--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝霧、お花そして下山 【木曽駒ヶ岳】その3

2012年09月30日 23:43

初ソロテン泊 in 木曽駒ヶ岳 の続きです。

過去記事はこちら → その1 その2


朝。4時半過ぎにテントの外を覗くと・・・
DSC_4108.jpg

霧。やっぱりなぁ・・・

雨は降っていないだけましか。

どちらにしろ今日は千畳敷からロープウェイで一気に下りてしまう予定。

テン場からのご来光はあきらめて、朝食の準備に取り掛かる。



と、にわかにテントの外が明るくなってきた。



外を見ると、なんと太陽が顔を出していた。
DSC_4109.jpg

慌てて靴を履き、テントの外へ。

厚い雲の間から輝く日の出。幻想的な一瞬。
DSC_4119.jpg

テントについた朝露もキラキラと輝いて。
DSC_4123.jpg

ずっと眺めていると、日が昇るにつれて再び霧に包まれた。

霧に反射して、大きな大きな太陽になった。(クリックで拡大)
DSC_4124jog.jpg

中岳からテン場へ、どんどん下りてくるガス。
DSC_4125.jpg

一瞬だけ姿を見せた太陽は、やがて再び霧の中に飲まれていった。
DSC_4128.jpg

あらためて朝食。パン、スープ、野菜ジュース、ウィンナー炒め。
DSC_4127.jpg

朝食中に少し雨がぱらぱらとしたが、運よく撤収時には雨は免れた。

撤収にかかったのは1時間ほど。 AM7:20、テン場出発
DSC_4129.jpg

霧は濃くなっていた。視界10m少々というところか。
DSC_4132.jpg

危険個所も道迷いするような箇所もないけれど、気を付けて進む
DSC_4133.jpg

乗越浄土から見下ろせるはずの千畳敷も、今日は見えず・・・
DSC_4139.jpg

下るにつれて少しずつ視界はクリアになってきた。
DSC_4145.jpg

折角なので、おを愛でながら遊歩道経由でロープウェイ乗り場に向かうことに。

DSC_4154.jpg

ハクサンボウフウかな?
DSC_4143.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
DSC_4146.jpg

紫のはミソガワソウと思います
DSC_4151.jpg

コバイケイの黄葉が鮮やか
DSC_4124.jpg

オンダテその1
DSC_4159.jpg

オンダテその2 咲き初めはこのような白、日が経つにつれて上の写真のように赤くなるそうな
DSC_4203.jpg

また会えたね、イワヒバリくん
DSC_4173.jpg

たぶんカヤクグリ。お初にお目にかかります
DSC_4189.jpg

すばしこい
DSC_4191.jpg

ヤマトリカブト
DSC_4194.jpg

タカネグンナイフウロ
DSC_4201.jpg

チングルマ
DSC_4216.jpg

ウラジロナナカマドのぷりぷりした実
DSC_4222.jpg

歩いている間は雨に降られずに済んだ。

暑いので合羽を脱ぎ、遊歩道をのんびり歩き

AM9:00 ロープウェイ乗り場到着。

もう帰ってしまうのが名残惜しくて

最後の一杯を淹れる。
DSC_4224.jpg

コーヒーをすすっていたら、おそらく山岳警備員と思われる方に

おひとりですか?と声をかけられた。

そうですが、もう下山ですと伝えると、ああそうですか、と立ち去った。

私のテン泊装備を見て、今日の天候が悪化する中での単独かと

おそらく心配して声をかけてくださったようだ。

ありがとうございます。そして・・・すみません。


ロープウェイ乗り場に登山ポストがあり、そこにはくどいほどに

「単独は危険ですのでやめましょう」と書かれている。

単独で入山することを諸悪の根源のように言われるのは少し悲しいのと、

そう書かれているのにもかかわらず単独山行している自分が申し訳ない気持ちが入り混じる。

でも今回のようなゆるいテント泊だって、山は山。

単独山行ではいつも以上に気を引き締めて、慎重に、そして安全を心がけねば、と思った。


後ろ髪引かれながらロープウェイに乗車。もちろん待ち無し。
DSC_4229.jpg

下山後は菅の台バスセンターから少し戻ったところのこまくさの湯へ。
DSC_4236.jpg

電車の場合は菅の台の1つ手前のバス停、「駒ケ根ビューホテル前」で降りると便利。
DSC_4237.jpg

お風呂の後は、例のアレを食べるために明治亭へ。
DSC_4238.jpg

こまくさの湯の斜め向かい。感じの良いテラス席も。
DSC_4240.jpg
インター近くの店よりこちらの登山口店の方が断然空いていておススメ。

例のアレ・・・伊那谷名物、ソースかつ丼!本日はヒレで。これでも小サイズ。
DSC_4243.jpg

宝剣山荘で買ったバッヂと、頂上木曽小屋でゲットしたお守り。
DSC_4245.jpg



2日目のお天気は少々残念であったけれど、

ソロテントの楽しさは十分味わえた。

あとは、この装備で長時間歩ける足と体力をつけることが課題。






ぽちっと応援よろしくお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    続編、お待たせしました。
    楽しみにしていただいてありがとうございます(^^)
    カヤクグリ、貴重な出会いだったのでしょうかー。
    最初小っちゃいイワヒバリ?なんて思いました(苦笑)
    その場でわからなかったので、一生懸命何枚も写真をとって
    家に帰ってから調べました。
    あっ、それはお花の名前も同じです。
    ミヤマ・・・でなくて、タカネグンナイフウロの間違いのようです。
    (どこで間違えたんだろう・・・?)
    訂正しておきました。ご指摘ありがとうございました。流石お詳しいですね!
    私はまだまだ知らない名前の方が圧倒的に多くて、チョウノスケソウをチングルマだと思い込んでいたり、結構気づいてない間違いがありますので、間違えていた場合はまた教えて下さると嬉しいです(^_^;)
    ソースかつ丼は各地にあるようですね。
    ヒレとロースがあって、今回はヒレにしてみました。
    大して歩いていないのにカロリー摂りすぎですよね(苦笑)

  2. 翼@tea break | URL | ZGMDThxQ

    ソロテン泊の続編レポ、楽しみでした。
    一瞬の朝焼け、霧に反射した太陽も幻想的です。
    カヤクグリはラッキーでしたね。冬季はこちらの森でも
    時折見かけることはありますが、稀ですね。タカネでは
    なくて、ミヤマグンナイフウロですか?この花も一度は
    会ってみたいのですが、未だにお目に掛かれません。
    そうですか、ソースかつ丼ね。以前、上信道のパーキン
    グで食べたことがありましたけど、こちらの方がはるか
    にボリュームもあって美味しそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/167-46c666eb
この記事へのトラックバック


最新記事