--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四足歩行で、カニのタテバイ!【剱岳】day2

2013年08月28日 07:51

いよいよ剱岳アタックの日。

AM3:30 ザッザッと歩く足の音で目を覚ました。

テントの外をちらりとのぞくと、ヘッデンをつけた重装備の人たちの足元。

ふぇ~こんなに早くから。

おそらくほとんどは、ナントカ尾根とか雪渓とか、

一般ルートじゃないところを登る人たちだ。

こちらは一般ルート、しかも暗い中の岩登りは自信が無いので、

当初から、明るくなってからのアタック予定。

朝食を作って食べながら気持ちの準備をし、夜が明けるのを待つ。

AM5:00過ぎ テントを出ると
DSC_7715.jpg
前剣のあたりを進むヘッデンの明かりがぽつぽつと見えた。



空はなんとなく全体に雲がかかっている。風はほとんどない。

どうか晴れてくれますように、と祈って

AM5:15 剱沢出発。
DSC_7719.jpg


※例によって写真が多いので、上りと下りに分けて書きますね。
 では「上り編」の続きをどうぞ。


今までのおはなし day1(室堂~剣沢)


今日という一日が、素敵な日でありますように。
DSC_7726.jpg

DSC_7727.jpg

剣山荘までに、いくつか超える雪渓。
DSC_7722.jpg
前日、剱沢小屋から見たときは、通れるか不安だったけど

しっかり踏み跡があり、問題なく通過。


実はこの雪渓のためだけに、ポールを持ってこようか悩んだのだけれど

そのあとに待ち構える岩の連続を考えると、ポールは邪魔&危険でしかないだろう。

というわけで、普段はポールLOVEの私も

今日だけはテント場においてきたのだった。



AM5:45 剣山荘。
DSC_7728.jpg

朝は寒かったのでしっかり着込んでいたが、

ここでジャケットを脱ぎ、登りの準備。

DSC_7729.jpg

剣山荘の裏から登り始め、

お花畑を右手に見ながらしばらくガレ道を登ると、

クサリ登場。
DSC_7736.jpg

でもここは鎖にたよらずとも大丈夫。

ガシガシ登って高度を稼ぐ。

DSC_7737.jpg

AM6:40 どうやら一服剱らしき所に到着。

目の前に見えるは、前剱。
DSC_7740_201308272341161a6.jpg
ちょっとー!何デスカ?あの斜面

登れる気がしないんですけど。


思わず「帰ろうかな?」と振り返ると、


日本三大雪渓の剱沢ドカーン!
DSC_7738_20130827234114850.jpg
別山も綺麗に見えている。

知らない間に朝靄がスッキリとれていた。

これは晴れるぞぉ~~~☆

よし、やっぱ行こ(笑)


一服剱からいったんガクンと短く急降下し、

前剱へとりつく。

遠目で見たよりは意外となだらかだけれど、浮石だらけ。
DSC_7746.jpg
油断せず手もふんだんに使って慎重に登る。

途中で振り返って、一服剱越しにテン場を望む。
DSC_7747.jpg
ここまでですでに充分絶景を堪能させてもらってます。

そして、

おお、剱がもう目の前に!
DSC_7752.jpg
・・・と、思いたかったが、これは前剱。

てことは、また下るのね。ハイハイ。

えっ、ちょっとまって
DSC_7756.jpg

ナンデスカその橋!?

DSC_7756ss.jpg
鉄製の長さ2~3m位、幅40㎝位の橋なんだけれど。

写真で見ると何てことなさそうだけれど。


両側スッパリ切れ落ちてるんです!!((((((゚д゚;ノ)ノ



自分が高所恐怖症とは思わないし、むしろ

割と大丈夫な方だと思ってたけど。

先に言っちゃうと、カニヨコ・カニタテなんかよりずっと

この橋が一番怖かったです!

風が吹いてなくて、雨が降ってなかったから渡れたけれど、

天候によっては渡れるか、自信がない。

掴まるところがないんだもの・・・

難しい岩場とかじゃなくて、ただの橋なのに。

この橋は三途の川の架け橋か!?恐るべし、橋!!!



どうやらここは「前剱の門」というポイントらしい。

ひゃぁーーーと叫びながら、急ぎ足で恐怖の橋を渡ると

クサリをたよりに岩場に張り付きながら巻いてトラバース。
DSC_7765_2013082723584342f.jpg


そしていよいよ見えてきた、本峰!!
DSC_7757.jpg

この辺りからもうずっと岩にへばりつきっぱなし。
DSC_7766.jpg

こんな感じ。
DSC_7768_20130828002604ad2.jpg
手や足をかけるところは十分にあるので大丈夫。高度感が楽しい。

遠景。
DSC_7770.jpg
雪渓から吹き上げるひんやりとした風が心地よい。


と、


登ってきたーーー!
DSC_7771.jpg
アイスアックスをがしがし雪に刺しながら、

すごい勢いで走って(?)登ってきたお兄さん。

三歩?三歩ですか??(かっこよすぎます)


お兄さんに見とれていたら、

目の前に、


カニタテキターーーーー!
DSC_7769_20130828002607cfa.jpg

すごく渋滞するのかな?と思ったけれど、

少し待ったくらいで全然渋滞というほどではなかった。


カニのたてばい」うまいこという。誰がネーミングしたのかな?
DSC_7772.jpg
見上げるとやっぱり垂直に近い。

いよいよ私の番。もう、ワクワク!


