--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶景かな絶景かな in 【入笠山】 その2

2012年02月27日 06:11

入笠山。

「にゅうがさやま」って読むんですよね。

「か」にてんてん。

私、「にゅうかさやま」だと思っていて、パソコンで変換しても出てこないので、
うちのパソコンがアホなのかと思い、「いり」「かさ」とかで初めのうちは入力してたのです。


試しに「にゅうがさやま」って入れたら一発で変換。

PCではなく、私のほうがアホでした(=_=)


(でも、昨日のエントリで紹介した現地の看板は「にゅうかさやま」ってなってるんですけどね…)


本日はそのにゅう「が」さやまの山頂から見えた360℃の大パノラマ、
個人的思い入れたっぷりでご紹介いたします。

20120205-00扉2
南八ヶ岳全景



入笠山は、山頂までは林の中なので、途中に八ヶ岳と 謎の山が見えたあとは、再び視界は遮られる。

それが、山頂に到着すると、どどーんと360℃の視界が一気に開ける。

このなんとも心憎い演出。


この日は快晴。見えない山はない!というほど全部の山が見えた。


山頂に着くや、背中のパックを降ろすのも忘れて興奮しながら撮りまくった写真をご覧あれ(笑

(※ここから山の写真はすべてクリックで拡大できます。)


まずは日本一の山から。
20120205-18富士山

山頂へは南西に向かって登る形になるため、
山頂に着いて、ふぅ、と登ってきたほうを振り返ると富士山がちょこんとのぞいている。
その右には鳳凰三山と甲斐駒。

どの山に登っても、富士山を探してしまう。やっぱり富士は日本一の山~♪

これって雪、少ないのかな?
20120205-19富士山2


富士山から時計回りに見ていきます。
続いては、入笠山からは真南に見える南アルプス。(左に富士山が半分写りこんでます)
20120205-20南アルプス

左より、鳳凰三山、甲斐駒、鬼が島みたいなのは鋸、間の岳、仙丈。
今年の夏は、このどこかに登りたい。。。受け入れてもらえるかしら。

甲斐駒くんの凛々しいお姿。
20120205-21南アルプスアップ


続いて、南西方向に中央アルプス。
20120205-22中央アルプス

昨年秋、縦走したときの思い出がよみがえる。
自分が登った山は思い入れがあり、こうして他の山の山頂から眺めるのは感慨深い。

20120205-23中央アルプスアップ

真ん中少し右のキレット状に切れ込んでいるのが木曽殿乗越。
我ながらあんなとこよく一人で下ったなぁ、と初心者目線の自画自賛(笑

中央、来年もまた縦走したいな。
そして、未踏の木曽駒・宝剣・三の沢も歩かなくちゃ。
南駒、越百方面のディープな中央も体験したい。
やはり、中央アルプスは私にとって、思い入れの深い山域だ。


続いて、御嶽山。(左は木曽駒、宝剣岳)
20120205-24御嶽山

アップにすると、スキー場の形までくっきり見える。
20120205-24御嶽山2

日帰りできる3000m峰だけど、いつか一泊でゆっくり歩いてみたいなぁ…

って、あれっ

そういえば、この山の形。

登ってくるときに木々の間から見えたこの山
20120205-16b御嶽山

御嶽山だったのかー!!

中央アルプスに1万点とか、叫んでたのは誰だ

だって、山って見る方角が違うと全然わかんないだもん(-.-)(言い訳)

まだまだ山座同定が出来ない私であります。。。しょぼしょぼ



気を取り直して、、、

幾重にも重なる山並みの向こうにそびえるのは

北ア乗鞍岳
20120205-25乗鞍

エレガントなお姿。
初心者向けなのになぜか未踏。今年行けるかなぁ~


さらに少し遠いが北アルプス、槍穂&常念
20120205-26槍穂

大キレットは今日もくっきりV字
雨の奥穂、リベンジしたいけれど、未踏の槍にも憧れが…

槍の穂先は黒く見えるけれど、傾斜がきつすぎて雪もつかないのかしらね?

手前右は常念岳。高校生の時に登ったが、つらかったことしか覚えていない。
常念と蝶も北アで登りたい山のひとつ。できればテント泊で。


さらに右には、北ア北部。かなり遠いがはっきり視認できた。
20120205-27後立山連邦

一番左、半分切れてしまっているが燕岳
その右奥には見えにくいが、なんと立山と剱岳も頭だけのぞかせていた!

