--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂先に登ってみた。【槍ヶ岳】2日目その2

2013年08月20日 15:04

槍ヶ岳登山の続きです。前回まで⇒


ここまでは20Lのサブパックで来たが、

このお天気なので雨具やポールなど嵩張る不用品を

全部ひとまとめにし、山荘横にデポ。

さらに軽くなったパックを背負って

いよいよ初体験の穂先へとりつく。

@AM8:30
DSC_7461.jpg
うーん。なんか、登れる気がしないんですけど(笑)

でもみんな登ってるから大丈夫なはず。たぶん、きっと。


まずは矢印に沿って登っていく。
DSC_7466.jpg

しばらく登ったところ。
DSC_7469.jpg
こうして見下ろすと高度感がある。

しかし、手足をかけるところは意外に多く、

三点確保をしっかりやっていれば大丈夫な感じ。

とはいえ落ちれば確実に死ぬだろうけれど(^^;

(※ 写真は十分に安全確保して撮っています)


槍ヶ岳山荘も小さくなっていく。
DSC_7468.jpg

小槍が同じ目線に見えてきた。
DSC_7467.jpg


上り・下り専用ハシゴ。
DSC_7474.jpg
手前の短いのが上り専用。

梯子の上についている人工足場
DSC_7475.jpg
なかなか足が届かなくて、ここだけは少し難儀した。


続いて、またハシゴ
DSC_7476.jpg
思っていたより短い。

雨や霧で濡れていたら多少緊張を強いられそうだが

この日はからりと晴れてくれて、奇跡的に微風。

滑ったりということもないので落ち着いて淡々と登る。


最後のハシゴ
DSC_7477.jpg

実は、他の登られた方のブログなどから、

最後のハシゴはもっとものすごーく長いのだと想像していた。

だからこれが最後とは思わなくて、一段一段慎重に登ってさぁいざ次へ、

と心の準備をしていたら、あっけなく山頂に着いてしまった。



山頂到着 @AM9:00

なんだか拍子抜け。でも時間的にはCT通りだ。

酷い時には1時間も渋滞待ちがあるとか聞いていたが、

この日はそんなこともなく、順調に且つ安全に登ることができた。


目の前にはこの絶景。
DSC_7481.jpg
槍から穂高に続く稜線。

これこれ!これが見たかったのぉ~~~~~p(^▽^)q

何せ2年前はあっち側から何も見えなかったのだから。⇒2年前のおはなし


穂高よ、お前はそんな姿をしていたのだね。
DSC_7497.jpg
ようやくお顔を見せてくれて、ありがとう。


いつか。

いつかこの稜線は必ず歩く。歩いてやる。

そう心の中で、誓った。



鷲羽、水晶方面
DSC_7483.jpg
素人お断り!的な山容。

お前なんかに歩けるもんか、と言われているような。


どこまでも青い空と、続く山なみ。
DSC_7508.jpg

深い緑の先に、凛と佇む常念岳。
DSC_7490.jpg


登頂直後、山頂には15人ほどの人がいて、

山頂記念写真待ちの列もできていたが、

その人たちもすぐに下山してしまわれた。

その後は上がってくる人も少なく、

たっぷりと1時間、山頂からの絶景を楽しんだ。

その間、山頂には常に10人以下。

奇跡的な人の少なさだ。

一部屋ほどの狭い山頂ではあるけれど、

これならばバーナーでお湯を沸かして

山頂珈琲を決め込む余裕もあったかも。
DSC_7500.jpg
残念ながら、持ってきていなかったけれどね。



さて、心置きなく景色を堪能したあとは、下りましょうか。


垂直の下りハシゴ
C360_2013-08-09-10-02-56-045.jpg
(※上りの人がいなかったので、上りハシゴ側から撮影しています)

下りハシゴ側から
C360_2013-08-09-10-03-22-822.jpg

ハシゴがあるから、こうやって私たちは簡単に上り下りできるけれど、

最初に登った播隆上人はどうやってこの岩岩を上り下りしたのでしょう?

C360_2013-08-09-10-05-56-517.jpg
うーん謎。



取りつく間際まで迷った一眼レフカメラですが、

結局、上りは首から下げたままアタックしました。

しかし下りは上りより危ないし、途中の写真はもう散々撮ったからいいや、と

パックの中へしまいましたが

下りている途中で岩間にシコタンソウを見つけ、
DSC_7509.jpg

結局岩場で踏ん張りながらパックを降ろしてカメラを出すという

ややこしいことになりました(苦笑)

後ろから人が来ていなかったのでできたことです。




天候と、状況と、すべてに感謝!






続く



ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    e-ichiさん

    ご来訪&コメントありがとうございます☆
    槍の穂先の高度感は、それがネックでもあり醍醐味でもありますね^^
    また晴天の時に登りたいです。

  2. e-ichi | URL | paohIJw.

    数々の素敵な写真をありがとうございます。
    数週間前から拝見していて、槍登頂の回を楽しみにしておりました!
    上からのアングルのハシゴは結構怖いですねぇ。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    ありがとうございます☆
    梯子写真はできるだけ怖そうに撮ってやろうと思って撮りました(爆)

    シコタンソウ、北岳にも咲いていたらしいのに
    私、見落としてたんですよ(泣)
    なので渾身の1枚です^^

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさん

    ありがとう~☆
    この写真の岩に取りついてる人たちが登って下りてくるのと
    入れ違いに山頂に着いた感じかな?
    なので、そんなに混んでいなかったんですよ。
    稜線に泊まった人が登る朝イチと、
    下から上がってきた人が登るお昼頃が混むみたい。
    なので、今回登った9時~10時の時間帯は穴場かも?

    あ、アルペン踊りね(笑
    同行した友人が踊ってましたよ、
    小槍じゃなく大槍の上で。
    実はその動画も撮り、掲載許可ももらったのですが
    上手くアップできなくてお蔵入りになってます^^;
    momoさんたち登られたらぜひ踊ってくださいね☆

  5. | URL | ZGMDThxQ

    緊張感のあるハシゴのカット、スリルがあっていいね。
    私にはちょっと無理っぽいかな。いやぁ でも凄い、
    ガッツだね。シコタンソウのカット、これは素晴らし
    い!

  6. momo | URL | mQop/nM.

    槍、登頂おめでとう♪♪
    これでも混んでないほうなの??人が多そうに見えたっ。これよりもっと人が多くなるんだー。こわいよぉー。

    小槍の上ではアルペン踊りできなさそうだな〜爆←スルーしてくださいっ。

    すてきな景色の写真をありがとう♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/198-e84dba5b
この記事へのトラックバック


最新記事