--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプスの洗礼 day1 上高地~横尾

2013年10月22日 06:17

10月の3連休、2泊できそうな予定がたてられたので、

秋山シーズン終了間際の悪あがき、今年最後の3000m峰へ。

寒さに対する装備は充分にしてはいたが、

それでも一歩間違えば簡単に低体温症で死ねるこの季節、無理は禁物。

お天気が悪ければ即退散、のつもりで。



初日こそまさかの雪予報で出鼻をくじかれたが、

2日目以降お天気は持ち直してなんとか山旅続行。

少し遅めの涸沢の紅葉、そして当初予定の山域をすべてクリアすることができた。

DSC_9618.jpg
朝焼けの穂高岳山荘とテン場。バックに涸沢岳、奥に槍の穂先。奥穂アタック途中に撮影(day3)


=====山メモ=====

日程:2013年10月12(土)~14日(月)

地域:涸沢奥穂高岳(3190m)、前穂高岳(3090m)

天候:小雨-快晴-快晴

スタイル:軽量テント泊(13㎏)

同行者:1人

ルート:
day1 上高地BT11:52-明神12:36-13:15徳澤(ランチ休憩)13:50-14:38横尾(テント泊)
day2 横尾6:10-8:45涸沢テン場-9:00涸沢小屋(休憩)9:45-12:15穂高岳山荘(テント設営)-15:50涸沢岳ピストン16:45-17:00穂高岳山荘(テント泊)
day3 穂高岳山荘6:15-7:00奥穂高岳7:25-吊尾根-9:25紀美子平9:35-10:15前穂高岳10:30-11:10紀美子平11:30-13:35岳沢小屋14:00-15:43河童橋(ソフトクリーム)-16:00上高地BT

駐車場:沢渡中が満車で、奥の旅館P(500円/日 は共通)

お風呂:梓湖畔の湯 700円

==============

3日間の全行程はこちら↓



さて、今回も

↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村



知らなかった。
DSC_9297.jpg
沢渡にこんな綺麗なバスターミナルが出来てたなんて。

2年前来たときはなかった。

今年8月も来てるのに、相乗りタクシー乗ったから気づかなかった。

お手洗い、足湯がある第二Pに停めようと思ったら満車で、その奥へ促され…

旅館のPに停めさせてもらったけれど、バスターミナルからはちょっと遠い。

第三Pに停めればよかったな…

遅い出発のため、バスはしばらく待った。



今回の山旅は、当日朝の出発プラン。

お昼頃現地入りして歩きはじめる予定で、初日の歩行プランは3時間。

上高地から岳沢小屋までがちょうどその位。

岳沢小屋でテン泊、翌日は重太郎新道を上がって前穂ピストンから吊尾根経由奥穂テン泊、

または足と時間に余裕あれば涸沢まで下りてしまってテン泊でもいいか…などと予定していた。



家を出る前の予報ではお天気は良さそうだったので、

やる気マンマンで向かった上高地。

沢渡では上の写真のように、まだそこそこ晴れていたのだけれど、

上高地ビジターセンターで待ち受けていたものは…



DWC_9301.jpg

まさかの 『暴風雪』 予報。 




ハァーーーー!?(@_@;)



うそーん。


家でチェックした予報はなんだったの…



今からすぐ岳沢小屋に向かったとして、天候悪化のまえにテント設営できたとしても。

翌朝、重太郎新道の急登と前穂を歩くのに暴風はキツイ。

そもそも、一度でも歩いたことある道ならともかく、このルートは初めて。

雪ががっつりついてたらヤバいかも。

そして、ヤバくても、このルートはエスケープできない。

岳沢小屋まで行ってしまったら、進むか、敗退するかの二択。

うーんうーん…



30分ほど協議の末、苦渋のコース変更。

とりあえずは横尾まで行ってみよう。今日は時間的にもそれが限界。

初日は標高を上げず様子見して、上に行けるか行けないかの判断を先延ばしすることにした。

横尾に変えたのは、岳沢よりコース選択のバリエーションが増えるから。

翌日、天候が良ければ奥穂へあがれるかもしれない。

もし稜線泊が難しくても、涸沢泊にして北穂か奥穂ピストンという手もあるし、

最悪、横尾にもう1泊して涸沢ピストンで紅葉見てくるくらいはできるでしょ?

