--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ山頂、そして 【おんたけスカイレース】に私設エイドを出してみた その3

2012年09月09日 23:58

その1はこちら その2はこちら

今回の私設エイド、めざすは王滝頂上。


6時40分に田の原登山口を登り始め、なんと着いたのは


10:05


おっそーーー!!!(苦笑)


もうトップランナーはとっくに先へ進み、後続ランナーも続々と剣ヶ峰へ向かっている。

0tobiraDSC_3645.jpg

さぁ、急いで開店準備!



王滝頂上。右奥に見えるのはオフィシャルのエイド。
1DSC_3638.jpg
田の原のエイドではパワーバーやフルーツも出るが、山の上のエイドは水だけである。

剣ヶ峰方面を見ると、登山者に混じってたくさんの選手。(クリックで拡大します)
2DSC_3644.jpg

王滝頂上の水エイドの手前、ちょうど地獄谷の坂を上りきったあたりに私設エイドを設置。
3DSC_3642.jpg

バナナをカット中(笑
4DSC_3643.jpg

続々選手の皆さんがあがってくる。

おさるの着ぐるみの方。はちみつレモンを口に入れてすっぱ~!のお顔☆
5DSC_3641.jpg

剣ヶ峰からお鉢めぐりへ、稜線を駆けるスカイランナーたちのシルエット。(クリックで拡大します)
6DSC_3646.jpg

応援の合間に自分たちの昼食を、なんて考えていたけれど

そんな暇は全くなく、どんどんやってくる選手たち。

私設エイドをスルーしていく人もいれば、

ありがとう~♪と立ち寄って食べて行ってくれる人もいる。

ここまで来るのがどんなに大変だったかを、数分かけてお話しくださった方も。

何気なく「どうぞ~」とお声かけした一人の女性ランナーからは

「いただきます。これだけの荷揚げを、ありがとうございます。」と丁寧にお礼を言われた。

その時は全く気付かなかったのだが、あとから友人に聞けば、なんとその方は

女子上位常連のN村さんであった。(お名前は存じ上げていたが、気づかなくて恥…)

やっぱり一流選手はマナーも一流なんだわ~

なんて感動しながらも、次から次から選手たちはやってきて、時間はすぐに過ぎる。


そうこうしているうちに、仲間の一人、Y嬢の姿が!
7DSC_3647.jpg
「来たーーー!」「キャーーーー!!」←大騒ぎ(笑

Y嬢、普段はおっとりおしとやかで、とてもこんな大会を走るとは想像もつかないが、

いったん山に入ると俄然強さを発揮する。


エイドに出すために準備してきた色々なもの、余ったらどうしよう?