そしてその右に続くのは、真っ白な後立山連峰。
一番高く見えるのが鹿島槍、その右隣の綺麗な円錐形が五竜、さらに唐松、白馬鑓、白馬、小蓮華まで
清楚で、荘厳で、美しい。

登ったことのない山の山座同定は、登ったことのある山以上に難しい(-"-)
が。そんな素人のために、入笠山山頂には、最強アイテムがあるのだ。
それは…360℃の山座同定盤。
これが無ければ私、後立山連峰はお手上げでした(笑


北アから少し東へ目線を移すと、目前の八ヶ岳へ。

北八ツ北端の蓼科山、北横岳、縞枯山
20120205-28北八つ

続いて天狗(中央の双耳峰)、根石、峰の松目、硫黄
20120205-29天狗


そして南八ツ、赤岳さん♪
20120205-30赤岳さん

さすが主峰、威厳がある。
左のギザギザは横岳、右の雪がたくさん乗っかってるのが権現岳。

引きで見るとこうなります
20120205-31八ヶ岳全景

_/\○_ ヒャッ ε=\___○ノホーウ!!

って叫びたくくなるくらい、素敵な眺め。

今日はそんなに苦労して登っていないのに、何のご褒美ですかー!


さて最後に。
南八ツと富士山の間に、秩父の山々をご紹介。
20120205-32金峰瑞牆甲武信

雪がついてる右のピークが金峰山、左のピークは小川山。
甲武信ヶ岳は小川山の少し右。
さらに右、小川山と金峰山の間の低い位置に瑞牆山。

小川山ってちょっとマイナーだけれど、梅雨時期には「足の踏み場もないほど石楠花が咲き乱れる」んですってよ。
ってこれは、昨年テン泊したときに富士見平小屋のご主人からの受け売り情報。

梅雨時期ってのがアレだけど、そして結構ハードな行程らしいけれど、いつか見に行きたい、小川山の石楠花。
そしてまた、富士見平小屋のあのおいしいコーヒーを飲みにも行きたいなぁ。。。



さて、これにて山の紹介はおしまい。

たくさんありすぎて、ぐるりと一周するのにえらく長くかかってしまった(笑


山頂は風もあまりなく、時間も丁度良いのでここで絶景を堪能しながらのランチを決め込もうと思うが、
360℃見えすぎて、どの景色を選んだらいいかしばし迷う…

しかしやはり一番近くに見えるということもあり、大好きな八ヶ岳を見ながらに決定
北から南まで八ヶ岳を全部眺められる場所(といっても殆どの場所がそうなのだが)におざぶを敷いてランチタイム。


「一度に目視した山の数」、めでたくこの日更新いたしました♪

入笠山、楽しすぎ!!




明日は後半、下山まで。ポチッとよろしく ペコリ(o_ _)o
  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 入笠山さいこー!!

    momoさん

    せっかくの眺望を邪魔しないお天気だったのにも感謝!です(^-^)
    スノーシュー、すぐに歩き慣れて楽しかったですよ♪
    実はまだ借りたまま持っているのです、
    使わないから持ってていいよのお言葉に甘えてf(^_^;
    シーズン中にまだ使う機会があればいいなって思っています。

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    きょこさん

    山頂、すごい混んでましたよー!
    でも座る場所が無いほどではなかったし、
    この景色なら、そりゃ皆登りたいよね、って納得です。

    中央アの縦走路、
    入笠山ほど離れた場所から見てもずいぶん距離がありました(^^)/

  3. momo | URL | mQop/nM.

    入笠山さいこー!!

    景色、360度、山々が見えて最高ですね^ー^
    富士山もそうだけど、甲斐駒はやっぱりかっこいいなあ~。
    スノーシューは絶好調でしたね^ー^
    欲しくなっちゃったのでは??

    続き楽しみにしてまーす!!

  4. きょこ | URL | nEZ6Tck6

    > 私、「にゅうかさやま」だと思っていて、
    私も同じく。。。とても勉強になりました^_^;

    私もスノーシューで入笠山へ行こうと思ってたんですが、
    すごい混むとの情報を見て躊躇してしまってたんです。
    でも晴れたらこんなすごい景色なんですね~!!
    混雑もするはずだ~。

    同じ日に木曽殿乗越歩いたからか、Mikiさんの感想、
    すご~く頷きながら拝見しちゃいました。
    私も未だにあれが見えると我ながらよく歩いたもんだって
    言っちゃいます(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/127-7f71cd62
この記事へのトラックバック


最新記事