--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田の原の登りでトップ選手に遭遇 【おんたけスカイレース】に私設エイドを出してみた その2

2012年09月07日 23:57

おんたけスカイレース応援登山の続きです。

その1はこちら


AM5:00 松原スポーツ公園

選手たちは起きだして、準備している。

昨夜の前夜祭の和みムードとは違って、ちょっとピリリとした雰囲気。

レースのスタートは7時。少し離れたスタート場所までは、選手たちはバスで移動する。

そこからロードとスキー場を12㎞、ひたすら駆け上ってようやく田の原登山口だ。

登山組のこちらは一足お先に車でびゅびゅーんと、田の原へ。



AM6:40 田の原登山口

入念に準備をして、いざ!登山開始。
DSC_3599.jpg

・・・のはずだったのだが。

トレッキングポールを忘れてきたことに気づく(=_=)

また忘れ物ですか、私。。いきなり出鼻をくじかれる。

登りは使わないからと言う友人のポールを借り(ありがとうございます)、

気を取り直して

今度こそ本当に、出発!



青空。暑くなりそうだ。
DSC_3600.jpg

取りつきの砂利道で、大きなオレンジザックを背負った足早な単独ハイカーに抜かされる。

足元はどうみてもトレイルランナーっぽいのだが・・・もしや・・・?


一方、相変わらずのろのろ歩きの私。

夜中に高速を飛ばしてきて、殆ど寝ていないのに元気印な友人↓に必死についていく。
DSC_3602.jpg

しかし、あかっぱげ手前でとうとう私に軽い吐き気が襲ってきた。

高山病。

今までも軽い頭痛はたまにあったが、吐き気は初めて。ああどうしよう・・・

山頂で待ってます!とレースに参加する仲間には伝えてきたのに、

あかっぱげで店広げてたらびっくりするだろうな。

今日はどうしても上まで行きたい。

だから、慌てない。少し歩いては立ち止り、深呼吸。

あと少し行ける?よし、大丈夫。自分の身体と相談しながらゆっくり、ゆっくり。


ふと振り返ったら、中央アルプス。ああ素敵。
DSC_3603.jpg

すぐそばにはホシガラスがやってきた。「やぁ、おはよう!」
DSC_3604.jpg

あっ
DSC_3606.jpg

気づけば、だいぶ登ってきた。目を凝らしたら、トップ選手が見えないかしら。
DSC_3607.jpg

AM8:00 ようやっと8合目到着。レースは1時間前にスタートしている。
DSC_3608.jpg

トレイルランニング独特のルールを表す看板。
DSC_3610.jpg

息苦しさを紛らわすために、お花の写真なぞを撮っていたら
DSC_3611.jpg

うぉぉー!トップ選手が登ってきた~~~~! ※まだ9合目手前です(汗
DSC_3619.jpg
頑張れ~~~!思わず大声で応援。

続いて2位。3連覇のかかる松本大選手。(結果は見事1位!)
DSC_3621.jpg
息もあがらず飄々と駆け登っていく。

トップ選手はシングレットにショートタイツやランパンと軽装がほとんど。

こんな暑い日は、ノンストップで走りつづけるトップ選手にとっては

防寒具より、いかに体を涼しく保つか?がテーマになるだろう。

水はハイドレではなくウェストポーチ+ボトルの場合も多い。 

もちろんこれらはレースで、トップ選手だから出来る技。

普通は、自分の力量に合わせそれなりの装備になる。


それにしても、9合目分岐までに追い抜いていった選手・・・ざっと10人くらい。

こちらは20分も早く、しかも12㎞も先からスタートしているのに。

しかもこちらは歩いて登るのでさえ息が切れて、頭は痛いし気持ち悪いのに、
DSC_3623.jpg
トップ選手の皆さん、この坂を走ってますがな!!!(@_@;)

スーパーサイヤ人(※)ですか?

 (※)おんたけスカイレースはそういうレースです。
    過酷すぎて超人しか完走できません。


一口水で私設エイド発見!
DSC_3624.jpg
コーラを何本も。相当重そうですが、ご苦労様です。

良く見ると、私設エイドを出していたのは田の原で見たオレンジザックの男性。
DSC_3625.jpg
どうやらK藤さんという有名な方のようだ。コーラを飲む選手。

地獄谷分岐。レースコースはわざわざ遠回りをするようになっている。
DSC_3632.jpg
こちらは直登するので、選手の皆さんとは一旦ここでお別れ。

トラバースを駆け上っていく選手たち。↓クリックで拡大します
DSC_3635.jpg
もう凄すぎて、こっちまでアドレナリン出まくりです。

イワツメクサも応援中。
DSC_3636.jpg

さてここから王滝頂上まではあと少し!