重いのをまた持って下るの、イヤだなぁ~なんて思っていたら、

とんでもなくて、全部、1時間もしないうちに品切れ寸前だった。

うわ~もっと持ってくるんだった!(@_@;)と思いながら

仲間用に少しだけ取り分けておいたフルーツを、慌てて切って差し出す。
8DSC_3654.jpg

暑くてばててないか心配していたけれど、笑顔も見られ、

食欲もあって元気そうで一安心。

このままいけば完走できるから頑張って!と激を飛ばし、送り出す。


10時過ぎにエイドを設置してまもなく上ってきた選手たちは、

疲れた~!ああ、しんど!などと言いながらも、さわやかな笑顔。キラキラしている。

しかし12時過ぎ、第二関門ギリギリのラインであがってくる選手たちは

余裕がない。笑顔が無い。新城の私もこうだったのかなぁ、とふと思うと、

この人たちに、余計に頑張ってほしいと思った。



12:30過ぎ 上ってくる選手もほとんどいなくなったので、エイド終了

撤収して、下山開始。


下山を開始して間もなく、10時過ぎにエイドを通過していった選手たちが、

後ろから追い抜いて行く。

こちらがエイドにいた2時間半、この人たちはずぅっとこの薄い空気の中を走り続けていたんだな。
9DSC_3658.jpg

ごつごつ岩の下りも、選手たちはスピードを緩めない。
10DSC_3661.jpg

もちろん中には、つるりと滑ってバランスを崩したり、転倒するランナーも。

こちらの方が思わず「キャー!」と声をあげてしまうが、

当人はケロッとして「へへっ」と笑顔でレース続行。


トレイルランナーさんを見ていて思うのが、

バランスを崩して「危ない!」と思う場面でも転倒しずに持ちこたえられたり、

一見派手に転倒しても意外に怪我がなかったりするのは、偶然でも運の良さでもなくて

やはり普段のトレーニングの賜物なのだと思う。

ネコのようなしなやかさ、筋力、瞬発力、動体視力。

普段、山を歩くときでも安全に登山がしたいな、と常々思っている私だけれど、

それが実現できる一つのトレーニング方法がトレラン。

私の中では、そんな風にも思ったりしている。

だから、それが出来てしまうランナーさんは、やっぱり私にとってはカッコいい存在。

11DSC_3665.jpg

選手の気配を後ろに察したらすぐに脇に避け、応援の掛け声をかけ続けながら下る。

野球だってゴルフだって、観戦するにはチケットを買わなきゃいけないのに、

こんなすごいレースが、トップ選手の走りが、目の前で見れちゃうなんて。

だけど、感動なのは、トップ選手のすごい走りだけじゃない。

14:15 田の原登山口到着後、途中のお風呂でささっと汗を流し、再び松原スポーツ公園へ。

表彰式は終わっているが、まだ一般選手が続々とゴールしてくる。

OSJのレースでは、ゴール手前でゼッケンNO.から名前etc.を呼んでくれるのだが、

そのアナウンスによると、こちらの男性はなんと74歳とのこと。
12DSC_3669.jpg
山小屋などで、たまにそれくらいの年代の登山者に出会って、健脚だなあと思うことはあるが

この方は9時間50分、「走り続けて」いたわけである。すごい。

何より、健康でいられることの素晴らしさを教えられた。


さて、Y嬢は無事ゴール、他の仲間も、制限時間に間に合った人、

間に合わなかったけど見事完走した人、高山病が出てリタイアしてしまった人、

悲喜こもごもではあったけれど、

それぞれの夏が、終わった。




私は今回、選手としてではなく私設エイドという形で、このレースに(勝手に)参加させてもらった。

でも、自分が参加した大会となんら変わりはない一体感を感じることができた。

そして何より、楽しく・真面目に取り組むスカイランナーたちの顔は、とてもいい顔をしていた。

応援しているはずが、パワーをもらったのはこちらだった。

レース、走るだけじゃなくて、こういう形での参加もいいな、と思えた1日であった。





おしまい♪




トレランのレースレポになると、いつも熱が入り?長ったらしくてすみません。

この余韻を引きずったまま翌週、ついに骨折後初のトレランに行ってきました。

そのレポは近日中に。さらにその後はソロテン泊デビューも果たしてます。

あーもう、レポたまりまくりー(>_<)がんばるぞー!



ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: OSJクロスマウンテンマラソンin王滝20Kに初参戦

    しんのすけさん

    参戦お疲れ様でした!&完走おめでとうございます!!
    昨年の記事、参考にしていただきありがとうございます。
    実は私も今年も参加していましたよ☆
    途中から晴れ間もでて、風もあって気持ちよかったですね♪
    走力も体力もおありのようですので、ぜひスカイもトライなさってください。
    3月の新城もぜひ☆

  2. しんのすけ | URL | Vpowj4/c

    OSJクロスマウンテンマラソンin王滝20Kに初参戦

    こんばんは。
    愛知県のアラフォー男子です。
    本日、トレイルへ足を踏み入れてしましたした。
    もともとオンロード専門でフルマラソンを走ってましたが、
    学生時代ワンゲルに所属していた関係で、とうとうこの世界まで・・・。

