--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆる~くソロテン泊デビュー in 【木曽駒ヶ岳】

2012年09月21日 20:13

週末のお天気がイマイチだった9月の上旬。

これは平日行くしかないでしょ。というわけで、

仕事の合間に決行。

選んだ場所は

「上の方で泊まれて初心者向け、家から近いとこ」

の条件にぴったり合った、こちら↓↓↓

DSC_3933.jpg


にて、テント泊してまいりました。



=====山メモ=====

日程:2012年9月5日~6日

地域:長野県上伊那郡宮田村 木曽駒ヶ岳(2955m)

天候:1日目 快晴/2日目 小雨~霧

ルート:
1日目 9:12菅の台BCバス乗車-10:00しらび平ロープウェイ乗車-10:07千畳敷10:27-11:17乗越浄土-休憩-11:30宝剣岳ピストン12:35-12:50中岳-13:00頂上山荘テン場-15:40木曽駒ヶ岳山頂-16:10テン場
2日目 4:45起床、朝食-7:20テン場-7:50宝剣山荘(お土産)-8:30千畳敷散策-9:00千畳敷にてコーヒー休憩-10:00ロープウェイ乗車-10:10しらび平バス乗車-10:40菅の台BC

トイレ:菅の台BC、しらび平、千畳敷、宝剣山荘、頂上山荘

お風呂:こまくさの湯(下山後)

コンビニ:中央道 駒ケ根SA

参考:菅の台BCの駐車場 500円(何日でも、1回につき)
   バス&ロープウェイ通し往復券3800円
   宝剣山荘で売っているバッジは同じものがロープウェイの土産物屋にあり、50円安い

=============

テーマは「ゆる~く♪」
9月ともなると、平日の始発のバスは7時台。

それなら慌てて行かずとも、家でしっかり睡眠をとっていけばいいか。

どうせすぐテン場だし。

などと、前夜のんびり支度していたら、就寝は結局12時を大きく回ってしまった。

陽が登ってからのそのそ起きだして、家のそうじも済ませて

のんびりとコーヒー豆を挽いてドリップ。

なんだか今から山に登る気がしないなぁ、などと思いながら、

それでも7時すぎには家を出た。

中央道を走らせていると、長い長い恵那山トンネルを抜け飯田あたりで空が一気にどよ~ん。

山、見えないんですけど・・・

天気予報は、水曜日が晴れ/曇り、木曜日は曇り/小雨

本当はこの週は火・水がまあまあのお天気で、、木曜から下り坂だったのだが

火曜日は仕事があったため、天候が崩れるかもしれないがこの日程にしたのだった。

天気、もう崩れている?どうしよう。雨以上に、山では雷が怖い。

一瞬、飯田で引き返そうかと弱気になったが、昨年の中ア縦走の時のこと思い出して

やっぱり行ってみることにした。

(あのときは、空木めざして池山尾根を登り始めたとたん、霧の中に包まれて、

やっぱり引き返そうかと思ったけれど、気合いを入れなおして登ったら

翌日は快晴で絶景のご褒美が待っていたのだった。)