そうでもしないと上高地まで来た意味が(泣)

慌てて登山届を書き直し、再提出。



お天気がいいから星空が撮影できるかも、

と張り切って持ってきた三脚も意味ないじゃん。ムキー!(-"-)
C360_2013-10-12-11-33-18-886.jpg
重さよりこの横幅が、3日目の吊尾根&重太郎新道で私を苦しめることになるとは、

この時点ではつゆしらず…



AM11:52 上高地BT出発



歩き出すころにはすでに小雨が降りだしていた。
DSC_9317.jpg

思わぬ予定変更に打ちひしがれながらも、ひたすら秋を探して歩く。
DSC_9308.jpg

DSC_9309.jpg

DSC_9321.jpg

DSC_9325.jpg

明神を過ぎ、徳澤のキャンプ場に着くころには、雨もやみ少し陽もさしてきた。
DSC_9324.jpg

連休だけあってテントいっぱい。
DSC_9329.jpg

PM1:15 徳澤、ランチ休憩
DSC_9331.jpg

どうやら雨はもう降らなさそう。

雪に変わりそうもないので、アウターシェルを脱いで長そでシャツ一枚になる。


PM1:50 徳澤出発


ガシガシ歩いて…

見えてきた!
DSC_9333.jpg


PM2:38 横尾 着

横尾山荘にてテント受付。

DSC_9335.jpg
手前側はもういっぱいだったので、橋の向こう側に張った。


ふーっ


なんだか出鼻挫かれ感満載の初日だったけれども、とりあえず無事終了。

疲れてお昼寝。ていうかふて寝。



で、気づいたら、夜。←得意パターン

慌ててご飯を作って食べる。
DSC_9339.jpg
本日はこんな食材。

ミンチを炒め、キドニービーンズとタコパウダー、お水を入れて煮る
DSC_9341.jpg

チリビーンズ完成♪ ペンネをを混ぜていただきました。
DSC_9346.jpg
なぜか栗ごはんも…炭水化物だらけ。明日はガッツリ歩かないとねー


食べたら日誌を書いて、おやすみなさいZZZ ←得意パターン
DSC_9376.jpg



明日の快晴無風を願って!






続く♪




ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: チリビーンズ♪

    nobuさん

    嬉しいです、ありがとうございますヽ(^o^)丿
    nobuさんもブログお持ちでしょうか?
    ぜひ拝見したいですー^^

    お山2年生、おめでとうございます。
    フライパン&シュラフ、山ギアが増えていってますね☆
    新しいギアをゲットしたときって、山で使うのがとても楽しみですね。
    冬山は私はやらなくて、スノーシューくらいですけど、
    標高を下げて、雪のない、日帰りで遊べるお山に行こうとおもいまーす。
    あとトレランも♪

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: すれちがい

    devilmanさん

    飛騨側から登られていたんですねー
    涸沢は雪、ついてませんでした。
    ザイテンの日陰側に少しあったくらい。
    2日目以降はお天気良くて助かりました。
    10月の難コース、雪は大丈夫でしたか?
    レポ楽しみにしています♪

  3. nobu | URL | -

    チリビーンズ♪

    いつもほんとに楽しみに読ませて頂いています。
    わくわくが止まらない。
    お山ぜんぜん行けてないので、ほんと楽しいです。
    きれいにまとめてあって、お写真も綺麗です。
    私のとは大違い(><;)

    チリビーンズを見て、フライパン欲しくなってパソコンでぽちっと注文してしまいました。
    そして、私もこの秋で、お山二年生になりました。
    シェラフぽちっとしてしまいました。
    楽しみですが、もう冬ですね。。

    いつも楽しみにしています。

    nobu

  4. devilman | URL | -

    すれちがい

    すれ違いでしたね。

    こちらは、12日早朝から白出沢を登りはじめ、穂高岳山荘泊まり、13日朝から奥穂高、ジャンダルム、西穂高、ロープウェイ、下山、というコースでした。
    雪が降ったから、涸沢はきれいだったでしょうね。

    まだ、二日目のレポート上げていないんだけどね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/229-17fc01d4
この記事へのトラックバック


最新記事