--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長~い長~い一日のはじまり 【OSJ新城32K】レポ1

2012年03月21日 23:30

ついに行ってきました!

3日経った今でも前腿が筋肉痛です!!笑


20120318_082041jutai.jpg

=====山メモ=====

日程:2012年3月18日

地域:愛知県民の森(愛知県新城市)宇連山:929m

天候:曇り一時雨

ルートと所要時間:詳細は日記内に。

トイレ:スタート地点、関門地点(亀石の滝)

お風呂:未利用 (モリトピア内に有り)

売店:近隣には無し

参考:駐車場有

=============


ではでは、レースレポです。



↓↓↓ その前に…いつものクリックよろしくお願いしますペコリ(o_ _)o
   にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

前夜は緊張のあまり眠れず。

お布団にもぐっても、緊張で足が攣りそうになる。

おいおいまだ走ってないってば!

そんなこんなで、うとうとしただけで午前3時、起床。

ああーヤバい、寝られなかった(><)

それでもレースはやってくる。準備してGO!

 * * *

朝6時過ぎ、現地へ到着。

ラン友さんからのメールで、駐車場が混んでいることを知る。

しかし駐車地は十分にあり、遠くではあったが停められた。

受付を済ませ、準備。

一般のマラソン大会以上に参加者は男性ばかり。女性トイレはがら空きでラッキー♪

仲間と集合写真を撮り、スタート付近へ。

20120318_075959start.jpg

8:02 いよいよスタート!!!

(正確には8時ちょうどにスタートですが、私の手元の時計が8;02だったので、以下手元の時計タイムで表示)


走り始めると、足は重くないが、身体に力が入らない感じ。

やはり、先週のフルの疲れが取れきっていないのか、あるいは寝不足か。

多分両方だろう。

20120318_080304jari.jpg

今日の目標はとにかく「完走」=全コース踏むこと。

事前の自主練でも一度も出来ていないことを、ぶっつけ本番で出来るのか?

体調と足の調子も万全ではないだけに、様子を見ながら抑え目にゆっくり進む。

目標は目標として、足と体調の様子を見て、悪ければリタイヤも覚悟であった。

何せロードと違って山の中。

山頂で「足が痛くて動けません」となっても自力で歩いて下山しなくてはならない。

レースコースを外れて最短コースを歩いても2時間はかかるだろう。

そんなことになって大会関係者に迷惑もかけられない。

「いったん山に入ればすべて自己責任

それは登山者でなくとも、トレイルランナーでも同じ。

そのためには、「安全第一」「足温存」を最優先とした。



8:16 ゆるやかな登りの砂利道を15分程走ったところで、渋滞が始まった。

20120318_082041jutai.jpg

登山口取りつきよりだいぶ手前から並んでいる。

事前調べで15分ほど渋滞すると聞いていたので、

靴ひもをチェックしたり、装備を整えたりして焦らず待つ。

20120318_083014toritsuki.jpg

8:33 ようやく登山口が見え、自分の番。渋滞は17分であった。


20120318_083257toritsuki.jpg

登り始めたところで振り返って見ると、もう後ろはほとんどいない。

列の最後のグリーンやオレンジのウェアはおそらく皆、関係者。

わぁ、もうびりっけつになっちゃった(^_^;)

まあいいや、最後でもいいから確実に進もう、と決心する。


ここからしばらく苦手な登り。

初めだけ渋滞していたが、すぐに解消。

皆、速いペースでどんどん登っていく。

渋滞のイライラも、また、スタート直後でパワーがありあまっているのもあるのだろう。

私も前の人について行きたいが、ここで無理すると後の30Kが続かない。

時々広い所で横に避けて、後ろの人に道を譲り、マイペースを保つ。

20120318_083336.jpg

コースは一通り登ると一旦下る。

男性ランナーはここぞとばかりに弾丸のようにすっ飛ばして下っていく。

勇気があるなぁ~。前日の雨の影響で木の階段や岩がぜんぶぬるぬるなのに(*_*;

私は今日は気持ちよく飛ばせないが、仕方ない。

ここで転んだら絶対心が折れるから、慎重に、慎重に。

20120318_084742toritsuki.jpg

安全第一!足温存!

一旦下って再び砂利道へ出、少し走ったらまた山道へ。

キャンプ場の上を通って再び登って東尾根へ。

細かいアップダウンがあるが、全体的に登り基調でつらい。

20120318_102234higasione.jpg


先月の練習ではここで足を使い切って終わらせてしまったので、

足温存!を唱えながら無理のないペースで進む。

ゆっくり行けば途中休憩は関門まで無しで大丈夫だろう。

スタートから2時間もすると、列も解消されて、皆マイペース。

早くもおにぎりをほおばる人も現れた。

最後部集団はのんびりだ(笑

関門はスタートから5時間なので間に合うだろうが、実際5時間もかかっていては完走は絶対に無理。

少し時間が気になりだすが、とにかく慌てず足と体調と相談しながら進む。

しかし、このアップダウンつらいなぁ~

シュートン沢はまだ!?


10:53 ようやくシュートン沢分岐!さあここから下り!!

激下って(実際は、おそるおそる後ろ向きに下りること多々。笑)砂利道へ。

関門はすぐ!走れ~~~私!

・・・でも、練習では走れたこの道が、今日は走れない(泣)

走って、歩いて、を繰り返しながら、進む。


11:18 亀石の滝CP到着

スタートから3時間18分、なんとかここまでは来れた。

トイレはここしかなさそうなので、駆け込む。男女別になっていないが、待ち無しで入れた。

・・・と、ここで先に行っているはずの仲間が。

なぜここに!!!

聞けば足の調子が悪く、リタイアを決めたとのこと。

驚くとともに、とても残念だったが、今後の行程を考えると英断であったと思う。

仲間のリタイヤを聞き、(私は大丈夫?)と自分に問いかけた。

リタイアするならこのポイントがベストだ。

この後のCPは山頂付近まで行かなければならない。そこでリタイアなんて、後が地獄だ。

そこでリタイアするくらいなら、いっそ完走したい。

さあ、どうする私!?





続く




↓↓↓ クリックで応援!よろしくお願いしますペコリ(o_ _)o
   にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    マッコルさん

    コメありがとうございます☆
    はい、続くんです(笑
    だから「レポ1」なんですよー
    いろいろ書くことあって。本当に長い長い1日でした。

    あ、cw-xの下はやすぅさんに教えてもらった「マッコル貼り」で腸脛テーピングしましたー
    膝がしっかり守られました♪

  2. マッコル | URL | mQop/nM.

    「続くんかい!」って突っ込んでしまいました。
    続き、楽しみにしてますよー。(o^-^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/137-26a9fd2c
この記事へのトラックバック


最新記事