9時前、菅の台BC駐車場到着。ついてみたら、雲は湧いているが青空も見えている。よかった。

ちょうどバスが来たので乗車。

チケットは乗り場横のブースで購入できる。

ロープウェイの接続もよく、平日の遅い時間とあってバスもロープウェイも

混雑知らずで快適であった。

10:27 千畳敷で装備を整えなおし、いざ出発。
DSC_3941.jpg

お花はもう終わってしまっていると思っていたが、

ハクサンイチゲが一株、がんばって咲いていた
DSC_3948.jpg

素敵な遊歩道。帰りに余裕があれば歩いてみたい。
DSC_3951.jpg

こちらは登山道。
DSC_3952.jpg

途中、分岐を左に折れて斜面は急になる。

危ないところはないが、息が切れるのでゆっくり登っていく。

振り返ったところ。赤い建物がロープウェイ乗り場。
DSC_3963.jpg

どうやらもうすぐ稜線。
DSC_3964.jpg

11:17 乗越浄土到着。
DSC_3966.jpg

左手、宝剣山荘方面へ
DSC_3967.jpg

宝剣岳。うーむ、なんか拒否られているような。。。
DSC_3977.jpg

でも登っちゃうもんね。折角来たんだし。

ザックとポールはデポして、一眼とウェストポーチのみで身軽に進む。

天狗岩、と言うらしいが、私にはどう見てもサ●ゲッチュにしか・・・
DSC_3979.jpg

へえ~こんな感じなんだぁ。まぁ、落ち着いて行けば大丈夫そうかな?
DSC_3984.jpg

岩間にトウヤクリンドウを発見して嬉しくなる
DSC_3989.jpg

振り返ると、宝剣山荘と天狗荘、後で向かう中岳方面が見晴らせた。
DSC_3992.jpg

宝剣岳、短いけれど地図には危険マークがついているし

どうなんだろう?と思っていたけれど、登ってみると

久々の三点確保と高度感で、思わずぶるぶると身震い。

ああ~久しぶり、この感じ!!めちゃくちゃテンションがあがった。

結局、クサリは一か所を除いて使わなくても足場や手をかけるところはあった。

ここはその唯一クサリを使ったところ。右側がねー、ちょっとねー、切れ落ちてる。
DSC_3998.jpg

12:00 お昼ぴったりに宝剣岳山頂! ってハァ?(@_@;)
DSC_3996.jpg
わわ、わたしにはちょっとできません・・・そもそも足が届かない。


というわけで代わりにこちら。
DSC_4008.jpg
足元に千畳敷~!(座ってます。念のため)

極楽平に抜ける道。こっちが特に危ないって聞いたけれど、次回は挑戦したい。
DSC_4010.jpg

今回はピストンなので来た道を戻り(登りより帰りの方がやはり難しかった)、

宝剣山荘で山ノオトに記念スタンプをゲット。
DSC_4015.jpg

中岳方面へはガレ登り。でもゆるくて危険は無し。
DSC_4016.jpg

12:50 中岳山頂
DSC_4017.jpg

今来た道を振り返る。雲が湧いてきた。宝剣やっぱりカッコいい。奥は桧尾~空木主稜線。
DSC_4018.jpg

反対側は本日のお宿、木曽駒ヶ岳頂上山荘テント場。一張だけ?
DSC_4021.jpg

13:00 テント場到着

平日とあって、小屋は無人であった。
DSC_4025.jpg

真新しいトイレ。
DSC_4026.jpg
トイレ臭は無く、新築の木のいい匂いでとても快適。

ペーパーも設置されていて、泡洗浄タイプ。紙は流さず別に捨てる。

蛇口のお水は豊富で飲用可能。

テン場。上からは見えなかったが奥にもう一張。私のとお揃いのテントだ。
DSC_4028.jpg

とりあえず好きに張っていいらしいので、ここに決定。
DSC_4029.jpg
おそろしく平らなんですけど。いいんですか山の上なのにこんなに平らで。

そろそろおなかが空いたけれど、ランチはテントを設営してから。

先にご飯をセットして~
DSC_4024_20120919171627.jpg

はい、設営完了。って、途中の写真が(笑)
DSC_4036.jpg

私、このテントを設営する過程がすごく好き。

どこにどの向きで張るか、から始まって、

張り網やフライがピンと美しくなっているか、ペグの角度はきちんと固定されているか、

張ったら張ったで、いかに快適な居住空間を作り出すか?

