--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニのヨコバイはアルピニスト気分で♪【剱岳】day2

2013年08月29日 08:10

くすぐったい風をほっぺたに受けながら、のんびりと過ごした山頂。


中央に見えるのは、鷲羽、水晶
DSC_7786_2013082800453703c.jpg

剱御前越しの薬師
DSC_7787.jpg

振り返れば、静かな迫力の後立山
DSC_7790.jpg


あ~あ、ずっとこうして眺めていたい。



・・・名残惜しいけれど、

そろそろ下山しますか。
C360_2013-08-17-09-02-13-249_org.jpg


今までのおはなし:

day1 立山~剣沢
day2 カニのたてばい 上り
AM10:10 山頂出発

1時間ほどまえに上ってきた道を下る。
DSC_7795.jpg

すぐに「カニのよこばい」に到着。
DSC_7797.jpg

初めは垂直に下る
DSC_7798.jpg

下の青いシャツの人がちょうどヨコバイの一歩目に足をかけようとしているところ
DSC_7799.jpg

自分の番。

下りてみると、ヨコバイの一歩目はマーキングが!
DSC_7803.jpg
これって、どうやって書いたの?すごくありがたい。

矢印の下、切り立っていてよく見えないけれど

しっかり鎖を握って片足で探ると、矢印の真下に足をかける場所があった。

そこへ一歩目を置くと、目線が一段下がり、

岩壁に入ったスリット状の隙間が足元に現れるので

鎖をたよりに横移動。

この一歩目さえ踏み出せば、後は短かかった。



カニのタテバイと比べると、タテバイは高度感があるだけで、

手足をかけるところはたくさんある。

そんなに鎖にたよらなくても、割と三点確保で行ける。

(といいつつ、使ったけど。)

でも、カニのヨコバイは鎖を使わないと絶対無理な感じ。

そういう意味では、案外ヨコバイの方が難しいのかな?

落石の危険があるのはタテバイだけど。

まあどちらも、一つ間違えばサヨウナラ、というのは変わらない。


ヨコバイから見たタテバイ。
DSC_7806.jpg
おお~こうしてみると、カッコいいとこ登ったのね。


ヨコバイが終わると垂直梯子。
DSC_7804.jpg
これは前の週、槍で練習してるから簡単に通過。


カニのヨコバイが終わったからって、剱は終わりじゃない。

まだ、これがありますから。
DSC_7801.jpg
「平蔵の頭」

何故まともに登る。巻道はないのか巻道は。

と、文句を言ってても帰れないので、とりつく。
DSC_7807.jpg
ここは一応鎖がついているが、三点確保で問題なし。

こんな感じに。
DSC_7808.jpg


それで、さんざん登らせておいて、


激下らせるんだからね(苦笑)
DSC_7809.jpg
もう~。腕ぷるぷるよ。


おかげさまで、結構下った。
DSC_7812.jpg

あ、

前剣ピーク!
DSC_7814.jpg

じゃーん。@AM11:30
DSC_7816.jpg
看板とれちゃってますが…

上りの時は何故か、気づかずに巻いてしまっていた

折角だから、下りではちゃんとピークを踏んでおかなきゃね。



さて、ここからがまだ長い。


目の前の一服剱。
DSC_7820.jpg

あそこを上り返すことより、まずあそこまで下りるのがね…(下りはキライ。)

DSC_7821.jpg
ガレガレの道は結構危険。

下手すりゃタテバイ、ヨコバイより。

事故が多いのもうなずける。

鎖があるところは、素直に鎖を使うのも手。
DSC_7823.jpg

ここは上りも下りもだらだらと長いから、

集中力が途切れそうになる。

だから余計危ないのだろう。



なんとか下りきると、


「気をつけて~」「がんばれ~」「もう少し~」
DSC_7826.jpg
てらてらと、ミヤマキンポウゲの応援隊。

バイケイソウの爽やかなグリーンに癒されながら。
DSC_7827.jpg

オンタデの艶やかな赤に目を奪われながら。雌花かな?
DSC_7828.jpg

いい加減疲れてきた身体に鞭打って、一服剱を上り返す。


そして、


見えた~!
DSC_7830.jpg
ああここまで来たら帰ってきたも同然。


とか思いつつ、

でも下山口手前50mで川ドボンとかしている前科者の私だから、

最後まで気は抜かないぞ!怪我無しで下山してこそ登頂成功なんだから!

と言い聞かせ、剣山荘までの一歩一歩を確実に。




PM13:00 剣山荘

無事下山。

お手洗いを借りたら、下界と変わらない綺麗な水洗トイレでびっくり!

素晴らしすぎます、剣山荘。

岩をつかみ過ぎて黒くなった指も、洗わせていただきました。

普段は飲まないカルピスウォーターの500ML(冷え冷え)を一気に飲み干し。

この時間にテントに帰っても暑いだけなので、

ここで大休止して、1時間後にテン場に戻った。



雪渓を撫でる風。
DSC_7833.jpg

朝は何ともなかったトレースに、穴が。
DSC_7834_201308290251078cd.jpg
危うく見過ごすところだった。迂回してセーフ。


テン場に戻ったものの、やっぱりやることが無いので(笑)

コーヒー道具を持って、剱沢小屋まで遊びに。

DSC_7836_20130829025109e09.jpg
山頂ではインスタントでしたから、ちゃんと淹れたのをいただきましょう。



無事登頂、無事下山できて良かった。

ちょっとだけアルピニスト気分☆




さぁ明日は帰る日。

DSC_7847l.jpg
でもせっかくなら、立山縦走してからね。うふっ♪(よくばり)


おやすみなさい。






最終日に続く



ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/204-5ce6fa76
    この記事へのトラックバック


    最新記事