--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北岳のお花たち 2013

2013年07月24日 21:02

北岳ネタ、しつこく続きます(笑)


だって、この時期に北岳に登ってコレの写真がないんじゃ、ねぇ。

DSC_6819.jpg

そう、お花たち。

なんてったって「花の北岳」ですからね。

噂には聞いていましたが、それはそれは見事でした。


特に稜線はもう、ずぅ~~~っとお花お花お花。
DSC_6803.jpg

文字通り、お花畑の間を歩いているようでした。

P7140062.jpg


二日目、肩の小屋から北岳山荘往復の短い距離を歩くのに

異様に時間がかかっていたのは、実は

お花の写真を撮りまくっていたからなんです。

キタダケソウも、まだ残っているのではと

目を皿のようにして探しながら歩きました。



今日は写真が多くてレポには収まりきらなかった、

北岳の可愛らしいお花たちを紹介します。


・・・

もちろんキタダケソウも、ね♪





ひたすら写真です(笑)



【キバナノコマノツメ】
P7130027.jpg
DSC_6638.jpg
すみれの形。

【イワベンケイ】
DSC_6724.jpg
DSC_6744.jpg
DSC_6785.jpg
青いつぼみが開いてくると黄色~赤に。グラデーションがとても綺麗。

【キバナシャクナゲ】
DSC_6721.jpg
黄色というよりクリーム色かな。

【イワウメ】
DSC_6717.jpg

【ハクサンイチゲ】
DSC_6716.jpg
DSC_6825.jpg
DSC_6827.jpg
とにかくその数で他を圧倒していた。


【ミヤネシオガマ】
DSC_6714.jpg
DSC_6850.jpg
帰宅して花図鑑で調べるまで、ヨツバシオガマだと思ってました。
「何てお花ですか?」と通りすがりのハイカーさんに尋ねられ、
「ヨツバシオガマです☆」と自信満々に答えていた嘘つきヤローは私です。
あのときのハイカーさんごめんなさい。

【アオノツガザクラとイワカガミ】
DSC_6665.jpg
白とピンクのキュートな組み合わせ。
アオノツガザクラは緑がかった白。スズラン型が可愛い。

【イワカガミ】
P7130038.jpg
もしかしたらコイワカガミかも?
近所の低山では4月~5月に見るお花だけど、
7月にまだ見られるなんて。

【ハクサンチドリ】
DSC_6649.jpg

【オヤマノエンドウ】
DSC_6614.jpg
DSC_6806.jpg
たしかにマメ科らしい、スィートピーみたいなお花の形。

【ハハコヨモギ】
DSC_6791.jpg
DSC_6748.jpg
つぼみ。

【ハハコヨモギとオヤマノエンドウ】
DSC_6749.jpg
シルバー×紫、エレガントな組み合わせ

【ハハコヨモギとイワベンケイ】
DSC_6769.jpg
シルバー×黄緑の組み合わせになると元気でかわいらしい感じ

【チョウノスケソウ】
DSC_6788.jpg
出会えると嬉しくなるお花の一つ。

DSC_6831.jpg
ギザギザのわかめみたいな葉っぱが特徴。
ハクサンイチゲより背が低く、蕊の黄色が濃い。
8月になると花穂がチングルマとそっくりで間違える(笑)

【チョウノスケソウと仙丈ケ岳】
DSC_6787.jpg
岩にしがみついてがんばるチョウノスケ君。女王様をバックに

【タカネツメクサとキバナノコマノツメ】
DSC_6795.jpg

【イワツメクサ】
DSC_6847.jpg
同じ「ツメクサ」でもこちらはもっと繊細。

【ミネウスユキソウ】
DSC_6790.jpg
エーデルワイスの仲間。

【イワヒゲ】
DSC_6818.jpg

【ミヤマオダマキ、ハクサンイチゲ、イワベンケイ】
DSC_6816.jpg
素晴らしい大自然の寄せ植え。

【ミヤマオダマキ】
DSC_6866lll.jpg
オダマキは大好きな花で、一時は園芸種を庭に植えていたほど。
豪華な花をつける改良品種もいいが、山野に凛と咲く野趣溢れる原種もまた良し。

【イワオウギ】
DSC_6805.jpg

【シナノキンバイ】
DSC_6815.jpg
DSC_6814.jpg
DSC_6648.jpg

【ミヤマキンバイ】
DSC_6794.jpg
DSC_6793.jpg
シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ
ぜーんぶ黄色いお花で似た名前(>_<)
見分けはつくが、どのお花がどの名前だったかが思い出せません(苦笑)