今度は中の荷物の位置を変えてみたり、枕の高さを工夫してみたり。

一連の作業は、何かの儀式のようでもあり、

オトナのおままごとのようでもあり。

そんなこんなで、今夜の、私だけのお城完成。

14:00 ようやく本日のごはんにありつけた。
DSC_4030.jpg
メスティンで炊いた、さんまのかば焼きご飯と、じゃがりこサラダ、コーンスープ

なんか炭水化物ばっかり(苦笑)

食べ終わって少し休憩したら、夕方木曽駒に登ってみようかな。

明日はお天気下り坂だから、日の出が見れないかもしれないし。





続く



ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


山歩きも、トレランも、ブログの更新も亀ペースですみません。

週末はまたとあるお山を歩いてきます。

続きは週明けに・・・





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: ソロは楽し

    目目連さん

    はじめまして、コメントありがとうございます。
    テントはプロモンテ(ダンロップ)の二人用です。
    何せ初めて買ったテントなのでよくわかりませんが、
    今のところは問題なく使えています。
    野鳥の会はもともとガーデニングが好きで、
    庭にやってくる鳥さんから興味を持ちました。
    スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ムクドリ、ツバメ、ジョウビタキ、ヒバリなど
    近所でよく見かける小鳥です。
    ハイタカはすごいですね。猛禽類はモズ位しか見たことないかも?
    またそちらにも寄らせていただきますね。

  2. 目目連 | URL | GLZpgBss

    ソロは楽し

    ソロのテン泊は気楽でいいでしょー?
    テント内部がきちっと整頓されて、女性の繊細さがうかがえます。
    私なんか放りっぱなしですから。
    どのメーカーのテントですか?

    私は登り始めて下り終えるまで誰一人すれ違わないようなルートにソロで行きますので、その際は『MSR ドラゴンフライ』の爆音が寂しさを紛らわせてくれます。
    とっても具合のいいストーブなので超おすすめです。
    私のブログ内にも記事がありますので見てください。

    野鳥の会の会員さんですか。
    先日、家の外でスズメを掴んだ『ハイタカ』を見ました。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさん

    ありがとうございますヽ(^o^)丿
    ええっ、ソロテンやりましょうよ~ぜひぜひ☆
    ザックも同じDeva60(ですよね?)なんだからテントも大丈夫、入るってば♪
    パッキングはね、私もまだめちゃくちゃへたくそで・・・
    右に傾いたり左に傾いたり後ろに持って行かれそうになったり。形も不細工です(=_=)
    それはまぁ、場数を踏んで経験積むしかないのかなあと。。。
    明日は高山は雪がつきそうですが、標高を下げればまだもう少しテントも行けますものね、
    まだまだ楽しみますよ~☆

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    いつもコメントありがとうございます。
    木曽駒のテント場は快適でした♪
    山を歩くという行為は、自然の中を移動するじゃないですか。
    でもテントというのは、自然の中に留まる行為なわけで。似て非なるものという。
    小屋泊ではしっかりと守られている感があるかわりに、一旦部屋の中に入ってしまえば、そこまで自然を感じられないと思うんです。
    でもテントの場合、極薄い布を1~2枚隔てたその外は、もういやでも大自然に囲まれちゃうわけです。
    人の少ないテン場ならなおさら。
    テントを立て終わったその瞬間に、ちょっとだけ自然の仲間に入れてもらう、などと言ったらおこがましいかもしれないけれど、テントの中でお昼寝したり本を読んだり、ぼうっと雲の動きや草の揺れるのを眺めたり・・・
    歩くのとはまた別の、極上のひとときだなって思いました。(^^)

  5. momo | URL | mQop/nM.

    ソロテント泊おめでとう♪♪

    平日行ったから、快適ですね!!momoはソロはさすがにまだやったことなくて.....
    ザックに入らないよなぁ〜。テント分が.....
    パッキングの猛特訓しないといけない今日このごろです!!

  6. 翼@就業前 | URL | ZGMDThxQ

    おはようございます。
    ソロテン泊デビュー、おめでとうございます。
    場所選定も正解だったのでしょうか、テン場もなかなか快適
    だったようで。
    テントを設営する過程~ 何となくそんな気持ち… 分かり
    ますよ。
    大自然の中で、自分の寝場所の場所選びができるって、贅沢
    な話なんでしょうね。ここ最近、テントが欲しいなぁって思
    ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/165-5d2e1314
この記事へのトラックバック


最新記事