--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図の整理と保管方法

2011年08月09日 06:15

登山を始めて9ヶ月、

今までにいったい何枚の地形図を買っただろうか。

エアリアも買うけれど、必ず地形図も一緒に買った。



「地図が読めない女」 

なんて呼ばせない。その決意の表れかも。






そもそも、登山って何?

あえて、スポーツとカテゴライズしてみる。
だけど、他のスポーツ、たとえばマラソンとは大きく違う。

登山は「運動能力や身体能力」以上に「知識・経験・技術」が大きく結果を左右する。

そしてその結果というのは、タイムや順位ではなくて、
しばしば「生か死か」というところまで発展する。

知的なスポーツ。そこが私を魅了した。




その「技術」の部分を担うひとつが、「読図」。
山に入りはじめて早い段階で興味を持ち、また同時に義務を感じ、読図を勉強するようになった。

私のバイブルはこれ。

入門講座 2万5000分の1地図の読み方 (Be‐pal books)入門講座 2万5000分の1地図の読み方 (Be‐pal books)
(1998/10)
平塚 晶人

商品詳細を見る

実際の地形図が付録としてついているので、ただ読むだけでなく練習ができるのがとてもいい。

実践ではまだまだ上手くないけれど、この本に従って山へいくときには必ず1/25000地形図とコンパスを持っていくようにしている。




しかし、この大きな1枚刷りの地形図の保管について、初めのころは頭を悩ませていた。
(いや、今も悩ませているのだけれど。)


丸めたまま保管したり、
20110728地図丸め

四つ折りにしたり、
20110728地図四つ折


あれこれやっていたら、だんだんぐちゃぐちゃになってきて


20110728地図ダブり
気づいたらダブって買ってたり・・・



もらったパンフも溜まってきたことだし、
20110728パンフ


きちんとひとつの場所に整理しなくては!!


と思ってようやく落ち着いた形が、こちら。

20110728地図
(手前のホームグラウンドってのは、普段トレラン練習に使ってる近所の里山のことです





【わたし流保管のしかた】

1)地形図を山ヤ折りにする

※山ヤ折りの折り方
四辺の縁(余白)を内側へ折り込む
20110728地図折り方1
四隅は三角に折り込んで
20110728地図折り方2
こんなふうに
20110728地図折り方3
長辺を地図を表にして山折り、さらに両縁を谷折りの蛇腹状態にして半分に折る
20110728地図折り方名前部分
左のように、名前の辺だけは四隅を折り込まないでおくと、整理がしやすい
(モンベルの店員さんに教えてもらった方法。右は×の例)


見やすい♪
20110728地図整理例
これできっとダブり買いも防げるはず(笑



さて、この地形図を、もらったパンフ類と一緒に
20110728地図とパンフ
2)エアリアマップに挟んで
20110728地図にパンフはさむ
3)山域別に並べて、見出しをつけて
20110728地図整理後
4)100均のバスケット(笑)に収納



エアリアマップが見えていないけれど、ちゃんと入っている。


ちなみに地形図は、山ヤ折りをすると2種類の大きさになる。
20110728地図2サイズ
基本的にこのどちらかのサイズになるようだ。



ちなみに、実際山へ持っていくときは、現物はもっていかない。

磁北線を書き入れ、
20110728磁北線大

カラーコピーして(右)、ビニル袋のカバーをする(左)
20110728コピーとカバー
もちろん雨対策だけれど、トレランとか晴れでも汗だくでびしょびしょになるからカバーはいつも必要(笑)

ちなみにコピーは、拡大縮小はぜったい×。
2万五千分の1、つまり4cm=1kmという地図上の感覚を目に体に覚えさせるため。

それから、カバーは市販のものも買って使ってみたりしたけれど、紐で首から提げるタイプは稜線の強風にあおられて足元が見えなかったり、紐も絡まって首が絞まったり、かえって危険
丸めて忍者式にザックのショルダーハーネスに括りつけても、ずり落ちてきたりとイマイチ。
結局普通のビニールで十分という結論に。
見ないときは四つ折りにしてズボンのポケットに突っ込んでおくだけ。