【コメバツガザクラ】
DSC_6777.jpg
つぼみ。

【サンリンソウ】
DSC_6651.jpg
DSC_6914.jpg
このお花は初めて見ました!うーん、かわいい。

【ゴゼンタチバナ】
DSC_6929.jpg
花も好きだけれど、実もかわいい。

【マイヅルソウ】
DSC_6938.jpg
DSC_6937LLL.jpg
このお花も大好きなお花。見つけるとテンションがあがる。

【ミヤマコゴメグサ】
P7130015.jpg

【タカネグンナイフウロ】
DSC_6918.jpg
フウロも好きなお花。
陽射しが強すぎて、可愛く撮ってあげられなかった。ごめんよ。

【クロユリ】
DSC_6861.jpg
残念!まだつぼみでした




【キタダケソウを探して】

2日目、北岳山荘からの帰り道。

行きはある程度快調に歩いたが、帰りは思いっきり道草して、

お花の撮影大会。

時間もたっぷりあるし、道もわかってるし。


マクロ撮影していたら、男性ハイカーさんが「キタダケソウ見た?」と。

探しているのだけれどまだ見つけていません、と伝えると

その方もやっぱり見つけられないでいるのだそう。

八本歯の分岐付近で見た人がいるらしい、との情報を聞き、

なんとなく同じようなペースでキョロキョロと探しながら進む。

聞けばその方は今朝、肩の小屋から間ノ岳までピストンして

戻ってきてなおキタダケソウを探しているらしい。

素晴らしい体力。

ぬるぬると北岳山荘で山頂珈琲してる身には耳が痛い。


手分けしてさんざん探しまくったが結局見つけられず。

あきらめて戻ることになった。

私は肩の小屋に戻る、と伝えると

彼は去り際に、さわやかスマイルで言い放ったのだった:

「来ただけ(北岳)じゃなく登って帰らないとね♪」

えっ(・・;)

肩の小屋方面に帰るには、もう一度北岳山頂を踏まなければいけない私に

励ましのお言葉・・・だったと思う事にしよう。

そして、昨日、肩の小屋のすぐ下にキタダケソウを見た、とも。

なんですと!?

それを先に教えてくださいよ~。

ならば、肩の小屋のテン場に泊まるこちらとしては、

登山道で見つけられなかったとしても、とりあえずお花は見られそうだ、と一安心。

別れを告げて、マルキマークの急登を登り返す。

と、山ボ・山ガ風の3人組が下ってきたので道を譲る。


山ボ「どれがキタダケソウかわかんねーよ。みんな同じに見える」

山ガ「フフフ」

 私「あのっ!キタダケソウ見たんですか!?!?」

山ガ「あー、山頂から肩の小屋までの間にちらほらありましたよ」

 私「えっ!ハクサンイチゲじゃないですよね!?」

山ガ「いえ、だって葉っぱの形が全然違いますよね」

 私「…そうですね」


うそーーー?散々見てきたはずだが・・・

と思いながら、山頂を越して肩の小屋に下り始めるが、


ない。


キタダケソウは、咲いてない。


代わりにちらほら見かけたのは、チョウノスケソウだった。


(あの彼女、さてはチョウノスケソウと間違えてないか?)

との疑念がよぎったが、最後まであきらめずに探すも、見つからず。


結局、登山道にキタダケソウは見つからなかった。

でも、教えてもらった場所に、キタダケソウは咲いていた。



【キタダケソウ】
DSC_6857.jpg
やっと出会えたね。

DSC_6862.jpg
うっとり

DSC_6860.jpg
ハクサンイチゲとの比較。葉の形が決定的に違う。




キタダケソウ、北岳だけに咲く花。

梅雨明けから7月上旬ぐらいまでしか咲かないという。

私が訪れたのは7月中旬であったが、なんとか間に合ってよかった。



「北岳に登ってキタダケソウを見る」

夢のひとつが、かなった。



天候不順だったり、歩調が鈍かったり

なかなか思いどおりには行かなかったけれど、

北岳のお花たちは

そういうアンラッキーをカバーして

ありあまるほどの幸せを 私にくれましたとさ。

DSC_6801.jpg
ありがとうね、お花たち。





おしまい♪




さぁ、次の目標はなぁに? ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    きょこさん

    はい、キタダケソウ、出会えました~ヽ(^o^)丿
    ありがとうございます☆

    > キタダケソウの花期はとても短いので、それ目当てに登ってきた登山客を
    > がっかりさせないようにと雪を盛ったりして咲く時期を遅らせて
    > 少しでも多くの方が楽しめるように工夫されてるんだとか。

    こういう気遣い、嬉しいですね~
    植物の保護は色々な山で行われているようですが
    雪を盛って開花時期を調節とか、涙ぐましい努力
    頭が下がります!

