--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ヶ岳 【リハビリ山行】

2013年07月03日 16:02

捻挫から3週間。

少しずつロードのラン練習も再開し、そろそろ山も行けるかな?


と、梅雨の合間に山梨へ。

C360_2013-06-30-08-23-01-312.jpg

痛みは無いが多少の違和感が残っているので、ここは無理せず

走らず歩きでの山復活をめざします。
中央道韮崎ICを北上、すぐ。

朝7時半すぎ、登山口である深田記念公園に駐車。

お隣の車をちらりと見ると、足元がトレランシューズ。

お聞きすると、もう一汗かいてきて終了だとか。流石。



駐車場の奥へ進むと登山口。

取りつきはゆるやか。まさにトレラン向き。
C360_2013-06-30-08-22-43-773.jpg

うー走りたい。

しかしリハビリトレッキングの私は我慢して歩く。


むせかえるような緑の匂いを肺一杯吸い込んで。
C360_2013-06-30-09-17-27-636.jpg

少し進むと再び道路に出た。
C360_2013-06-30-08-32-14-609.jpg

突っ切って先の登山道へ。

殆ど平坦だった道は、ここから先、徐々に傾斜がついてくる。

久しぶりの有酸素運動に、とまどう心臓。

心拍計の数値を気にしつつ、ペースを調整しながらゆっくりゆっくり。

しばらくすると、女岩の看板。
C360_2013-06-30-09-02-38-104.jpg

時計を確認すると、登山口出発からまだ50分。

あれっ、山と高原地図では女岩まで1時間20分のはずだが?

よく読むと落石のため女岩までは行けず、「手前50m」

そっか、通行止めになったあと50mが30分かかる道だったんだねきっと?笑


さあここから急登らしい。よしっ!頑張れ私。
C360_2013-06-30-09-03-12-494.jpg

途中、左下に女岩らしき岩がちらりと見えた。
C360_2013-06-30-09-09-16-159.jpg

ガレた岩道の合間に現れたフカフカの腐葉土道。
C360_2013-06-30-09-15-49-329.jpg

もう蝉の季節。
C360_2013-06-30-09-27-56-476.jpg

でも、声が聞こえないな?と思っていたら、

9時過ぎ、気温が上がってきたころに一斉にジジジ、と鳴き始めた。


やがて尾根に乗る。
C360_2013-06-30-09-40-27-563.jpg

深田久弥氏はここで亡くなった。
C360_2013-06-30-09-44-32-946.jpg

この茅ヶ岳は百名山ハンターたちの聖地である。

無事百名山を完登した人々が、その最後にお礼参りにこの山に登るのである。

私はまだ17座しか登っていないのに登ってしまった。

でも百名山にこだわっているわけではないから、ま、いいよね。


この碑からは道も細くすこし険しくなる。

が、それも短い。碑から20分ほどで山頂到着。

女岩からコースタイム1時間のところ、1時間10分かかった。

やはりこの公式は成り立つことが証明された:

 等高線の幅 広=私のスピードアップ
 等高線の幅 狭=私の著しいスピードダウン (苦笑)

捻挫のリハビリ期間中ということは関係なく、

元気な時だって同じなのである。しょぼぼん。



山頂にて。喜びの舞 山ヨガ♪
C360_2013-06-30-11-07-19-253.jpg
久しぶりの山でテンション壊れ気味。


本日は軽ザックのため、簡単ランチ。
C360_2013-06-30-10-06-49-053.jpg

12Lのトレランパックに雨具上下、エマージェンシーキット、水1L。

先日の鏑木さんのセミナーでヒントを得、最低限のものを厳選し軽量化にトライ

結果、今回はストーブ&贅沢ごはん&山頂コーヒーを切り捨てた。

「行く山、スタイルによって切り捨てるもの/持っていくもの/行程を変える」

というアプローチ、今までも何となくやっていたけれど、

今後は更に意識して、積極的に取り入れていきたいなと。

山を楽しむバリエーションとして。






茅ヶ岳、360度の視界を誇る山頂、のはずが

この日は、360度のガス。

・・・ま、予想はしてましたが。


で、なんとか一瞬見えたお隣の金ヶ岳。
C360_2013-06-30-11-02-42-267.jpg

トレランならば金ヶ岳からふれあいの里へ下りるコースも面白そう♪

などと、地図とにらめっこしながらすでに次回の山行を妄想。

捕らぬ狸のナントカ。



到着したときは山ガール1組しかいなかった山頂も、

のんびりしているうちに増えに増えて、20人以上!