一歩一歩慎重に、確実に登っていく。

さすがに登っている最中は写真が撮れなかったので、

終わった直後の1枚。
DSC_7774.jpg
垂直に登りきったら右にちょこっと巻いて終了。



ボルダリングで言う「ムーブ」

どこに手を、足を、どの順番でかけたら

一番スムーズに動けるか?

を考えながら進むので、怖いと思っているヒマがない。

落ちたら確実に死ぬよといういちかばちかの状況で、

でも絶対に落ちないぞという気迫でやるから、

スリリングで面白い。

そして、終えたときの達成感。



ご褒美は、この絶景
DSC_7775.jpg

DSC_7777.jpg
よくもまあ、こんなとこ歩いてきたもんだ。我ながら。


四足歩行を終えて少し平和な道になると、山頂が近い予感。

そして、

早月尾根分岐!
DSC_7779.jpg

TJARで使われる、早月尾根ルート。
DSC_7778_2013082802144209b.jpg
早月小屋、そして肉眼では日本海も見えたのだけど。


さて、ここから山頂はすぐ。



AM9:00 山頂到着!

かかった時間、3時間45分。

CTは3時間だから結構遅いけれど、無事登れたことに満足。

そして、何よりお天気!

みよ、この青空。
DSC_7785.jpg
「あそこが八ヶ岳だよ」
「長次郎谷が…」
「源次郎の…」
「八峰に…#&$%」

最初の八ヶ岳以外は、もうさっぱりわからない会話。

山頂には20人ほどの人がいた。半分くらいは本格装備の山のエキスパートたち。

夜明け前にヘッデンで破線ルートを登ってきたのだろう。

そんなところに、ド素人が居合わせてしまって、

なんだか恥ずかしい気持ちと、嬉しい気持ちと、

やり遂げた満足感と、

色々な気持ちが入り混じって、

しばらくの間、ぼぅっと

立山方面を眺めていた。
DSC_7794.jpg


別山、立山、そして1週前に登った槍。
DSC_7782_201308280214448f8.jpg




…そうだ、今日こそ。


今日こそ、山頂コーヒーを飲もう。




立山連峰に、乾杯!
DSC_7791.jpg





下り、カニのヨコバイ編に続く♪






ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: おんなじ日

    devilmanさん

    今お邪魔してきました。
    ブログを通してつながっている方々が、
    実は同じ日に同じ山域にいたとか、
    偶然同じテント場だったとか(北岳でありました)、
    山って広いようで狭いですね。

  2. devilman | URL | -

    おんなじ日

    僕のところに、同じような行動をしたレポを上げました。
    見てください。詳細に撮っていますから、追体験、できますよ(笑)

    もっと混んでましたけどね。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    す~さん

    はじめまして、コメントありがとうございます♪
    槍、剱とどちらも好天に恵まれての写真です^^
    (昔は小雨女だったのですが・・・)
    山は本当に雄大ですね。自分のちっぽけさがよくわかります(笑)
    またぜひ遊びにいらして下さいね☆

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    momoさん

    テレビで橋やってたんだぁ~!
    個人差はあるでしょうけど、私にとっては
    あの橋がダークホースでしたわ(笑)
    ヨコバイは、立ちすくむ人がいるとか聞くけど、
    足を置くところさえ見つけられたら怖くなかったよ!
    山頂コーヒーは大満足なお味でした♪
    (インスタントだったけど。笑)

  5. す~ | URL | -

    はじめまして。
    槍ヶ岳の記事もそうですが写真がとてもキレイで感動しっぱなしです。
    山の雄大さにも圧倒です。
    鉄製の橋は写真だけでも十分恐ろしいですwww
    また遊びにきます♪

  6. momo | URL | mQop/nM.

    すごい...... の、一言!!
    ドキドキしちゃうよ〜。

    あの切り立った橋、テレビでみたよ〜。こわいよねーーーー。あれが、ヨコバイよりも怖いの??
    momoはぜーんぶこわい。

    これは、宝剣とかのぼって高度感に慣れないとだめだなぁ〜。

    今回はコーヒーを山頂で飲めてよかったね☆至福の時だ〜♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/203-7750b974
この記事へのトラックバック


最新記事