--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪山散歩 in 【入笠山】 その3

2012年02月28日 06:32

入笠山でのスノーシューイングの続きです。

その1 その2


20120205-33どんどん登ってくる
あとからあとから登ってくる人は絶えない


こんなに快晴だったのも、お昼まで。

午後からは曇りがちのお天気になりましたが、それほど寒くはなく、湿原まで足を伸ばしました。


目の前の八ヶ岳と向かい合って雪の上に座る。

極上の景色にシンプルなランチ(笑
20120205-34ランチ

山の棒ラーメンは、しじみパワーがいいんですわ。



ランチのあとは、ピストンで下山していく人が多い中、湿原へ向かう
20120205-35湿原へ向かう

せっかくスノーシューしに来たのに、景色見て帰るだけじゃ勿体ない。
歩かないとね。


首切清水方面へは最初だけ結構な下り、そのあと緩やかに。

午後からの曇り予報、陽射しはまだなんとかもってくれている。
20120205-36首切登山口へ1

キラキラ
20120205-36首切登山口へ2

枝を見たとき桜かと思ったのだけど、違うみたい。なんだろう?
20120205-37なんの実?

首切登山口に出ると、また車が通れるほどの道をいく。
20120205-38首切から湿原への道

左右に動物のあしあと。
20120205-39うさぎさんの足跡

これはうさぎさんだね。

こちらは何??
20120205-40なんの足跡?

とうとう、曇ってきた。
20120205-41曇ってきた

湿原到着。
20120205-43湿原看板

木道を行く。
20120205-44湿原木道

鹿さんの食痕。
20120205-45鹿さんの食べあと

湿原は雪の中…
20120205-46湿原木道2

モノトーンの濃淡を楽しむ
20120205-47モノトーン

実は私、湿原フェチである。
八島湿原とか、栂池自然園とか、大好き。
尾瀬はまだ行ったことがないのだけれど、いつか行ってみたい。
ここも、夏に訪れたらどんな感じなのか、来てみたいな。



さて、いい時間なので湿原を一周するのはあきらめて、途中で来た道を戻る。



イェティの足跡発見!!
20120205-48人間の足跡

うそ。人間の足跡(笑
20120205-42自分撮り



首切清水って、なんだか怖いネーミングだよね

と、思っていたら、こんな説明書きが。

20120205-49首切り清水

そういえば、聞いたことあるエピソード。

水は凍っていた。


さきほど入笠山から下りてきた首切登山口まで戻ってきた
20120205-50首切登山口

ここからは山頂に戻らず、広い道を直進しやまびこ荘方面に向かう


途中、こんな木をよく見かけた。
20120205-51ジュディオング?

この樹上のとろろ昆布みたいなの、「サルオガセ」という植物らしい。

でも覚えにくい名前なので、私がもっといい名前を考えてあげた。

「ジュディオングの袖」

なかなか昭和の香りのぷんぷんするいい名前だと思うが、いかがだろうか。


さて、首切登山口から少し歩くと「八ヶ岳ビューポイント」の看板。

先ほどの山頂からよりも、少し下がったところから見る八ヶ岳もまた素敵。(クリックで拡大)
20120205-52八ヶ岳ビューポイント

ベンチもあるので、ここでコーヒータイム。
20120205-54コーヒータイム

家を出る直前に挽いてきたばかりの豆なので、お湯を注ぐとふわぁ~と良い香り♪

豆のまま持参して飲む直前に挽く、というのもそのうちやってみるつもり。

いただきまぁす♪
20120205-55極上コーヒー

八ヶ岳を見ながらお昼にラーメンを食べ、その後八ヶ岳をみながらのコーヒーブレイク。

入笠山にいながらにして、なぜか八ヶ岳三昧(笑)

また今年も雪がとれたらお邪魔させていただきますね。(クリックで拡大)
20120205-52八ヶ岳ビューポイント2


さて、このまま日が沈むまで眺めていたかったが、下山にはまだ1時間ほどかかる。

やまびこ荘からは来た道を戻る。


湿原から入笠山山頂までの間はにぎやかであったが、午後はあまり人と出会うこともなく、静かな山歩きができた。

お風呂は麓の「ゆ~とろん水神の湯」を訪れてみたが、駐車場が満車(>_<)

あきらめて、諏訪湖SAにあるハイウェイ温泉を利用した。

最後は駒ヶ岳SAに立ち寄って、伊那谷名物「ソースかつ丼」を。
20120205-56伊那谷名物ソースかつ丼

本日も楽しく安全な山歩きが出来たことに感謝です。




読んだよ!のしるしにポチッと ペコリ(o_ _)o
  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    野歩さん

    甲斐駒、美しいですね♪
    今年の夏はトライできたらいいな~
    戸尾根が憧れですが、初心者はまずはやっぱり北沢峠からですかね。

    「ジュディオングノソデ」ぜひお使いください(爆

  2. 野歩 | URL | -

    入笠山から見る甲斐駒のスマートな形で好きです。
    どこから登ってもよい山なので是非登ってみて!!
    「サルオガセ=ジュディーオングの袖」
    これ是非ネタに使わせてください(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/128-24f05575
この記事へのトラックバック


最新記事