--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の山って美しい。お昼寝とオクホと涸沢岳 北アday2続き

2013年10月27日 21:30

これまでのおはなし <day1> <day2>


奥穂の目の前、白出のコルのテン場に今夜の寝床を作った。
DSC_9488.jpg
お部屋から常念岳丸見え。素敵。

やっぱり稜線のテン場には、かなわない。






穂高岳山荘の前のテラスにてランチ→例によってお昼寝(笑)→夕方、涸沢岳へ

2年の間、焦がれていた景色をようやく見ることができた。





↓↓↓続きの前にポチッと三拍子♪
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村




棚田のように岩場にへばりつくテン場。

DSC_9485.jpg

整地されているため、ほとんど平らで張りやすい。

このような場所にこれだけのテン場を作るのは相当な労力だったと思う。

ひとり一泊700円でここに張らせてもらえるのだから、本当にありがたい。

しかも、帰宅後、穂高岳山荘のウェブサイトをチェックしていたら、

幕営料は「外来トイレ使用料を含みます。」と。

そうなんだー。使うたび100円入れてた(笑)



しかしこのテン場、このような立地だけあって、かなり狭かった。

私のテントは長辺に出入り口があるため、

奥のテントの方々の出入りを考えたら、前室が作れなかった…

このテン場に張るなら、アライのエアライズみたいに短辺に出入り口があるテントのほうがいいのかも。



まあ、そういう多少の不都合は、絶景でカバーされてありあまる感じではあるけれども
DSC_9498.jpg
素晴らしきマウンテンビュー。




さて、

山荘前のテラスに移動して、ランチ。

取り出しましたる、ネギ。
DSC_9489.jpg

刻んで干し野菜とともにラーメンに投入。
DSC_9492.jpg
汁少な目。汗かいたあとは塩分濃いめがたまらん。


目の前には、2年前には全く見えなかった奥穂。北斜面にうっすら雪化粧。
DSC_9494.jpg
オクホー!会いたかったよー。




って、



それにしても、



すごい人やな…
DSC_9495ww.jpg
と、食べながら見つめていたら、なんだか怒号が聞こえてきた。


「こっち40人待ってるんで先通してくださーい!!!」


多分、上り優先とばかりに登ってきて下りの人が相当待たされていた模様。

お昼過ぎ、涸沢ベースの日帰り登山者がちょうど行き交う時間帯だ。

連休の混雑ここに見たり…。落石の危険も増して、危ない気もする。

この時点で、食後に奥穂アタックしちゃおうかなという気持ちは失せた。

今日登らなくても、どちらにしろ明日吊尾根経由で帰るなら奥穂は通るんだし。



テラスは陽があたっているが、風が出てきて結構冷たい。

ダウンを着ていても指先が凍りそう。

ラーメンを食べ終えたら、そそくさとテントに戻り、寝袋にイン♪

ぬくぬく~としていると、眠気が…



うとうとして起きると、PM4:00

なぜ山の午後はこうも時間がワープするのだろう?おかしいな。




奥穂の混雑も緩和されたようだが、奥穂は明日にとっておいて、涸沢岳へGO!

テン場の裏のガレ道をジグザグ登っていく。
DSC_9507.jpg


20分ほどで山頂ゲット。空が青い。
DSC_9517.jpg
ちなみに2年前は灰色だったけどね。



北穂から縦走の人たち?にしてはザックが小さいけれど。
DSC_9508.jpg
切り立った岩にワクワク♪



稜線で見たかったもの、それは

この絶景。
DSC_9516_2013102603083028c.jpg

2か月前は、あちらからこちらを眺めていたっけ。
DSC_7481.jpg
↑今年8月、槍の穂先から見た北穂、涸沢岳、奥穂(クリックで拡大)



日本の山って、こんなにも美しい。
DSC_9509.jpg

右のふたこぶらくだみたいなのが北穂高岳。
DSC_9511.jpg

左奥に立山も見えている。槍との間にちらりと見えてる白っぽい頭はたぶん、野口五郎岳。
DSC_9526.jpg

南岳越しに針ノ木岳。右奥には後立山連峰:旭岳、白馬岳。
DSC_9527.jpg


冷たい風の吹く山頂で、30分以上もがんばっていた。

言葉もなく、ただ山を見つめて。

だってこの30分のために、1日半かけてここまで登ってきたんだもの。



ずっとずっと眺めていたいけれど、日が暮れる前に帰らなきゃ。
DSC_9535.jpg

奥穂の西側の稜線。一日が終わってゆく。
DSC_9543.jpg

DSC_9548.jpg

テン場はお昼寝の間にヘリポートまで拡張されていた。みんな無事張れたみたいで、よかったね。
DSC_9552.jpg

前穂と三日月。
DSC_9540w.jpg


夕暮れ、テントに戻って冷えた体に熱々の珈琲を。
DSC_9560ws.jpg


ヘリポートもいっぱいで、小屋前に張られたテント。
C360_2013-10-13-17-44-42-832.jpg
裏のトイレ前にもびっしり張られていてびっくり。