そろそろ退散したほうがよさそう。

ピストンの予定だったが、尾根道で帰ることに。
C360_2013-06-30-11-12-47-882.jpg
しっかり道はついていた。

荒れているかな?との心配は無用であった。


C360_2013-06-30-11-36-13-973.jpg

極上の尾根道。
C360_2013-06-30-11-45-01-483.jpg

登りに使った道は急斜面はジグザグに道がつけられていたが、

この尾根道は比較的直登気味であり、岩も多い。

下りは楽だけど、登りはちょっとハードかも。

そういう意味では、登りに谷道を、下りに尾根道を使って正解だった。

C360_2013-06-30-11-59-46-312.jpg

結局、帰路の尾根道では誰にも会うことなく終了。

C360_2013-06-30-12-12-11-038.jpg

いいなぁこのルート。ピストンより断然おすすめ!


尾根道に咲いてる私に会いにきてね。byあざみ
C360_2013-06-30-12-02-05-726.jpg

尾根道の最後にて、来た道を振り返って
C360_2013-06-30-12-12-23-800.jpg

「駐車場」の矢印に従って下りると、道路に出た。

ここから100mくらい下ったところで、朝の道に合流。
C360_2013-06-30-12-15-39-543.jpg

テンションがあがって、登山靴なのに走ってしまいました
C360_2013-06-30-12-22-50-878.jpg

あっと言う間に終了。山頂から1時間20分。

うーん、なんだか物足りない・・・
C360_2013-06-30-12-30-05-300.jpg

というわけで、

駐車場手前にある深田記念公園にて

山頂で我慢した、コーヒータイムをここで。
C360_2013-06-30-13-08-31-872.jpg
コーヒーセットは車まで一旦取りに帰りました

銀座の「カフェ・ド・ランブル」の豆でプチ贅沢。

暑くて汗だくだけれど、温かいものが胃に滲みこんでいく感じがいい。

家ではいつもミルクを入れるけれど、山ではブラックが美味しい。

コーヒーの表面に映る木々の影をうっとりと見つめながら、

今日の山行の余韻に浸る、極上のひととき。



・・・

・・・・・

・・・・・・・・


は、帰りの中央道激渋滞でぶち壊しに(苦笑)
C360_2013-06-30-20-04-07-655.jpg
笹子トンネルの事故を受けて、恵那山トンネル工事のため下り通行止め&対面通行中→2013.7.10まで

予定より2時間近く遅れて帰宅。

あやうく、ヤマケンさんの情熱大陸見そびれるところでした。

ギリギリ間に合ってよかったー!ふぅ。

・・・

情熱大陸、UTMFのスタート風景に、私、映り込んでました(笑

いえ、出てませんけど。友人のサポートで行っておりまして^^;


そのレポも本当は書きたいのだけれど、膨大な量になりそうで(恐怖)


そのうち書きます。そのうちね。 (いつになることやら)




↓なかなかゼロ関門突破できず、ついてない私に愛のポチを!(神流アウトでした。涙)
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ





スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    翼さん

    ありがとうございます♪ 足はともかく、気持ちは元気です。
    気持ちに羽が生えて、山頂までふわふわ飛んでいきそうなくらい。

    膝のお怪我ですか。大変でしたね。
    また、ということは、右は手術なさったのでしょうか。
    ともあれ、至仏山リハビリ登山、おめでとうございます。
    至仏山、武尊山、尾瀬・・・群馬の山に憧れます。
    こちらからは遠いですが、いつか行きたいと思ってます。

