--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登頂のご褒美は…【槍ヶ岳】2日目その3

2013年08月21日 13:07

しつこくてすみません

穂先アタックしたday2の続きです。

これまでのおはなし 



無事登頂したあとは、

しばし山荘で休憩のあと、テント場まで戻りました。
DSC_7522.jpg
穂先と山男。

穂先がお似合い。カッコいいな~(知らない人です、すみません。)


AM10:30 穂先ミッション終了。

まだたっぷり時間はあるし、槍ヶ岳山荘で登頂記念のお土産を物色。


そして、勝利の美酒ならぬ美コーヒー。
DSC_7519.jpg
アルコールが全く飲めないので^^;

今日は1000m以上登ったから、バナナマフィンも食べていいよね♪



外のテラスには、外国人の方々。

英語でした。イギリス人かな?なんかインターナショナルだ~
DSC_7520.jpg
てか、ここどこ?(笑)


コーヒーで一息ついたあとは、稜線のテン場を見学。
DSC_7510_20130821111319aac.jpg
なんだかすごいトコに張るんですね(・・;)。。。



実は、当初立てた予定は、1泊目はババ平、2泊目はここであった。

しかしその場合、最終日の行程が20㎞超の1680m下りとなり、

膝爆弾を抱えた身には少々の賭けとなること、

加えて今回のバディが日帰り経験は豊富だがテン泊重荷山行が初めてということもあり、

お互いの体力を考えて、より無難なババ平BCピストン方式に変更したのだった。

結果的にこの変更は大正解だった。

でも、次回槍に来るときは、しっかり膝を直してぜひ稜線に泊まってみたいな。




たっぷり稜線で遊んだあとは、

AM11:40 テン場に向けて下山開始。

せっかくなので、ちょっとだけでも東鎌尾根を歩いてみよう~
DSC_7523.jpg
ついでにヒュッテ大槍にも立ち寄るのだ☆


最初はガレた道を下ってゆく。石を落とさぬよう注意しながら。
DSC_7524.jpg

若干南に巻きながらもほぼ稜線上を行く。大好物な道!!
DSC_7525.jpg
上高地からはこういう稜線歩きが全く無かったから、気分的に欲していた。

歩けて嬉しい^^


ウサギギク 「こんにちは~良いお天気ね!」
Miki 「こんにちは~ほんとうにね!」(お花と妄想会話中。)
DSC_7527.jpg


少し下ったところから振り返って。
DSC_7533.jpg
ここから見る槍はなかなか素敵だ。メタボじゃないし。


なかなか近づかないヒュッテ大槍。
DSC_7534.jpg

バックに常念を見据えながら、思わず鼻歌が出そうなるんるん歩き。

DSC_7542.jpg

チシマギキョウの団体さんも常念を見つめていた。
DSC_7546.jpg

PM12:30 ヒュッテ大槍到着。
DSC_7548.jpg

槍ヶ岳山荘に比べると小ぢんまりしていて、

チェックのテーブルクロスが可愛らしい。

槍ヶ岳山荘で買おうか迷って結局やめた手ぬぐい、

ヒュッテ大槍のオリジナルデザインのが可愛くて、つい買ってしまった。
(額に入った茶色いやつ)



小屋の外へ出ると・・・


バディのMさんが斬新な槍の眺め方をしていた(笑)
DSC_7547.jpg


なるほど、この角度、いいよね。
DSC_7549.jpg


PM12:50 ヒュッテ大槍で小休止の後は、再びグリーンバンドへ。

お花畑のジグザグ道をザクザク下る
DSC_7551.jpg

お昼過ぎ。一番暑い時間。

遮るものがないから、陽射しがジリジリと肌や目を焼く。

山頂ではあれほど欲した晴天が、今はちょっと恨めしい。



「もうちょっとで水場だよ~がんばれ~」
DSC_7553.jpg
わかったー。ありがとう、ミヤマリンドウくんたち。


そして


水場に着いた―!
DSC_7554.jpg
背中のパックを放り投げて、手を突っ込む。

この焼けつく陽射しの下でも、水はキンキンに冷えていた。

ざぶざぶと顔を洗うと、火照った肌が生き返った。

買ったばかりの手ぬぐいでぬぐう。

そして喉も潤す。

槍ヶ岳山荘でゲットしたマグを早速使用。
DSC_7556.jpg
ぷはーっp(>▽<)q

ここのお水は、本当に美味しい!!



一瞬の清涼を味わったあとは、出発。

とにかくこの暑さから逃れたくて、一目散に下る。

ようやく木陰が現れて、テン場まであと少し、というところで

オオバキスミレに出会った。
DSC_7558.jpg
元気が出る黄色。朝出かけるときは暗かったから気づかなかったね。

どれだけ速足で歩いていても、お花だけは目に飛び込んでくるから不思議。


PM3:15 テン場到着。
DSC_7559.jpg

もっとかかる予定でいたが、早く着いてしまった。

まだテントでマッタリするには暑い。

夕飯の支度までも時間がある。



長そでとタイツを脱ぎ、河原のテン場を抜けて沢までお散歩。

沢の水で腕や足をアイシング。最高に気持ちいい。
DSC_7560.jpg
今日一番のご褒美かな。

お疲れ様でした。




最終日につづく


ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ








関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    カイさん

    初めまして、コメントありがとうございます。
    単独で大山ナイトトレッキングですか、すごいですねー!
    山の上で朝陽、夕陽を見てしまうと、
    もうやめられませんよね。
    山陰方面からですと、アルプスは少し遠いですが
    ぜひ登っていただきたいです。
    私もまだまだ知らない山、ルートがたくさんあります
    夏山シーズンは間もなくおわりですが、
    秋山も安全に、楽しく登りたいですね。

  2. カイ | URL | -

    はじめまして

    とっても素敵で 思わずコメントさせていただきました
    山を歩きだしてまだ数年

    近くの景色いい山といえば 大山(鳥取県
    アルプスには行ったことがなくて・・・
    とてもきれいですね

    先日 明ける前の大山に登り
    朝日をみたときは感動しました

    単独行なんですが いつかアルプス登ってみたいなって
    ブログを拝見しています☆

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    チシマギキョウって、岩や地面にへばりついてるじゃないですか。
    なので、この写真も実は這いつくばって撮りました(笑)
    自分が思い描いた通りの写真ってなかなか撮れないものですね。
    技術がないのでカメラのせいにしています。
    手ぬぐいは、私も時々購入しています。
    使い込んで少しくたっとしてきたころが良いですよね。
    あ、、、最後のカットはお目汚し失礼いたしました。

  4. | URL | ZGMDThxQ

    なんと言ってもチシマギキョウのカットが素晴らしい!
    こういう場面にいつか出会いたいって、ずっと思ってる。
    ところどころで斬新なカットがあって、結構、ヒント貰
    ってます。
    それから手拭もGood。私も集めているんで、これ、欲し
    いなぁ…。
    最後のカットは、ギョッ…!?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/199-7d7d57f7
この記事へのトラックバック


最新記事