    8月の北岳の写真、別の方のブログで拝見しましたら
    より一層カラフルで、それはそれは素敵でした~
    1年に2度も北岳なんて羨ましい!
    時期を変えて同じ山に登るのって、
    また違った楽しみがあっていいですよね♪
    そういう登山スタイル、とっても好きです。
    楽しんでらしてくださいね☆

  2. きょこ | URL | nEZ6Tck6

    素晴らしいお花たち!

    念願のキタダケソウ、見られたんですね~♪
    おめでとうございます!!

    肩の小屋周辺のキタダケソウは、小屋のご主人達が元々の群生地から
    種を持って帰って(移植してだったかな?)大切に育て続けてる株なんだそうですよ♪

    キタダケソウの花期はとても短いので、それ目当てに登ってきた登山客を
    がっかりさせないようにと雪を盛ったりして咲く時期を遅らせて
    少しでも多くの方が楽しめるように工夫されてるんだとか。
    お酒の席だったのでうろ覚え情報ですが・・・(笑
    なので、Mikiさん間に合うんじゃないかな~と思ってました^_^v

    その他のお花も見事な咲きっぷりですね!
    3週間前に登ったときはほとんど白一色で
    こんなにカラフルじゃなかったんで羨ましい^_^
    来月中にまた訪れたいので、それまで長持ちしてほしいです~!

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    ぶ~ちゃん

    コメありです☆

    そういえば、南アルプス全体だったかキタダケだったか、
    少しずつ隆起しているという話を聞いたことがあったので
    調べてみました。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B2%B3

    wikipediaなのでどこまで正確かわかりませんが、
    測量間違いというか、三角点の高さで表示されていたのが
    より高い位置での表記に変わったということみたいですねー
    結局隆起しているかどうかはわかりませんでした。

    22年前!!!
    そのころの私、完全にインドアな生活を送っておりました・・・
    運動してないから汗がかけず、サウナで倒れて
    すっぽんぽんで救急車に運ばれた思い出が(笑
    今はちょっと動くと関取級の滝汗。両極端です^^;

    証拠写真ぜひお願いします♪

  4. ぶ~ちゃん | URL | -

    お久しぶりで今更?のコメント(笑)
    北岳って”3193m”になったんだぁ~山頂の写真見てビックリしたわ。
    確か自分の時はと思い、22年前(古っ)の写真を見ると”3192.4m”と。
    (証拠写真、あっちに載せとく?)
    ってことは1年に約3cm隆起してるんだねぇ~
    えっ違う?最近の登山事情よくわからなくて…

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    今がお花の一番いい季節ですね!
    昨年は8月中旬にようやく骨折から復活したものの、
    7月のお花の時期は逃していたので、そのリベンジもありました。

    翼さんは体調の方はいかがですか?
    私の方は、また膝の調子があまり良くありません。
    お互い無理のない範囲で山を楽しみたいですね^^
    (本当は無理してでも山に行きたいのだけれど。笑)

  6. Miki@宵の明星 | URL | -

    げんさん

    こちらこそご無沙汰しています。
    コメントありがとうございます♪

    えーっ北岳日帰り予定されてたのですか。
    あの数珠つなぎの列だと、抜かすのも大変そうでしたよ。
    ま、私は抜かされるほうですが(笑)
    でも2日目、3日目の上はそう激混みでもなかったので
    1日ずらせば日帰りできたかもしれませんね。

    北アはお天気悪かったのですね。
    もし北岳でニアミスでしたら、げんさんの美味しい山ごはんが
    覗けたチャンスだったかもしれないのに、残念!
    オシャレ山ごはん、いつか真似したいですー☆

  7. | URL | ZGMDThxQ

    凄いなぁ… 見たい!逢いたい!花々がいっぱい。
    今までに2回もお預けとなっている「来ただけ??北岳」
    いつの日か登りたい!って思いばかりで、なかなか行動が
    伴いません。やっぱ思い切らないとダメですね。
    いつの日か、いや、近いうちにきっと。
    それにしても、うっとりだなぁ 何度見ても…。

  8. げんさん | URL | klq26XPE

    ご無沙汰しています。
    私も3連休、北岳にしようかと迷ったのですが、北アに転進して敗退しましたw
    やはり南のほうがよかったですね。
    初日の記事から拝見しましたが、それにしてもスゴい人の多さですね。。。
    これでは北岳日帰りは無理だったかも。

    この夏にはまた北岳登りたくなりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/186-9fe421b0
この記事へのトラックバック


最新記事