--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい森を歩く― 甲武信ヶ岳その1

2013年10月01日 23:52

9月の連休、秋分の日。

本当は、2泊3日で白馬鑓温泉でも入ってこようと思っていた。

諸般の事情により1泊2日に日程変更、

それなら…と、標高を下げ、山梨の山へ。(→山頂は埼玉県ですケド…)


秋のひんやりとした空気の森をのんびり歩いてきた。
000DSC_8499aa.jpg

000C360_2013-09-22-14-21-03-120.jpg


=====山メモ=====

日程:2013年09月22日(日)~23日(月)

地域:甲武信ヶ岳(2475m)

天候:1日目…晴れのち霧、2日目…晴れ

スタイル:のんびり軽量テント泊(荷:12㎏)

同行者:1人

ルート:1日目…西沢渓谷―徳ちゃん新道―戸渡尾根―木賊山―甲武信小屋テント泊
2日目…甲武信小屋―甲武信ヶ岳山頂―破風山分岐―戸渡尾根―近丸新道―西沢渓谷

駐車場:西沢渓谷入口右に無料駐車場、近隣に道の駅あり

テント場:小屋前30張程度、1人1泊500円、水1L50円(水道、水量豊富、美味しい)


==============


続きの前に、ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
↑↑↑ Click these three banners before you read! Thanks;-D


道の駅みとみで車中泊し、朝早くから登ろうと思っていたのに

寝坊…

最早わたしの得意技。

ま、車中泊が快適すぎて快眠だったということで。


急いで支度を整え、西沢渓谷駐車場へ移動。

AM7:25 出発。

車止めのゲートを抜けて西沢渓谷へ入り、30分ほど遊歩道を行く。

途中お手洗いに寄り、今は営業していない西沢山荘の手前から徳ちゃん新道へ。
DSC_8429.jpg


キラキラと秋の日差しが色づき始めた葉を照らす。気持ちのよい森。
DSC_8449aa.jpg


徳ちゃん新道は、登り始めてすぐに尾根に乗る。

そのあとは、急登があったり、なだらかだったり、

根っこだらけだったり、
DSC_8451.jpg

しゃくなげのトンネルのなかをくぐったり、
DSC_8455.jpg

カラフルだったり、なかなか面白い道。
DSC_8461.jpg


近丸新道との分岐。登山口からここまで2時間少々。
DSC_8464.jpg

2時間樹林帯の中だと飽きそうなものだけれど、

進むごとにどんどん変わる森の表情を見ていたら、

不思議とここまで飽きることなく夢中で歩いていた。



さぁここからまだ2時間半以上。甲武信ヶ岳は遠いのだ。がんばれ~
DSC_8479.jpg

鈴鹿みたいなえぐれた道。
DSC_8480.jpg

根っことガレのミックス道。
DSC_8482.jpg



わたしは、苔が好き。

遠目では単なる緑のじゅうたんも、ようく見ると実に面白い。
DSC_8493.jpg
この登山道では何種類かの苔を見ることができたが、このくせっ毛の子がお気に入りになった。


足元には緑、頭上には秋。
DSC_8499.jpg


歩きながら、

下を見て、上を見て、前を見て、たまに振り返る。ああ忙しい。


石楠花に囲まれた秘密っぽい小道。
DSC_8501.jpg
お花の時期は綺麗なんだろうな~

DSC_8502.jpg

途中、倒木の多い急登などなかなかハードな箇所を抜けると、分岐を西へ折れる。

甲武信ヶ岳方面へは木賊山(とくさやま)山頂を通る。
DSC_8505.jpg
眺望は特になくて、ベンチがぽつんとひとつ。


緑の中に時折秋色を見つけると、ついカメラを向けてしまう。
DSC_8509.jpg


木賊山を過ぎ少し下ると、突然視界が開けてザレ場。

目の前に甲武信ヶ岳が現れた。

ズリズリと下り、再び森の中へ。
DSC_8512.jpg

少し下って、PM12:22 甲武信小屋に到着。
C360_2013-09-22-14-14-15-801.jpg
山小屋然とした、可愛らしい感じの小屋。

入り口横に蛇口があり、50円で1Lのお水を汲むことができる。
DSC_8517.jpg
お金はペットボトルに入れる。

天水ではないようで、美味しかった。



聞けば、テントの受付はPM2時過ぎかららしい。

先にテント設営はOKとのことだったので、テントを張り、お昼を作って食べ、

食後のコーヒーを飲んでいると、
DSC_8531.jpg

なんだかガスってきてしまった。
DSC_8532.jpg
あらら…

ではテントでお昼寝といきますか。
DSC_8536.jpg

で、


起きたら夕暮れ…

寝るのはわたしの得意技。


さっきお昼ご飯を食べたのに、起きたらお腹が空いていた。

どうなってる、私の胃。

薄暗い中でヘッデンをともし夕食を作って食べる。

秋の日は釣瓶落とし。
DSC_8559.jpg

ピークハントは明日のお楽しみ。

おやすみなさい。

寝るのはわたしの得意技…むにゃむにゃzzz





続く♪

ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 静かな山

    到着したときは6張だけだったのに、
    お昼寝して起きたら19張に増えてました。
    それなのに、登山道ではあまり人に会わず、静かな山歩きができました。
    足、どうされましたか。お大事になさってくださいね。

  2. devilman | URL | -

    静かな山

    静かな山が楽しめたことと思います。
    このテント場にPuromoteがあると、何となく自分のテントのような気がします。
    何度か張ったからね。

    奥秩父の紅葉もそろそろ見頃ですね。

    ようやく足の痛みもなくなってきたので、山を再開し、富士見平に上がろうと思います。小屋も相当混み始めているし。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 綺麗な写真

    nobuさん

    お疲れ様です☆
    ありがとうございます♪
    山は色々で、飽きないですね~^^
    これから紅葉、落葉、雪の季節と
    どんどん移り変わっていく様子を見るのも
    また楽しいですね。
    テント、担ぎ慣れたらとっても気楽です。
    ぜひ☆

  4. nobu | URL | -

    綺麗な写真

    に呼ばれてまた、来てしまいましたー(^^*

    ほんとに素敵な写真ばかりで、今日はすごく疲れていたんですが、
    ほっこり癒されました。ありがとうございます!!

    行きたいところが増えます。
    テント泊かぁ、いつかしたい!
    まだ、日帰りの荷物で一日歩きまわってへろへろです。
    まだまだ鍛えなければ!!

    つづきが楽しみです☆

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    そうなんですね。
    私の中ではシラビソ=八ヶ岳、または中央アルプスってイメージでした。
    でもなんだか甲武信小屋の雰囲気は富士見平小屋に通じるものがあったように思います。
    涸沢の紅葉を見てみたいけれど、人ごみは苦手で、静か紅葉を楽しめる穴場はないかと探しています。

  6. | URL | ZGMDThxQ

    コメツガやシラビソの森は、いかにも奥秩父山塊って感じ。
    どことなく国師ケ岳や北奥千丈ケ岳の登山道のような趣も
    ありますね。
    ナナカマドの紅葉がまるでパッチワークのよう。なんか焦
    ってきますね、ズルズルしていると山の紅葉も終っちゃう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/220-1aef4694
この記事へのトラックバック


最新記事