--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中散歩 【燕岳テン泊 その2】

2012年08月24日 16:10

亀更新ですみません。なかなか写真の整理が追いつかず…


その1の続き。燕岳~北燕岳の稜線散歩の様子です。



DSC_3143.jpg
燕山荘テン場から




14:15 昼食の後、ほんの15分程うとうとするつもりが、起きたら小一時間過ぎていた。

慌てて起きだし、靴を履く。

燕岳へは、別に明日の朝登ってもいいのだが、夕方まで雨の心配はなさそうだし、まあ歩いてこよう。

テン場からいったん燕山荘方面に戻り、そこから燕岳へ向かう。
DSC_3144.jpg

DSC_3145.jpg

花崗岩が風雨で削られ、丸みを帯びた姿が女性らしい。岩=男性的、ではないんだな。
DSC_3149.jpg

遠くに槍ヶ岳。
DSC_3152.jpg

望遠にすると、小槍まではっきり見えた。
DSC_3153.jpg

振り返ると、左手に小さく燕山荘、そこから伸びる表銀座。
DSC_3159.jpg

寄って撮影。テン場も見えた。
DSC_3155.jpg

行く先はまだもう少し先。
DSC_3163.jpg

山ガール・山ボーイの集団が下りてきた。
DSC_3164.jpg

めがね岩。自然の驚異。
DSC_3167.jpg

山頂付近も平和な足場。
DSC_3168.jpg

そして、山頂到着。
DSC_3169.jpg

山頂は、意外に狭い。山頂看板は無かった。

さらに北を眺めると、北燕岳。山頂に小さく人が見える。
DSC_3174.jpg
東側にガスが巻いているが、風向きからして大丈夫だろう。

時間もあることだし、あそこまで行ってみることにする。
DSC_3185.jpg

少し下って振り返った燕岳山頂。
DSC_3186.jpg

DSC_3193.jpg
今回の山旅で、この道標以降北燕岳山頂までが唯一、トレッキングポールが使えない箇所であった。

北燕岳山頂到着。山頂看板は無い。さらに北に道が続いている。
DSC_3195.jpg
なんとなく昨年の中央アルプス縦走コースを連想させるようなトレイル。

う~ん歩いてみたい。でも今はちょっと自信ないかな。

ぐるりと回ってこちらからも中房温泉に続いている道があるようだが、下りは滑りやすいとあったので今回はパス。

来た道を戻る。
DSC_3197.jpg

砂礫には無数のコマクサ。
DSC_3200.jpg

花はほとんど終わりであったが、なんとか残っている株を探して撮影。
DSC_3206.jpg

鷲羽岳、水晶岳方面。光のカーテン
DSC_3210.jpg

イルカ岩。
DSC_3213.jpg

DSC_3215.jpg

お散歩終わり。
DSC_3216.jpg

DSC_3217.jpg

燕山荘の周りの花々。絶対植えてるよね!?と思わず疑いたくなる(が、そんなわけはない)。
DSC_3220.jpg

テントに戻る前に、燕山荘へ。
DSC_3218.jpg

高校生の時泊まっているはずで、中に入ったら何か思い出すかと思ったが、

残念ながら何も覚えていなかった。

サンルーム(喫茶室)があるというので、立寄ってみる。

「いちごみるく」¥650 なるものを注文。
DSC_3222.jpg
スムージーのがーっとやる前の状態のものが出てきた。

自分でかき混ぜて、美味しくいただく。

ああ、2700mの雲の上で、こんなものをいただける幸せ。
DSC_3223.jpg
床までよく磨かれ、清潔な室内であった。

夕方5時近くになり、小屋もそろそろ夕食の時間だったのでテントに戻る。

と、

テントの入り口の目の前に新たなるテントがたてられていた。
DSC_3224.jpg

この距離にちょっとびっくり。そうか、混雑期のテン場ってこうなのか。

私は昨年秋にテントを買い、テント泊は今回が3回目。

紅葉の終わった瑞牆は十分なスペースがあったし、初冬の鈴鹿は他に誰も居らず貸切だった。

だからハイシーズンのテント泊は今回が初体験なのだった。

それにしても、このテントの方。

こちらが散歩に出たのが14:15だから、それ以降に到着したことになる。

このお盆休みの混雑期、そんな時間にテント場に来ようという勇気に二度びっくり。



ま、どちらにしろガスが出てきて夕焼けは拝めそうにないし、

昼寝をして少し復活したとはいえ、足は棒で疲れてるし、

お腹もなぜかそれほど空いていないし、

夕飯はごく簡単にセブンのレトルトカレーとちょっとつぶれたおにぎりで済ませて、
DSC_3225.jpg

18:30 まだ外は騒がしかったが、お構いなしにおやすみなさいZZZZZzzzzz





続く




その3 その4
 





ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    いつもコメントありがとうございます☆

    > 実は、まだ天然状態のコマクサって見たことがないんですよ。

    天然状態のコマクサって、この燕岳のように保護されていない、という意味ですか?
    それなら私も見たことないかも!?
    八ヶ岳で、赤岳の周りで少しあったかな?
    硫黄岳近辺はこの燕岳のように保護されていますよね。
    七穀米のおにぎり、なかなか美味しいですよ♪
    お赤飯とか雑穀米とかのシンプルなおにぎりが好きです^^

  2. 翼@職場 | URL | ZGMDThxQ

    私が山に登る理由のひとつに植物の撮影がありますが、コマクサの
    群落は凄いですね。実は、まだ天然状態のコマクサって見たことが
    ないんですよ。今になって思い起こしてみれば、そういう山に登っ
    てなかったんですね。
    イルカ岩って、話には聞いたことがありますが本当にイルカに似て
    るんですね。
    ところで「七穀米の塩むすび」いけますか?今度山に持っていこう
    かな…。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさん

    私も!おかわりしたかったー☆
    でも際限なく飲めそうだったから、きりがないのでやめました(笑
    ブヨは、時期によるのでは?今回は虫はほとんどいなくて、快適でした。
    昨日実は御嶽山に登ったんだけど、昨年7月に登った時はブヨの大群が(泣)
    でも昨日は虫は少なかったです(少しはいたけど…)。

  4. momo | URL | mQop/nM.

    あー。いちごみるくだ〜。これ、おいしいよね^ー^ momo、このいちごみるく、おかわりしたいくらいだったな〜。テン場、すっごい混みようですね...... 相変わらず人気のお山だな。
    あと、ブヨいなかった?? テン場で20匹くらいさされて、未だに傷だらけですよ〜。ー_ー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/157-f4710293
この記事へのトラックバック


最新記事