    昨年のこの大会で山ノオトさんが書かれた記事が参考になりました。
    ありがとうございました。今年は上りで雨に降られましたが、
    後半の下りからゴールまでは、天気も回復し楽しくゴールできました。
    来年あたりはおんたけスカイレースに参戦か・・・。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    すみません、先ほどお返事したものを加筆修正しました。
    まず、こちらは山の個人ブログです。先のご質問には回答いたしましたが、最後のコメントはトピックが著しく逸脱しており、私はここでそのことについてこれ以上議論する気はありませんので、申し訳ありませんが削除させていただきました。
    今後、鳥好きランナーさんが肉食の是非について持論を展開なさりたい場合は、ご自身でブログを立ち上げられて、そちらで思う存分なさったらいかがでしょうか。
    私は、ペットや食の嗜好、野鳥の会に入るかどうかも含め、すべては個人の自由だと思っています。
    偽善者と言われようとも、鳥好きランナーさんと私は、ただ形が違うだけで、鳥が好きということには変わりがないと今でも思っていますし、私には真似できませんが、貴方の菜食主義(貴方の言葉でいう「ノンミートイーター」)についても尊重します。以上です。

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    鳥好きランナーさんへ

    > 管理人さんは、家畜は食べて野鳥は食べないのですか?
    はい、そうです。

    > 日本の食文化に、鴨南蛮や雀の丸焼きなんてのもあります。
    > カラスは頭のいい野鳥なのに駆除されてます。
    はい、雉も、猪も、熊も、鹿も、鯨も、海豚さえ食べる地方が日本にはありますね。
    食は文化であり歴史でもあるので、それに対して私がどうと言えることはありません。

  5. 鳥好きランナー | URL | 9L.cY0cg

    管理人さんは、家畜は食べて野鳥は食べないのですか?
    日本の食文化に、鴨南蛮や雀の丸焼きなんてのもあります。
    カラスは頭のいい野鳥なのに駆除されてます。


  6. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさんへ

    ねー、鉄人ですよね!
    今ちょうど、BSの鏑木さんの番組見て、イメトレ中です。笑
    私は体力的にもっとゆる~いレースしか出られませんが
    トレランでも登山でも、山を楽しむことには変わりないので
    マイペースで続けていけたらって思っています☆

  7. Miki@宵の明星 | URL | -

    キタキタさんへ

    あーっ立ち寄ってくださってたんですね、ありがとうございます♪
    そうそう、キゥイも出してました。
    トップ選手の走り、私も初めて見たんですよ。
    出来れば下りも見たかったです~。
    また来年、エイドできたらいいなって思ってます。
    その時はまたよろしくお願いします♪
    あっ、その前に・・・新城でお会いしましょう!

  8. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さんへ

    レポお読みいただきありがとうございます。
    書き終えてから思ったのですが、
    エイドという形での大会参加、という考え方と、
    誰かのために登る登山、という二つの考え方ができるかもしれませんね。
    今まで自分のためにしか山に登ったことはありませんが、
    翼さんの行っていらっしゃることとか、
    清掃登山とか、実はとても興味があったりします。

  9. momo | URL | mQop/nM.

    トレランする人はすごいですねー。しかも、74歳のかたもいるんですか?
    すごいですね!!人間って、なせばなるのですね。
    mikiさんもご苦労様でした!!

    また、レポ待ってまーす!!

  10. キタキタ | URL | mQop/nM.

    こんにちはー。
    おお~っ山頂のこの施設エイド!見ました見ましたいただきました、ここでしたか~。
    キウイがなんか力でそう~と思っていただきました!(ありましたよね?)
    ありがとうございました~。

    ん~、トップの人たちの走りを見れるっていいですね。
    私もいつも、早い人ってどんな登りしてるんだろう?って
    いつも気になるんです。
    すれ違う時ももう帰ってきた!って感動モノでした。
    楽しいレポありがとうございました~。

  11. 翼@職場 | URL | ZGMDThxQ

    おはようございます。
    レポ、仕事前に一気に読み終えました。私設エイド、お疲れ様でした。
    こういう形での参加もあるんですよね。どういうワケか、パタゴニア
    の冒険レースがちょっと過りました。
    トレラン、ソロテン泊のレポも楽しみにしてますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/163-dd35a7b1
この記事へのトラックバック


最新記事