--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北岳 テント泊【1日目】 2013.07.13

2013年07月19日 23:22

三連休。

家を出る前、お天気はイマイチかもしれないので、少し躊躇していました。

P7130035.jpg


当初の計画は、テント泊2泊3日での白峰三山縦走。

しかし、今回は、今年初めての“がっつり歩き”のテン泊。

加えて天候もイマイチとくれば、北岳ピストンが現実的か。

いや、北岳まで行けたらいいけれど、お天気どうかしら。

トキメキと不安の両方を抱えながら芦安へ車を飛ばす。

夜中2時過ぎに着いたときには、もう第5駐車場--;

先日の記事で書いた車中泊セットで速攻就寝。



1時間半程度眠って目覚ましで起きたのが4時。

周りを見ると、もうバッチリ準備して出かけるだけの人も。

えええー!みんな早くない?

慌てて起きだして準備。

乗合タクシーの始発は5:10、バスの始発は5:30。

5:10ごろ乗り場に行くと、バス待ちの長蛇の列。

ひぇ~
DSC_6612.jpg
どれだけ待ったら乗れるのかな。。。

と心配したものの、結局6時前には乗れた。

1時間立ちっぱなしだったけど--;

あっ吊り橋だ!
DSC_6615.jpg
北岳方面はこの吊り橋を渡る。

広河原山荘にて登山計画書を提出。
DSC_6619.jpg
縦走ルートを書くが、念のため代替案のピストンルートも記入。

7:30 いざ、出陣!
DSC_6621.jpg


DSC_6622.jpg

2、30分程歩くと白根御池小屋コースと大樺沢コースの分岐へ。
DSC_6623.jpg

実は、天候と体調によっては、北岳に登らずに

白根御池でまったりして敗退、というのも考えていた。

しかし今のところどちらも何とか持っている。


よしっ上までは行こう、と決めて大樺沢コースへ。
DSC_6625.jpg

P7130001.jpg

P7130009.jpg

P7130010.jpg

下から二俣の分岐までずっと、ひっきりなしに人が登っていく。

そこかしこで自然発生する、渋滞。

亀ペースの私は、しめしめ、この隙に休憩できるぞ、などと

はじめはぬか喜びしたいたのだけれど。

ゆっくり一定ペースで歩きたい私は、

頻繁に立ち止まるのが、逆にすごく疲れる。

二俣についたころには、身体がおっつかなくなってきた。


よしっ、ここで大休憩だ。


二俣にはトイレも!便利ね。だけど渋滞^^;
DSC_6628.jpg


おやつをむしゃむしゃ。
DSC_6626.jpg
久しぶりに食べるチップスター、美味しいなぁ。


のんびり40分近くも休んでいる間、どっちへ行くか迷っていた。

八本歯か、右俣か。
DSC_6629.jpg

DSC_6627.jpg

もちろんアイゼンは持ってきていたけれど、

八本歯の急斜面を見たら・・・

P7130012.jpg
うへ~~~

右俣を選択。

この時点で縦走案は消えた。

だって肩の小屋泊では、2日目が長すぎるから。

そもそも、この時点でうへーとか言っているようでは縦走など無理だし。

雪渓を左に見ながら右俣コースを登っていく。
DSC_6637.jpg

途中から小雨が降ってきて、やみそうもないので

合羽のズボンをはく。上はどんなお天気か気になる。


すごいなぁ、あの急斜面。みんな登ってる。
DSC_6634.jpg


右俣コースも、二俣を過ぎてからは、結構な急登が続く。
P7130029.jpg

途中何度も呼吸を整えながら、お花に励まされながら。
DSC_6652.jpg

ようやく草すべりとの分岐。
DSC_6646.jpg
鳳凰三山の高さが同じ目線になってきた!

寝不足もあるのか、ゆっくりしか進めない。

足かせをつけた囚人のように登っていると、下ってきたハイカーさんから

もうちょっと行くと富士山が見えるから頑張ってね、と。

わー本当?一気にテンションが上がる。

そして・・・
DSC_6653.jpg
見えた♪ 富士ちゃま。

写真ではうっすいけど^^;

肉眼ではもう少し見えました。


さらに進むと、小太郎尾根分岐へ、ひょっこりと出た。

そして・・・

甲斐駒ーーー!
DSC_6656.jpg
よっ、久しぶり!元気だったか?


小太郎尾根に出たら、薄日が差してきた。

風も無く、さわやか。

暑くなってきた合羽を脱ぐ。

あと一息、がんばって行こう。

DSC_6669.jpg

ガレた稜線、お花畑、ひんやりと顔をなでる風。

1年間、恋焦がれて、待ちに待った、この景色。この空間。この時間。
DSC_6672.jpg

今年は、間に合ってよかった。
DSC_6674.jpg

PM 3:00 テン場到着。ふぅ~

スタートから実に7時間半。CP2時間オーバー。

どんだけ牛歩戦術やねん私(>_<)


小屋のずいぶん手前から、すごい数のテント・テント・テント。

必死で張るスペースを探しているうちにも、

どんどん場所が埋まっていく。

稜線は西風がきついので避け、かなり下った鳳凰側になんとか張ることができた。
DSC_6676.jpg
アクアの車中泊より足元がナナメってるけど--;

しかしあまり風の影響は受けないようだ。よかった。


本来は先にテント受付をしてから張らなければいけないのだけれど、

こんな状況なので先に張ってしまってごめんなさい・・・

さ、受付いかなゃ・・・あ、その前にザックを中にしまって・・・

シュラフも出しておこう・・・

うーん。ふかふかで気持ちいい・・・なぁ・・・・・ZZZZ


ハッ!



気づいたら PM7:00 過ぎ。

時間がワープしてるんですけど(泣)


暗くなる前に受付しなきゃ。小屋へ急ぐ。 
 DSC_6679.jpg
(この赤いテントは私のじゃありません)

DSC_6680.jpg

山小屋って、それぞれ雰囲気が違うけれど、

ここの肩の小屋もなんだか個性的な感じだった。
DSC_6682.jpg


テントに戻る前に、仙丈ケ岳側にほんの少しだけ見えた、夕暮れの光。
DSC_6677.jpg

たっぷりお昼寝したけれど、まだ眠れそう。

さっさとご飯を済ませて、おやすみなさい・・・



今夜のメニュー:さとうのご飯、ハンバーグ&カレー




二日目に続く



週末はレース!ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさんへ

    そう、あそこに(笑)
    というか、1日目は激混みであそこも先客で埋まっていたので、
    もう少し上のところに張ったのです。
    で、朝皆さんが撤収しはじめたところを狙って
    もう少し平らなところに移動したという。
    あそこに行くためにはmomoさんテントの前を何度も往復してたはずなんだけどー^^

    白根御池のソフト、私も帰りに食べました!
    んがっ、定番バニラを注文・・・
    限定の桃味を注文すべきだったわけね。
    こりゃもう一回北岳登らないといけないみたい?(笑)

  2. momo | URL | mQop/nM.

    Mikiさーん!!Mikiさんのテン場、わかったー。覚えがある〜。あそこに立ててたんだね!!^ー^
    ご近所さんだったんだね〜♪♪

    しかし、大樺沢の渋滞はすごかったね〜。自分のペースで歩けないから疲れたよね〜。
    momoたちは、脱落して白根御池で泊まっちゃったけどね〜。Mikiさんががんばって登ってるとき..... 白根御池コヤのソフトクリーム食べてたよん。ウフフフフ♪♪
    お互い、念願の北岳!!行けてよかったよね〜^ー^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/182-c8d37f44
この記事へのトラックバック


最新記事