遅い時間の到着ということは、上高地から1日で登ってきたのかもしれない。

すごいなあ。私も1日で上がれるように、いつかはなりたいな。




となりのテントのおじさんから、使い捨てカイロを持っているか尋ねられた。

持っている、と答えると、それ以上何もおっしゃらなかったので、何か尋ねると、

なんでも、山荘で湯たんぽの貸し出しを行っているそう。

それはぜひ利用してみたいでしょ!

ということで、好奇心の塊で借りてきた湯たんぽ、一晩200円。
DSC_9564.jpg
フェイクファーの可愛い袋入り。

隣のおじさん、情報ありがとう。



この湯たんぽを寝袋の足元へ。

使い捨てカイロの貼るタイプを1つ、背中へ。

貼らないタイプを手持ちで顔周りに。


横尾よりは冷えた稜線の夜も、3季用テントと夏シュラでまったく寒くなく過ごすことができた。

もっとも、前日、雪の降った夜はマイナス4℃とか誰かが言っていたが、

この夜はそれほどは冷え込まなかったようだ。

雪も降らなかった。ただ、風が結構吹いた。



夜、街の明かりが見えた。安曇野?松本かな?
DSC_9583.jpg



星がとても綺麗な夜だった。

折角三脚を持って行ったのに、腕が伴わず、ろくな写真が撮れなかったorz

修行して出直し。




明日はロングコースを歩く。無事下山できますように。

オクホに願って、おやすみなさい。








続く。






ポチッと3拍子↓↓↓
 にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ







スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    3000m峰の稜線は、やはり特別な趣がありますねー
    高山は秋も終わりと思うと気が急いてしまいました。
    なんだかもう、登りたい山が多すぎて手に負えません。
    山の名前、常念がお気に入りですか。山容も凛々しいですよね。
    私は名前で言えば空木岳が好きです^^(ここは深田先生と被ってます)
    ラーメンは味噌派ですか、私は何かなー
    うーん…全部好き!(笑)今回はとんこつでしたけどね。
    今回のように3日ほどの日程では、1度はラーメン食べちゃいます。

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: カメラ

    appleさん

    重量も重視ですが写真も重視したいです(笑)
    剱でも槍でもデジイチ首下げスタイルで行きます!
    でも、この続きで書きますが、吊尾根&重太郎新道の下りは
    結構危なくて、やむなくはずしました…。
    お天気に恵まれれば、空の青は撮れますね!
    全ては神様次第、日頃の行い次第!?(笑)
    スマホのアプリは何種類もDLしみては消したり、色々です(笑)

  3. | URL | ZGMDThxQ

    いいですねぇ、このロケーション。
    私には到底マネのできない山ワザなので、レポを読んで
    登ったつもりになってます。
    常念岳って、名前がいいですよね。いつか登りたいって
    ずっと前から思ってましたけど、未だに実現してません。
    山(低山)では私もラーメンが多いかな。山で食べると
    どうしてあんなに身に沁みて美味いんでしょうね。私は
    圧倒的に味噌ですけどね。

  4. apple | URL | PHnCRIic

    カメラ

    重くても、一眼レフ活用なのですね。
    女子だし、重量重視かと思っていました。
    山の写真、特に空の青さと、山のコントラストが
    とても綺麗だと思います。
    こんなふうに撮りたいです^ ^

    スマホのアプリは、何がお勧めですか。

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: はじめまして。

    appleさんはじめまして!コメントありがとうございます。

    週末は山優先で他の事がそっちのけになってます…^^;
    カメラはよく尋ねられるのですが、NIKONのデジタル一眼です
    D70S、10年近く前の化石のようなモデルですが現役です
    長いこと使ってる割に未だに撮り方をマスターしてません(>_<)
    今は素晴らしい後継機がたくさん出ていますねー
    あ、あとスマホのカメラアプリも併用しています。

  6. apple | URL | PHnCRIic

    はじめまして。

    先日から、拝見させていただいています。
    同じアラフォーとは思えない行動力、素直さで、、真似したいです。
    写真も綺麗で、惹きつけられます。
    自然を綺麗に撮れる、カメラを探しているのですが、どんなカメラを使われていますか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/232-e7b82cd6
この記事へのトラックバック


最新記事