--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快晴の稜線へ!涸沢~ザイテングラート ― 北ア day2

2013年10月25日 23:22

これまでのおはなし→ *

天候不良でルート変更、横尾に泊まった朝。

DSC_9381.jpg

起きてみたら、晴れてる~☆

夜、ぱらぱらと降っていた小雨もすっかり止んでいる。

下で雨ということは、上は雪だったのだろう。

DSC_9386ccss.jpg

テント脇の草には霜が降りていた。

でもテントの中は全く寒くなかった♪

(プロモンテVL24 + モンベルU.L.スーパー スパイラルダウンハガー #3)



予報では稜線は午前中強風、そしてその後は安定したお天気に。

着くころにはお昼になってるので、これは行けそうと判断。

8割がた稜線まで登ってしまう気持ちは固めた。

それでも万が一を考え、涸沢泊まりの可能性も一応は捨てずに、


AM6:10 横尾 出発




↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村





橋手前のテン場。パンパン。
DSC_9391.jpg

奥のテン場。撤収済みの方もいらっしゃるけれど、上の場所よりは空き多し。
DSC_9392.jpg

橋を渡って出発。橋の先はハイカー入山禁止。登山者のみが渡るのを許される橋。




屏風岩を過ぎて…
DSC_9396.jpg

テントの中は暖かかったとはいえ、外は寒い。

ダウンジャケットが脱げず、着たまま歩きだしたのだが、さすがに暑くなり脱ぐ。


ダケカンバが綺麗。
DSC_9397.jpg

1時間かからずに本谷橋到着。あれっこんな新しい橋出来てた。
DSC_9398.jpg

ここまではお散歩だが、ここから先はしっかりがっつり登りコース。

シェルも脱ぎ、長そでシャツ1枚に。(どんだけ着込んでたんだか。笑)


歩き出してしばらくすると…



渋滞…
DSC_9399.jpg
トレランレースか!?

これが涸沢までずっと続くのか?と思うと軽くめまいがしたが、

そんなことはなく、しばらくして解消された。ほっ

人は多いが抜かしたり抜かされたり、各々マイペースで歩く。

奥穂が見えてきた。岩のうえの休憩ポイントで休む人たち。
DSC_9404.jpg
私はまだ歩けるかな、ともう少し進んでみるが、

樹林帯が開けたあたりでシャリバテを感じ、結局一休み。

給水はハイドレ利用でこまめに補給できるけれど、食事はね。

ジェルは持ってきているけど非常用で、普段の山歩きでは積極利用はしない。



休憩ポイントから見えた白出のコルとザイテングラート。
DSC_9405.jpg
小さな赤いお屋根は穂高岳山荘。こんやのお宿はあそこのテン場。

さ、歩きますよ~
DSC_9412.jpg

登ってきた道、屏風岩方面を振り返って。
DSC_9418.jpg
登る人も多いが、下る人も結構いた。

涸沢テン場到着。
DSC_9422.jpg

上へ行くと決めたので、素通りして涸沢小屋へ向かう。

紅葉に負けないカラフルテントの花。連泊組も多そうだ。
DSC_9425.jpg

AM9:00 涸沢小屋テラス到着
DSC_9430_20131025051244f90.jpg

今日は上まですっきり見えている♪(嬉)
DSC_9434.jpg


ちなみに二年前に来たときは、こんな感じ↓↓↓

20110816-6 涸沢小屋からオクホ
比較のため敢えて同じ場所で撮ってみた(笑)


本日の涸沢小屋、満員なり。
DSC_9432.jpg
3人以上って4人もあるってこと?(怖)


テントでよかった。

ん、ちょっと待てよ。…この混雑ぶりということは。

上のテン場、小さいけど、張れるのかなぁ???

張るとこなかったら小屋泊まりになっちゃうよ!!(((;゚Д゚)))

早く行かなくちゃ!!!(焦)





でも、ここまで時間通りに歩けているし、お手洗いもお借りしたいし、

ちょっと休憩しちゃおー

DSC_9429.jpg

C360_2013-10-13-09-07-34-964.jpg
ランチじゃないの、おやつおやつ♪



外のお手洗いが清掃中ということで、小屋の中のお手洗いを使わせてもらうことができた。

ヒュッテは泊まったことがあるが、涸沢小屋の中に入るのは初めて。

洋式の清潔なお手洗いでびっくり★

今度はこちらにも泊まってみたいな…混んでないときに!!!笑


ポカポカ陽気の居心地の良い涸沢小屋のテラス、

結局45分ほども長居して、ようやく重い腰をあげ、出発。
DSC_9440.jpg
涸沢ばいばい。


ザイテングラートアップ。
DSC_9443.jpg
カールのガレの中に、緑の巨大なサブウェイのサンドイッチが寝てる感じ?!


涸沢ヒュッテからのパノラマコース経由のほうが遠回りかなと思って、

涸沢小屋裏のほうから登ったのだけれど、

ザイテンに取りつくまでの道、結構な急登でありました。。。


明日歩く予定の吊尾根&前穂。ホントに歩けるのか???
DSC_9447.jpg

一本のまっすぐな道の先に、ザイテンの取りつきはある。
DSC_9449.jpg


落石注意、と出てきたので素直にヘルメット装着。
DSC_9450.jpg
周りを見回すと、被っていない人も結構いたけれど、

2年前に比べたら格段に被っている人が多かった。



ザイテン取りつきから見た、北穂への登山道
DSC_9460.jpg

寄ってみる。あそこもかなりな急斜面。でもいつか登ろう。
DSC_9459.jpg

さぁ気を引き締めて、ザイテンへ!
DSC_9461.jpg

難しいところはない。ただ岩岩をひたすら登る。

所々切れ落ちていたりするところはあるので気を付ける。

息が切れるので、しばらく登るごとに一呼吸おきながら。



しばらく登って振り返ったところ。
DSC_9464.jpg
さっき下から見上げた取りつきの一本道がもうあんなに小っちゃくなった。


ちょっとした鎖場。下りの人とすれ違えないので待つ。
DSC_9468.jpg

日陰はうっすら雪。やっぱり昨夜、降ったらしい。
DSC_9469.jpg

ふーっ だいぶ登ってきた。
DSC_9473.jpg

えっもうあと20分だけ!?
DSC_9474.jpg
地図のコースタイムでは、涸沢から白出のコルまで2時間半とある。

ザイテンの取りつきまで歩いた1時間を計算に入れるのを忘れて、

取りつきから2時間半登るのだと勘違いしていたので、

あっけないやら、嬉しいやら。


登ったな~。涸沢ヒュッテ、テン場がうんと下の方に小さく見えている。
DSC_9477.jpg

10数名の団体さんとすれ違った。7割方、ヘルメット着用。ほほぅ。
DSC_9484.jpg


PM12:15 奥穂高岳山荘テン場到着♪

DSC_9485.jpg

きっかり2時間半、CT通りだった。

2年前に登った時は、小屋泊装備なのに3時間かかっていた。

雨降ってきて途中でレイン着込んだりしてたのもあるけど…

今回はテント泊装備でCT通り登れたので大満足。



テントの受付は12:15~とのことで、

絶妙なタイミングで登ってきたことに我ながら少し笑えた。

さ、場所確保して設営設営♪






day2 後半、『お昼寝と奥穂と涸沢岳』に続く。


ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


↑ブログランキング、「登山・キャンプ」からカテゴリー細分化されてたので「登山」に登録してみました。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/231-ca23d501
    この記事へのトラックバック


    最新記事