--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています。

2012年08月03日 23:25

最後の記事から3か月も経ってしまいました。

まあ昨シーズンも半年くらい冬眠していたという不名誉な実績があるのですが。

それでも7月には御嶽や白山に登り、このブログも再開していました。

しかし今年はそれが出来ませんでした。

さぁ夏山シーズン!という手前で、不覚にも骨折。

山に行きたくても行けませんでした。


おととい、一か月半ぶりにギプスが取れ、ようやく自分の足を取り戻したところです。

体力が落ちてしまっているのと、急に負荷をかけるのはよくないので

ゆるウォーキングから始めています。

今日は試しに、ホームグラウンドの低山ハイクに行ってきました。



===登山メモ===

日にち:2012年8月3日

形態:散策

山:弥勒山

天候:晴れ時々薄曇り

ルートと所要時間:14:45駐車場-37番、21番経由-15:45山頂16:02-34番経由-16:37駐車場

参考:春日井植物園駐車場は月曜休み。ハイカー用駐車場はPM5時まで。

=============


それでは、ひっさしぶりの病み上がりレポです。


ゴールデンウィーク以来3か月ぶりに履いた登山靴。

一歩一歩確かめながら歩く。

私が今回骨折したのは右の第2指。

指の関節が固まっていて曲がりにくいけれど、硬い靴底の登山靴なら安心して歩ける。

思ったより、というか、思った以上に歩ける。

しかし、それも足首から下のコンディションの話。

足首から上のいわゆる「脚」の部分は、筋力が低下してしまっていてプルプル。

ちょっと急になると心肺もバクバク。

いつもトレランで使っていた山だけれど、本当にこんなとこ走ってたの私?

って感じ。でも仕方ない。

雪のついたときにしか使わないポールも使用して、えっちらおっちら登っていく。




1時間ほどかかってようやく山頂到着。

今までで一番山頂の遠い弥勒山であった。

s01.jpg
平日午後の遅い時間、誰もいるわけもなく山頂独り占め。


自家製梅ソーダ自家製梅干しのおにぎりで休憩。
s02.jpg


たった400mあまりの標高でも、我が家のエアコンの設定温度より涼しかった。
s03.jpg


帰路、誰もいないだろうと思っていたのに3人のおじ様方にすれ違った。

一人は50代くらいのハイカー。

一人はやはり50代くらいの半白髪のトレイルランナー。

一人は60代であろう散歩のおじいさん(手ぶらであった。笑)

私がよっこらせっと降りている山頂付近の階段を、

トレイルランナーさんは華麗にトトトッと駆け上っていく。

綺麗に筋肉ののった、年齢に見合わない若々しい足に見とれながら道を譲る。

途中から別コースへ折れ下っていると、

もうそのトレイルランナーさんが折り返してきた。

あんな風に走れたらいいなあ、と思うが、そのためには

ああいう筋肉が足についてないと。


下りは上りより指先に力が入りがちであったが、それでも

ランニングシューズでアスファルトの上を歩くよりは

何倍も楽であった。

最短コースを選択したので帰りはサクッと35分。

行きは長く感じたけれど、帰りは物足りなく感じていた。


駐車場に戻ると足の疲れが心地いい。

でもたった1時間半歩いただけでこの疲れでは、

今年のお盆休みに3000m級の山など登れない。

もうあと10日しかない、でもまだ10日ある。

それまでにできるだけ足慣らししておかなくちゃ。



 にほんブログ村 アウトドアブログへ






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    おおのたかぼーさんへ

    わざわざコメント下さりありがとうございますペコリ(o_ _)o
    夏まで冬眠してました(苦笑
    骨折でお花の時期を逃したのは辛かったですね、
    一年でこの時期しかないのに・・・と。
    今シーズンもお互い安全に山歩きしたいですね♪

  2. おおのたかぼー | URL | -

    お久しぶりです
    冬眠だったんですねw

    それはそうと骨折していたんですか
    夏山シーズンを前に歯がゆかったんじゃないでしょうか
    お盆休み山行に向けて少しづつ体を慣らしていってくださいね
    まだまだ暑い日が続くんでしょうが夏山楽しみですね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/149-dfad2539
この記事へのトラックバック


最新記事