--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一関門はどこ?【ハセツネ30K】 レポ2

2012年04月11日 08:42

レポ1の続きです。


スタートの合図とともに、ゆっくり列が動き始める。

最後部の選手たちは穏やかムード。

のんびりなのか、それとも余裕綽々なのか。

どちらにしても、ガツガツしてない感じが、いい。



一方私はテンパってしまい、

走れるロードだけでも頑張っておこう!

と、欲張って前へ前へ。

しかし、すぐに坂道が現れペースダウン(苦笑

ロードのマラソン大会では、上り坂でペースダウンする人をよく見かけるが、

その典型が私です・・汗

さすがトレランの大会、誰もペースを緩めない!

坂って何?てな感じでそのまま駆け上っていく。すごいなぁ~


やがて下り坂になり、がんばって走る。

だって、この後トレイルの上りはまたきっとごぼう抜かれだから。。。



しかし、コースはトレイルの前に緩い上りの林道がだらだらと続いていた。

さすがにここは、周りも歩いている。

私は・・・・頑張って走るぞ~!

しかし、のろのろペース過ぎて、横を見ると

歩いている男性選手と変わらないスピードであった(爆)



09:36 ようやく登山口取りつき

だけど、長蛇の列。

hasetune1.jpg

これがあの、名物の大渋滞か~

と感心しながら、列に並ぶ。

例によって、最後部は見えているけど、最前列は見えていない(苦笑

hasetune2.jpg

時折前に進むが、ディズニーランドの列よりそのスピードは遅い。

どちらかというと囚人の列ようだ。

よく晴れて寒くはないはずの天気だったけれど、

さすがに日陰に15分くらいいたら冷えてきそうだったので、

ウィンブレを羽織って待つ。



10:07 登り口が見えてきて、列も動き出した。

hasetsune3.jpg

渋滞は40分。進んだのは数百m。

ここからは普通にいつもの登山ペースで登る。

新城の時は、山の斜面に取りついてからは結構なスピードで進んだが、

どうやらハセツネはそうでもないらしい。

誰も追い抜く人はいない。私も流れに従ってついてゆく。



らくらくペースなので初めはシメシメ、と思っていたが、

やがて、このペースで大丈夫なんだろうか?

と少し不安になった。



10:30 刈寄山 山頂手前

hasetsune4.jpg

関門まであと30分しかない。。。焦る。

上からにぎやかな声が聞こえてきた。

近づいてみると、ピンクビブスの係員の応援であった。

「ここは刈寄山山頂でーす!第一関門まであと1キロ!がんばれ~」



関門は11時。あと1キロ。

エグイ登りでなければ大丈夫だろう。

でも、できれば急ぎたい。

山頂ということは、つまりここからは下り!

下りの得意なランナーは、ここぞとばかりに追い抜いてゆく。

私も上りよりは得意だけど、怪我や転倒に気を付けて

スピードコントロールしながら駆け下りていく。



10;43 すぐにロードに出た。ここにもピンクビブスの応援。

あれっトレイル部分、意外と短いんだな。

とにかく、ロードなら時間の管理がしやすい。

ここから1キロとしても、7分もあれば第一関門に着くだろう。



・・・

・・・・・

ところが。

なかなか関門に着かない。7分はもうとっくに経っているのに。

くねくねと折れ曲がった道はやがて、斜度10%程度の下りとなった。

いくら下りが得意と言っても、ここまで傾斜がきついと

スピードをセーブしながら走ることになる。

前腿にかかる負担を感じながら、でも第一関門では切られたくない。



必死で走り、何人もごぼう抜きしたが、

10:55

10:58 いけどもいけども、関門は無い。

関門はどこ!?!?もう1キロなんてとうに過ぎているはず。



11:00 ついに11時。ここまでか(><)


11:03 ようやく激下りが終わり、橋のたもとに出た。

ピンクビブスが「がんばれ~」と応援している。


あれ?


ここ、関門じゃなかったのかな。

それとも、もう少し進んだところで回収されるのかな?


などと思っていると、後ろからほかのランナーが

「あの、第一関門は・・・?」

私と同じ疑問をいだいてる人がいた(笑



「大丈夫、関門はもう過ぎてますよ



えーっ!

・・・ああそうか、

あの刈寄山のトレイルを林道に出たところ、

あそこが第一関門だったんだ。

だって、ほかには何もなかったし。



こういう場合、普通の山歩きなら、地図を取り出して確認したりするのだけれど、

トレランレースともなると別。

道迷いにでもならない限り、地図を広げている時間も惜しい。

そのために、スタート前に一生懸命地図を頭の中に叩き込んでおいたのだけれど、

登山道と林道の違いまでは未チェックであった。



というわけで、

10:43 第一関門通過♪

激下りの爆走で前腿がやられてしまったが(><)

でも、なんとか足切りされずに先へ進める!









続く





  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

TrailRunning Shop スカイトレイル
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/143-8dbbd792
    この記事へのトラックバック


    最新記事