--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稜線の朝焼けを楽しむ 【燕岳テン泊 その3】

2012年08月30日 15:06

過去記事→ その1 その2 


燕山荘脇のテン場にてテント泊の翌朝。

0tobiraDSC_3234.jpg

雲が多かったが、朝の景色を楽しむことができました。




夜中に何度か目を覚ましたが、それでも良く寝られたほうだと思う。

AM 4:18

夜明けまでもうひと眠りしようかなと思ったけれど、外が騒がしい。

表銀座へ早発ちの人たちが撤収しているのだろう。

ごそごそと起きだして、外を覗くと

1DSC_3226.jpg

雲が多いが、明るくなってきていた。

AM 4:55

隣の大きなエスパースは綺麗になくなっていた。

年配のグループで、5時出発だからあと5分でトイレに行ってくる、などと声を掛け合っている。

一方こちらはピストン、合戦尾根を下るだけなのでのんびり。

朝食は後回しにして毛糸の帽子とダウンを着こみ、稜線へ。

1_20120830014518.jpg

燕山荘の周りには、多くの人がご来光を待っていた。
2DSC_3229.jpg

燕岳の山頂にも、針山のような人の影。
3DSC_3228.jpg

みるみるうちに明るくなってくる。
4DSC_3238.jpg

表銀座。人気の理由がわかる、美しいルート。
5DSC_3244.jpg

槍に光が射してきた。
6DSC_3249.jpg

絵に描いたようなモルゲンロート。
7DSC_3252.jpg

大天井岳。大天荘がキラキラと輝いていた。
8DSC_3255.jpg

北ア全景。
9DSC_3259.jpg

燕岳にも陽が。陰影が美しい。
10DSC_3262s.jpg

奥には立山が見えていた。
11DSC_3275.jpg

ふと東の空を見ると、運よくご来光が拝めた。
12DSC_3263.jpg

でもそれも一瞬。シャイな太陽はすぐに分厚い雲の中へ。
13DSC_3269.jpg

美しい時は、一瞬で過ぎてゆく。その儚さゆえに、美しいと感じるのかも。
14DSC_3265.jpg

燕岳の右側に、双耳峰のような朝日岳と白馬岳が見えた。
15DSC_3271.jpg

私、知ったかぶって「○○岳が見えた」などと書いているが、

実際、山の上での山座同定は、ダメダメである。

地図や、山頂によくある山座同定盤など参照しながら

「えーと、あの山は何かな?」などとやっていると、詳しい人が

いつもどこからか現れて、「あの山はね・・・」と説明してくれる。

たいてい、世話好きそうなベテラン風の年配の男性である。

街中では最近出会う事のない人の優しさが、山にはある。

もしまた燕岳に登る機会があって、ここで初めての人が山座同定に悪戦苦闘していたら

今度は私がその人に教えてあげよう。



さて、気づけば1時間半近くも経っている。

朝焼けと景色も堪能したし、そろそろテン場へ戻ろう。


空を見上げると、ひつじ雲。天候が崩れる予兆だ。
16DSC_3280.jpg

AM6:30 

テン場へ戻ると、半分くらいのテントは撤収済であった。

やっぱり近いよねぇ(^_^;)被ってるし。
17DSC_3278.jpg

朝食。パンとコーンスープ、そして挽きたてのコーヒー。
18DSC_3286.jpg

食べたら、下るだけ。

ありがとう、また来るね。燕岳に乾杯!
19DSC_3291.jpg

テントが結構濡れていて撤収に少し手間取ったけれど、ほどなく終了。

さ、雨が落ちてくる前に帰ろう。
20DSC_3292.jpg




続く



 その4
 





ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさん

    ねー、絶景!蝶からも綺麗って聞くけど、
    燕からの槍も充分美しかったです。
    もうね、コーヒー飲みながら帰りたくなくなった(笑
    でも雨の中歩くのはイヤなので、しぶしぶ片付けましたよ。

  2. momo | URL | mQop/nM.

    やっぱり、燕から見る、槍ヶ岳はかっこいいなぁ〜。大好きだな〜。燕での朝日はmomoも忘れられません♪♪
    テントはごったがえしてたいへんだったけど、この景色みれるならしょうがないよね〜!!
    ここで飲むコーヒーは最高でしょうね!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/158-1b0b1ffa
この記事へのトラックバック


最新記事