そして、山から帰って来たらビニールのままここへしまっておく。
濡れたり破れたりしない限り、同じ山へ行くときはそのコピーをまた持っていけばいい。

また、別の楽しみ方として、秋の夜長や梅雨時期の週末などには、部屋でこれを広げて一人妄想登山。
そんなことをしていると、すぐに時間は過ぎていくのだ。

20110728map-a




ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたらぜひともぽちっと♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    参考になりました!

    まだ地図の量も大した事無いのですが、気になりだしていたところ、参考になりました。ありがとうございます。

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    marineneさん~

    えっホントですか^^
    お役に立てて嬉しいです♪

  3. marinene | URL | -

    すっごい地図の整理の仕方!参考になりましたっ!

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: うふふふ

    devilmanさんコメントありがとうございます♪

    > 山折り部分を端よりも低くすると、地図部分がこすれてしまうのが防げます。


    おお~!そうですね!!
    またひとつ覚えました。ありがとうございました。

    確かに今はツアーもあればGPSも発達しているし、メジャールートなら標識も分かりやすく、好天ならエアリアだけでも事足りるのかもしれません。ですが、山に入る者として、地図を読めるようになっておく事は、山に対する礼儀のようなものだと思っています。

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    ミカエルさん
    ご訪問ありがとうございます(^-^)
    入れてあるバスケットはすでに爆発気味ですので(笑
    また何か方法を考えないといけないかも。
    スマートに登山できるようにしておきたいですね。

  6. devilman | URL | -

    うふふふ

    えらいですっ。。
    いまどき山を始めている人は、かなりなところに登っているくせに、
    地図をもっていません。読み方も知らない人がいます。
    持っていても、昭文社のエリアマップだけってのが多い。

    自分は山岳部出身なので、中学から、こういうの叩き込まれましたけど、
    整理の仕方が、ほとんど一緒ですね。
    自分は地域別のボックスに入れています。
    最近は、国土地理院が地形図のサイズをでかくしたので、ボックスに入らなくなって泣いています。
    折り方は、山折り部分を端よりも低くすると、地図部分がこすれてしまうのが防げます。あとは全く正しいです。
    ちなみに、予定コースをコンパスを用いて一定距離ごとに高度を読み取り、断面図なども作ると、ペース配分を考えるのに役立ちますが、いまはパソコンソフトで簡単にできちゃいますよね。

    そうそう、自分も、通勤の社内や時間のある時に、地図を眺めて妄想していますよ。
    それと、行動は本物をもっていきます。もちろんビニール袋に入れて、です。
    だから、時々新品に更新しています。従って、よく行く山域は、何枚もあり、当時の山を思い出したり、地図の版が新しくなって、その違いを楽しんだりできて、好きです。

    道のない山や雪山の展望のきかない時など、コンパスと地図で行動する時の緊張感は、その時は苦しいけれど、後から思い出すと充実感ありますね。

    ぜひ、くれぐれも気をつけてお楽しみくださいね。

  7. ミカエル | URL | /pdu0RA.

    地図を読む女、地図をちゃんと整理して保管する女、かっこいいです。凛々しい感じです。

  8. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 凄いです!!!

    やすぅさん
    コメントありがとうございます♪
    まだ発展途上でお恥ずかしいですがf^_^;)
    四つ折りで事務用のトレーに入れたり、
    折らずにベッドの下に収納とか、色々聞きます。
    自分のスタイルにあった方法が見つかるといいですね(^O^)/

  9. やすぅ | URL | UbCtKfmc

    凄いです!!!

    興味のあることだったんです!
    整理が苦手なので
    私もMikiさん流に整理してみようと思いますv-91

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/23-c8575b48
この記事へのトラックバック


最新記事