早く開店準備をしなくては。





続く




ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    鳥好きランナーさんへ

    こちらこそ、さっそくのご回答ありがとうございます。
    野鳥たちの営巣に影響はなさそうだと聞いて安心しました。
    実際に走られた方のお話を聞くと、説得力がありますね。
    野鳥の会の人間の肩を持つわけではありませんが、実際にトレイルランをやっていなければ、想像がつきにくい世界だとは思います。まだまだメジャースポーツではありませんから。
    鳥好きランナーさんはベジタリアンですか、それともビーガンということですか?
    もしビーガンならお魚も食べられませんよね、タンパク源は豆類でしょうか?
    ご質問にお答えします。私は鶏肉も卵も食べます。実際今日も食べました(苦笑)
    答えにくい質問とは思いません、自分が実際やっていることですから。
    私は会報を購読しているだけの会員で他の会員さんと交流が無いのでわかりませんが、野鳥の会の会員さんは鶏肉を食べないんでしょうかね?きっと食べてる気がするんですが。もしそうなら偽善者、でしょうか?
    私は自分でしめることは絶対にできませんが、それでも鶏肉も他のお肉も食べます。
    罪悪感があるとすれば、食べ物を残すとき。お野菜は、作ってくれた人に申し訳ないなあと思います。
    お肉はその命をもらって食べるわけですから、その命を無駄にしないように、せめて残さず美味しくいただこうと思っています。
    葉は青虫に食され、青虫はカマキリに、カマキリはモズに、モズの死骸は土となって葉の栄養に、
    そういう自然のサイクルの中に人間もいて然り、そう思っています。
    ただ・・・どんなに非常事態の飢餓に陥ったとしても、ペットの鳥は食べられませんね。(我が家には飼い鳥がいます)あの子たちは家族です。自分の中で、どこかで線引きしてるんでしょうね。とか言いながら、悪さをする子には「コラ!焼き鳥にしちゃうぞ!」とかキツイ冗談言ったりしてますけどね(笑



  2. 鳥好きランナー | URL | 9L.cY0cg

    丁寧な返答ありがとうございます。
    僕はutmfに出場してみて、素直な感想、影響はまったくゼロとは言えませんが、野鳥に影響はないと思いましたが、反対してる人がいる限り開催日は考え直さないといけないと思います。あくまで1ランナーの感想ですけど、なんだろ、800人のランナーが一気に通過するなら影響もあるかと思いますが、160キロのレースはトップランナー数人以外のほとんどは早歩きで、ランナー間もかなりあります。登山団体者30人がワイワイガヤガヤ登るのと比べればと思います。
    あとこれも僕個人の意見ですが、僕は鳥好きで、動物好きから、ノンミートイーターで生活しています。雷鳥もやまがらもカラスも大好きです。
    意地悪な質問、管理人さんはチキン料理は食べられますか?
    僕は野鳥の会の人でも鳥を自分で絞められればチキン料理はありだと思います。
    答えられなければ、消去してください。失礼しました。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    鳥好きランナーさん

    こんばんは、コメントありがとうございます。
    HNからして同じ立場の方ですね。
    UTMFに関しては、うーん、環境負荷がかかるという点では登山も同じですけれど、これだけ規模の大きい大会となると・・・ですね。
    野鳥もトレランも両方好きな私としては、複雑かな。
    一番の問題は、認知度の低さにあると思います。それが世間的にもっと広まれば、自分たちの愛するフィールドを荒らしてしてまで走りたいか?という葛藤が走る側にも生まれるでしょうし、主催者側では利益追求のために環境破壊してまで強硬開催すればスポンサーの企業イメージダウンにもつながるわけですから、この時期には開催しづらくなるんじゃないかと思うのですが。そのためにまず大前提として、同じ自然を愛する者として、個々のトレイルランナーさんには自分の使うフィールドのバックグラウンドについてもっと関心を持ってほしいと思いますし、マスメディアももっと大きく取り上げてもらって、全体の意識が高まってくれたら、と思います。
    その昔、海上の森を万博会場にするという案は、オオタカの営巣が確認されたために取り消されました。そういう基盤がトレラン界にもあって欲しいですし、自然をフィールドにしているトレランだからこそ、自然にフレンドリーであるべきだとは思います。まだまだ勉強不足な部分は多いですが、せめて自分はそうありたいと思っています。長々とすみません。

  4. 鳥好きランナー | URL | 9L.cY0cg

    野鳥の会の人って、トレイルレース大反対みたいな人達ばかりかと思ってましたが、管理人さんみたいな人もいるのですね。嬉しくなりました。けど、utmfの5月開催は、やはり反対なのでしょうか?

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    kozuちゃん

    はぁい、ありがとです♪

    > 山にメチャ登りたくなった!!

    マジすか!フフフ、作戦成功♪(どんな?)

    丹後終わったらぜひ行きましょう~☆

  6. kozu | URL | XAjl2.RA

    おつかれさまでしたネ^m^
    山にメチャ登りたくなった!!
    丹後終わったら連れてってくださいませ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/162-42096b4d
この記事へのトラックバック


最新記事