうが、関係ないのかも。




「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」






っしゃぁ~、今日も頑張っていこう!↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    野歩さん

    「山との縁」…うーん、参りました!
    流石、奥が深いお言葉です。

    これからも、お互いに山とたくさんのご縁がありますように。。。

  2. 野歩 | URL | -

    ①山のコンディションと自分のコンディション(②フィジカルと③メンタル)
    この整理の仕方は良いですね。参考にさせていただきます。

    ただ山のコンディションが悪くても、自分のコンディションが悪くても良い山だったりすることもある。コンディションはバッチリなのに嫌な思いをしたり・・・。
    山って本当にままならないですよね(*^_^*)
    登る登らない、走る走らない、いい山良くない山は結局「山との縁」かなと・・・
    でもどうやらどんな判断をしても山との縁は切れないようなので肩の力を抜いて楽しみましょうねV

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/119-d17e99f0
この記事へのトラックバック


最新記事