--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり足が攣っちゃった 【OSJ新城32k】レポ2

2012年03月23日 06:45

OSJ新城トレイル32K レポ の続きです。



亀石の滝で、おにぎりを一つほおばる。

心配の種のひとつ、腸脛はしっかりテーピングしてあるので何とかもっているが、

それでもシュートン沢の下りで違和感が出てきた。

まだ痛みはないが、ロキソニンを口の中に放り込む。

それはつまり、先に進むということ。

突っ込んでは行けないけれど、ゆっくりならたぶん、行ける。

そう思った。



11:31 13分の休憩ののち、チームメイトに別れを告げて出発。

ところが、亀石の滝からの登りで、恐れていたことが起こった。


先月の練習で攣った太ももの内側が、また攣りだしたのだ。


しかも、ちょうど同じくらい登った辺りの場所で。

自分の足のあまりの正確さに驚く。



どうしよう。。。下りるか。。。。


亀石CPはすぐそこだ。

ストレッチしながら考える。

今戻ったら、頑張って、と送り出してくれたチームメイトに会わす顔がない(><)


ポケットのコムレケアを思いだした。

ロキソニンを飲んだばかりで、重ねて飲んでいいのかどうかわからないが、

とにかく今はこれに頼るしかない。飲んでみよう。



内腿をゆっくりストレッチしていると、痛みで声が漏れた。

近くを登っていた男性選手に、大丈夫ですか、と声をかけられる。

大丈夫です、ちょっと攣りまして・・・

と苦笑い。

そのうちに、足裏もおかしくなって攣りだした。

もー!なんて弱っちい足なのかしら。

シューズを履いているから足裏のストレッチは難しい。

なんとか伸ばして、再びゆっくり歩き始める。



一旦下って、滝谷の登りへ。

最初の登り、東尾根に続いて頑張りどころ"その3"だ。

水が出ていて、登山道は部分的に沢になっていた。

早く尾根に出たい。でも早く歩けない。

普段の日帰りハイキング並みのゆっくりスピードで歩いて登る。



途中、こんなところに!?というところにまで、監視員が立って応援してくれている。

走っている方はいいが、一日中ただ立っているのはきっと寒くて大変だろう。

ご苦労様です。



12:29 ようやく西尾根に出る。

亀石で仲間から、登りが続くけど30分だから頑張って、と言われた地点。

30分どころか1時間もかかってしまった。

次は西尾根を一瞬登ったら下り基調のトラバースのあと、恐怖の北尾根だ。



この辺りでは、少し時間を意識していた。

コースを何度も試走して、全部知っているだけに、おおよその時間はわかる。

練習時の参考タイムはトラバースに30分、北尾根を45分弱だ。

今日の足の調子ならもう少しかかるかもしれない。

宇連山分岐のエイドから宇連山山頂までを25分と見積もると、14:10山頂。

18:00の制限時間を考えると、どんなに遅くとも16:30に宇連山分岐のエイドを通過しなくてはならない。

引き算すると、棚山が2時間20分しかない。

うーん…かなり厳しい(><)

出来るだけ急がなくては。



西尾根は、対面通行だ。

すでに棚山高原の周回を回り切って下ってくる選手たくさんとすれ違った。

みんな、まだパワーがみなぎっている。

筋肉の乗った、綺麗な足をしている。

私のぷよぷよの足とは大違い。

うーん、もっと鍛えなきゃ・・・(=_=)



足といえば、コムレケアを飲んだ後、西尾根を進むころには、

すっかり足は元に戻っていた。

筋肉が弛緩した感じというか、動きが柔らかい。

びっくりするくらいの効き目。


次回も絶対持ってくよ!


西尾根を逸れて北尾根へのトラバース道をいく。

下り基調で楽だ。走れるところは頑張って走る。


…と、逆走してくる選手が。

 「僕、リタイアします。」

 「えー!そうなんですか。」

 「西尾根まで戻れって言われちゃって。。。」

それは大変(><)

ていうか、西尾根まで登って戻ったところでまた下らなくてはいけない。

お気をつけて。。。


ここでふとあることに気が付いた。

周りに誰もいない。。

西尾根を下る俊足ランナーさんたち、そしてリタイヤの選手。

みな逆方向だ。

同じ方向に進んでいる人が、誰もいない。

亀石の滝で足が攣った時に声をかけてくれた選手も、先に行ってしまった。

私、、、もしかして、、、最終ランナー!?(汗







続く





   にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

【つらい足のつりに】小林製薬 コムレケア 24錠【第2類医薬品】

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: は

    だくてんさん

    お立ち寄りありがとうございます。
    A&Fさんでよいお買い物ができましたでしょうか?

    MTB!素敵ですね~
    何度か山の中でMTBの方にお会いしたことがあります。
    登山とトレランで見える景色が違うように、MTBもまた
    山の中で見える景色が違うのでしょうね。

  2. だくてん | URL | -

    「グレゴリー ラシック」の検索でこちらにお邪魔しました。
    Mikiさんのバイタリティーに感動しております。
    東海地方にも素晴らしい山が数多くあるんですね。私はMTBで山中をトレールしていますが、今度はゆっくりと散策しながら歩いてみたいと思います。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 続きだぁー!

    マッコルさん

    鏑木貼り、チェックしてきましたよ~
    かなりしっかりテーピングするんですね。
    c3fitは初期のを持ってますが、サポートが弱いんですよね~
    それでcwxばかり履いてるんですけど。
    c3fitも今はサポートの強いのが出てますよね、そちらならいいのかしらん。

    > ルートがわかってて、このレポを読んでると臨場感あって良いですねぇ。
    > ドキドキしますな。o(^-^)o

    いや~マッコルさんの倍以上かかってますけどね、時間(苦笑
    まだまだ続きます!!

  4. マッコル | URL | mQop/nM.

    続きだぁー!

    ホントだ! レポ「1」になってましたねぇ。(^0^;)

    太ももの内側の攣りと腸脛靭帯の両方をカバーするなら、
    Vテープ3枚で鏑木貼りにした方が良かったかもしれませんねぇ。
    で、その上にC3fitのタイツで痛みと攣りの出現をかなり遅らせてくれると思いますよ。

    ルートがわかってて、このレポを読んでると臨場感あって良いですねぇ。
    ドキドキしますな。o(^-^)o

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/139-54de03e8
この記事へのトラックバック


最新記事