--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊吹山トレラン その3

2011年07月27日 06:15

伊吹山その2(トレラン改め早歩き・笑)のつづき。

三合目をまっすぐ行くとリフトの跡地があり、そこを直進すると4合目の看板がある。
しかし少しでもレースコースと同じ部分を走りたい私たちは、手前を右に折れる。
登山者も、直進コースを行く人と右折する人に分かれている。

三合目から五合目は近い。15分ほどで到着。
小屋と自販機(250円)があるが、炭酸は帰りまでおあずけ。

20110724五合目
7:08 3分だけ休憩し、五合目を出発。





目の前にはジグザグの道。真ん中に見えるのは六合目付近にある避難小屋。
20110724五合目たて

8:24 七合目通過。
20110724七合目過ぎ
このあたりでも、まだ道は悪くない。
一面のお花畑にはまだ早いけれど、シシウドはたくさん咲いていた。

これ。
20110724シシウド
色は地味だけれど、のっぽさんだから目立つ花。
後ろは琵琶湖なのだけれど、霞んでいて携帯の低性能カメラでは写らないのが残念

8:38 八合目。絶景に立ち止まらずにはいられない。
20110724八合目

この後、八合目以降はお花もたくさん見られてついペースが緩みそうに・・・

しかし写真撮影のお楽しみは帰路に取っておいて、時間制限を気にしながら先を急ぐ。

20110724八合目過ぎ
八合目以降は急登も多く、慎重に。


8:59 山頂到着。
薬草の里より、制限時間ぎりぎりの2時間29分(笑

一合目からは約1時間50分。
早足の登山者さんと大差ないおそまつタイムだけれど、それでもなんとか時間内に登れて一安心。

20110724山頂
山頂は色とりどりの花が咲き乱れていました

山頂は涼しくて気持ちいい!
じっとしていると、たっぷり汗をかいた体には肌寒い位。
ドライブウェイの土砂崩れにより通行不可のため、山頂にいるのは登山客のみ。
いつもに比べ静かな山頂だ。

ハイドレーションに入れてきた水、1.5Lを飲み干してしまったため、
小屋でペットボトルを購入。250円也。

種類が少なくてごめんね、と謝る小屋番さん。
道路が崩壊しているから商品の仕入れもできないらしい。
これから2週間が一番のかきいれ時なのに、なんと不運な。

買った飲み物と持ってきたおやつで小休止。
ここにもたくさんのてんとう虫がいた。
20110724てんとうむし
白山で見かけたのと同じ種類。

普通のてんとう虫は肉食でアブラムシ等を捕食する。
この種類もそれを狙って山頂に来ているのだろうか?
中腹のほうが植物も多いのだから、そちらのほうが返って効率よいお食事ができる気はするけれど。
うーん、自然の不思議。

さて、山頂の空気を堪能したので、帰路へ。
お手洗いを済ませ(チップトイレ、協力金100円を入れましょう)来た道を戻る。
20110724下り
かっとび伊吹は登りだけの大会。
下りはレースコースではないので、景色やお花、おしゃべりも楽しみながらゆっくり下山。

20110724下り3
ありがとう、伊吹山。
また遊んでね、バイバイ




お花の写真(番外編)は明日に続く



ブログランキングに参加しています。ポチッと┌|∵|┘ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/20-1818c852
    この記事へのトラックバック


    最新記事