--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏑木さんのセミナーに参加

2013年07月01日 16:26

先週、名古屋で行われた鏑木さんのトレラン机上セミナーに行ってきました。

C360_2013-06-26-19-01-37-348.jpg


申込日の翌日には満席になってしまった大人気講座。

申し込みのタイミングをピンポイントで教えてくれた友人に感謝です♪(-人-)

雨。

じめじめする空気の中、会場入りするとすでに多くの参加者が。

「初心者向けセミナー」の名目ではあるけれど、

みなさんなんだか筋骨隆々のエキスパートな方々に見えてしまうのは

単なる私の気おくれ、・・・ではなかったはず!

だって、名古屋でこういうセミナーって今までほとんどなかったですから。

誰にとっても貴重な機会ですよね!(^^)!


会場を迷ってしまって時間ギリギリになってしまったものの、

友人が前から二列目に席を確保してくれていました。ありがとう~☆

ワクワクして待つこと数分、鏑木さん登場!


内容は、

・トレランにハマったきっかけ(経験談)
・ロードとトレランの違いについて(走り方)
・世界と日本の山々の比較
・装備について
・ルートファインディングのコツ
・トレイルランナーのマナーと登山者への配慮
・出場レースの選び方
・ビッグホーン100体験記

と多岐にわたりました。


写真は装備説明の一コマ。
C360_2013-06-26-19-34-38-413.jpg

エマージェンシーキットの中身も。
C360_2013-06-26-19-35-28-652.jpg

時間がおして時計を気にしつつも、時折ジョークを交えながら

ひとつひとつ丁寧に説明してくださいました。


たくさんメモをとったのですが、その中で印象に残ったことば。

ロードのランニングは

「タイムだけが絶対的な価値を持つ」
「時間に管理されている」

ご自身の早稲田大学駅伝部時代の経験のつらさを物語る一言ですね。

私もロードからトレイルに入っていった人間なので、この感覚は理解できます。

フルをこのタイムで走れたから、次はこのタイムをめざそう、みたいな。

ロードの大会ってどうしてもそこが目標になってしまう。

だけど、鏑木さんの言うトレイルランニングとは

「楽しみの延長にレースがある」

この感覚って素敵じゃないですか?!

まさに私が走ることに求めているもの、ここにあり!と改めて思いました。



ロードのランニングだって、私たちはプロじゃないし、

本来は楽しみの延長にレースがあってもいいはずなんですけどね。

でもランニング雑誌などで必ず取り上げられるのは「タイム更新」。

まあ、マラソンって本来そういう競技ですもんね。


トレランだってレースではタイムも順位も競うわけですが、

マラソンと違うのは、距離が同じでもコース・ルートによって大きくタイムが変わり、

また季節・天候にも著しく左右されること。

マラソンのように走力・体力を鍛えなければいけないというフィジカルな面がある一方、

登山と同様、テクニックを磨かなければいけない知的なスポーツでもある。

その複雑さこそがトレランの面白さ。

先日、勢いに任せて書いたエントリ「私がトレイルランニングをする理由

でうまく説明できなかったことを、

鏑木さんは上記の端的な一言で、すべてを説明しきってしまわれたのでした。



そしてトレランのレースの楽しみ方の一つとして、

「普段個人ではなかなか行けない山を、レースでは

その山の中でより安全に遊ぶ時間をもらったという感覚で、

制限時間いっぱい使って楽しんでください。」

とも。

まさに鈍足トレイルランナー(=私)向けのお言葉、ありがとうございます!

※ただしこれは言うまでもなく、登山と同じく「山ではすべて自己責任」というベースの上で、ということだと思います。




先日、ビッグホーン100マイルのレースで日本人初優勝を飾った鏑木さん。

最後に、そのレースの模様も写真を交えながら紹介してくださいました。
C360_2013-06-26-20-30-08-946.jpg

レース開催地が田舎過ぎて日本食レストランが無かったそうで。

(最寄りの空港から600㎞!ご自身でレンタカーを運転して向かわれたそうです)

普段は胃腸を守るためにレース前は和食しか召し上がらないそうですが、

この時ばかりは開き直ってアメリカの脂っこいお食事をされたんですって。

で、胃腸は絶不調の状態でのぞんだレースが、結果はなんと、優勝!!

どうやら、その開き直りがリラックスにつながってよい結果を生んだらしいとか。

うーん、人間の身体って不思議ですね。

ともあれ、優勝おめでとうございます!!!

そしてあっという間の1時間半、楽しくためになるセミナーをありがとうございました(^o^)



最後にちゃっかりサインまでいただいちゃいました。
20130626.jpeg


鏑木さんプロデュースのレース、「神流トレイルラン&ウォーク

今夜、いよいよゼロ関門ですね! ちょっと遠いけど出てみたい♪

でも、いびがわと同日なんですよね・・・

あと数時間で心を決めなくちゃ(笑)



神流に参戦する方もしない方もポチッとプリーズ↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ



サインをいただいたのはこちらの本です♪

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: お久しぶりです

    キタキタさん!ご無沙汰しています。
    コメントありがとうございます(*^_^*)

    鏑木さんの人気の秘訣は、もちろん輝かしい成績もでしょうけれど
    やっぱりお人柄ですよね!

    優しくて強い。まさにその通り。

    本当に強い人って、優しいんですよね。

    自然にも周りの人にも。

    今年のUTMFの開会式でも、日本語と英語と両方でスピーチされていましたが、
    自然、選手、ボランティア、地元の人たち、みんなに感謝されていて、
    なんて素敵な言葉なんだろうと、私は一人こっそり涙ぐんだのでした。

    キタキタさんは私からみたら十分お速いと思いますが、
    それぞれの楽しみ方で山を楽しめる、それがトレランいいところですよね☆

    またどこかの大会でハリ坊を見かけたらお声かけさせていただきます♪

  2. キタキタ | URL | mQop/nM.

    お久しぶりです

    こんにちはー。
    ひょっこりブログ再開されてましたねー。
    またちょこちょこのぞきにきますよ~。

    鏑木さんのセミナー、うらやましい!
    私は朝ランに出かける前や、週末トレイルにでかけるときは鏑木さんのDVDを何かしら見てモチベーションをあげてます。
    ん~一度、生で鏑木さんの話を聞いてみたいです。

    鏑木さんの言葉ってほんといつもいいですね、やさしくって強くって。
    私もスピードないので、長い距離もしくは時間を目指して、アドレナリンがじわじわでるのを楽しんでるって感じです。

    あと、エキスパートそうな人たちがずらりっていいうの、笑えますね(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/176-3a8ed931
この記事へのトラックバック


最新記事