    中央道は、いつもは関東方面ほどは混まないんですけどね。
    この日も関東方面は大月から20㎞の渋滞でしたもの。
    工事が終わるまであと少しですから、それまでは
    長野方面への山行はおあずけにしておきます(笑)

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: こんにちわ

    devilmanさん

    ありがとうございます、こちらこそご無沙汰しています!
    富士見平小屋でボランティア、頭が下がります。

    私、実はGWに富士見平でテント泊してましたよ☆お会いしていたかも?
    トレランレースの下見で棒道~観音平~三味線滝あたりも行ったりして、
    5・6月だけで4回も山梨に足を運びました。なんだか山梨が近くなりつつあります。
    石楠花の季節は逃しましたが、小川山、金峰山も登ってみたいです。
    また富士見平小屋にも寄らせていただきます。あそこのコーヒーは格別ですものね。

    セルフレスキュー、大袈裟な言葉を書きましたが、
    人に迷惑をかけない、極力自分で下山しましょう、という意味で使いました。
    そのためには「遭難したときの備え」以前、つまり「極力遭難しないため」の装備。
    道迷い、疲労といった軽微なきっかけでの遭難は自分の努力次第で防げますから。

    トレランはとかく走りのテクニックばかりに意識がいきがちですが、山は山。
    以前、devilmanさんにご指摘いただいた「どんな山であってもヘッデンは持っていくべき」
    とのお言葉が頭から離れずにいます。

    トレランと登山は山行スタイルが違うから準備の内容も違ってきますけれど、
    トレランだから危険、登山の装備だから安全、とは私は思っていなくて、
    どちらも山に入る限りはその覚悟と準備をしっかりしなくちゃね、と。
    devilmanさんのお言葉をいただいてから、自分に言い聞かせています。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    momoさん

    ありがとうございます☆ボチボチです^^
    情熱大陸見てましたか~
    いや、わからなくていいですよ(笑)
    ぜひヤマケンさんの素晴らしい走りを見てください♪

    茅が岳、やっぱり!晴れた日はそんなに見えるんですね。
    リベンジしないとね!でも暑いから秋かなぁ・・・
    これからは高山ですよね!


  4. | URL | ZGMDThxQ

    元気そうな「山ヨガ?」の画像を見て安心しましたよ。
    私も右膝(半月板断裂)に次いで左膝を病んでしまい、
    「また手術か…」と落ち込んでいましたが、どうやら
    関節炎だったようで徐々に回復、先日は至仏山にリハ
    ビリ登山でした。
    知りませんでしたよ、深田久弥さんの話。茅ケ岳が最
    後だったのですね。帰りの中央道はご愁傷様です。こ
    ういうのってガックリくるよね。
    ま、ともかくこうしてまたレポが読めるようになった
    ので、ヨカッタ、よかった。

  5. devilman | URL | -

    こんにちわ

    ご無沙汰しています。
    いろいろと大変だったようですね。無理なさらないでくださいね。

    茅が岳とのこと、正月以来、富士見平小屋でボランティアとレスキューチームの活動をしていますので、親近感があり、お声をおかけしました。

    富士見平のFBなどでも、情報提供しています。ぜひ、また富士見平においでください。月一くらいで小屋に詰めて、小屋の仕事をしながら、登山者の指導とレスキューの待機をしています。

    トレラン、ブームみたいですね。どこまでをセルフレスキューとお考えなのか、わかりませんが、どうかくれぐれもお気をつけて。

    コーヒーとバラジャムを味わいに来てくださいね。

  6. momo | URL | mQop/nM.

    おぉ!!
    Mikiさん♪
    トレラン、がんばってますね〜〜!!
    その後、調子はどうでしょうか??

    情熱大陸みたよぉー。トレランのやつでしょ??映ってたの???????
    わからなかった〜〜〜〜。残念....

    茅ヶ岳はmomoもいきましたよ〜。歩いてだけれどね。晴れてて富士山もみえましたよ。あそこは晴れたらとってもすてきな山です!!v-218

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/177-ad5b7a50
この記事へのトラックバック


最新記事