--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のモルゲンロート@蝶が岳 その3

2014年10月06日 00:01

行程表&三股登山道の写真はこちら→蝶ヶ岳その1
北ア主稜線まるみえの絶景写真はこちら→蝶ヶ岳その2



9月23日~24日の1泊ゆるり登山。

台風接近で24日は天候が崩れるというので、

モルゲンロートは見られないだろう、それでは、と

アーベントロートに望みをかけた。



ところがどっこい。


朝日は一瞬だけ顔を出してくれた。
IMG_0145_R.jpg



続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村

夕方4時半、早めの夕ご飯。

豚汁とおうちで握ってきたおにぎり。
IMG_0112_R.jpg
豚汁の具は小松菜、だいこん、にんじん、豚コマ
おにぎりはおかか&梅

快晴で期待していたアーベントロートは

あ、あれ…
IMG_0113_R.jpg

南西からもくもくと雲が湧き上がり、あっというまに空を覆ってしまった。

その雲の間から、まるでろうそくの火が消える瞬間に燃え上がるように、一瞬ぽうっと赤く染まった空
IMG_0120_R.jpg

開けた山頂のわりに、電波の届きが悪い。

蝶ヶ岳ヒュッテの周りだけかろうじて入るので、移動して天気予報をチェック。


明日は

『午前中から崩れ始め、午後から暴風雨。 警戒事項:テントの倒壊(byヤマテンさん)』


テントの倒壊って(@_@;)

居合わせた単独ハイカーさんも天候を気にしていたので、情報をお伝えし、お互いの明日の行程についてしばし話し合う。

私は下りるだけだが、常念から槍まで縦走を計画していた彼は、明日はどこかで停滞を余儀なくされそうだ。

特に長い縦走などでは、今回のように、

天候によっては適切に判断し計画を変更していくフレキシビリティも登山技術のうち。

25㎏はあるというザックを背負って縦走できる体力もだが、

そういったテクニックも私にはまだ足りていないな~

日々之精進なり。


* * *


テントに帰り、寝袋に潜り込む。

このモンベルのクラッシャブル ランタンシェード、とてもお気に入り♪
IMG_0127_R.jpg
お風呂の割引券は、蝶ヶ岳ヒュッテで「ちょうだい」というともらえる。

風はフライをあおっていたが、真夜中すぎには不思議と止んだ。嵐の前の静けさ?

夜中に一度トイレにいったときに見えた下界の明かりがきれいだった。

厚い雲に隠されていた星空も、明け方には見えていた。
IMG_0129_R.jpg

朝ごはん。
IMG_0128_R.jpg
安曇野の24時間営業のスーパー、西友豊科店でゲットした地元のパン

星が見えていたということは、モルゲンロートが見えるかも?

テントを撤収しながら期待して日の出を待つ。

そして、朝5時半すぎ
IMG_0134_R.jpg
!!!


あわててカメラを持って山頂へ走る(笑)


そして


ああ…
IMG_0136_R.jpg
おはよう、北アルプス

小屋泊まりの人も、テントの人も、このときばかりは一斉に山頂に集合(笑)


穂高岳山荘にお泊りのあなたも、北穂高小屋にお泊りのあなたも、
IMG_0157_R.jpg

南岳小屋に、槍ヶ岳山荘にお泊りのあなたも、おーいおーい、みんなおはよう♪
IMG_0159_R.jpg

ずっと眺めていたい、だけど刻々と時は流れる。


東の空を振り返ると、元気よくスタートダッシュを決めた太陽だったのに、

すぐに雲の中に隠れてしまった。
IMG_0174_R.jpg

テン場に戻って片付けかけのテントを撤収。
IMG_0166_R.jpg

思いのほかに静かな朝を迎えられたことに勇気づけられて、

「蝶槍までお散歩してから下山しようか」

誘惑の思いつき。

いやいや、だけど途中で天候が崩れて慌てるのもいやだし、

欲張っちゃいけない。今日jは下りよう。

とても後ろ髪はひかれるけれど。


槍の向こうに見えたのは、水晶、鷲羽だったかな。
IMG_0163_R.jpg
さようなら、北アルプス

南斜面に下ります。@6:30
IMG_0177_R.jpg

南アルプスの稜線越しに、富士山
IMG_0176_R.jpg


三股登山道は95%森林限界以下。

絶景はすぐに見えなくなり、急な道を一心不乱に下る。

台風がやってくるとわかっていて登ってくる登山者などいないだろうと思っていたら、

意外に6~7組とすれ違い、驚いた。

その中の1組の帽子には、「長野県警察」と。

山岳警備隊のみなさんであった。

パトロールご苦労様です!ありがとうございます☆


一目散に下りて、幸い雨に降られることもなく、2時間半であっという間に登山口@9:00。

IMG_0185_R.jpg
本日はさすがに無人(笑)


* * *

割引券をもらった「ほりで~ゆ~四季の郷」

朝10時からの営業ということで、しばし車内待機ののち利用

お風呂でさっぱりの後は、

食べログに載っていたお店「晴れる家」さんに立ち寄り大エビ天丼を注文
IMG_0187_R.jpg
ちなみに後ろのエビスはお茶ですから!

晴れる家さん
食べログ


ごはんを食べ終わってもまだ時間がたっぷりあったので

何を思ったか下道で帰ってみることに。

1・5時間くらい余分にかかったけど、のんびりドライブもたまには楽しいな~なんて(←運転好き)

途中の道の駅で爆睡したりとか(笑)


すべてにおいて一人きまま旅なのでした。



おしまい♪

Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    ウリャ~さん

    ぜひ見てください!
    雪予報さえ出なければ今週末も登れますのでぜひぜひ~
    蝶が岳、燕岳は稜線に小屋もあり、お天気さえよければ本当に素晴らしいです!
    常念もすごそうなので登ってみたいです。(←30年前に学校登山したが記憶になし。苦笑)

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    目目連さん

    こんばんは!
    槍穂かぶりつきでしたよ~
    ヤマレコのレポや写真で蝶の展望の知識は得ていたけれど、
    百聞は一見にしかずとはこのことですね!

    > 『10年に一度』だなんて、1シーズンに何回か言うみたいだけど

    えっ!そうなんですか(笑)
    じゃあ小屋番さんのいうことは話半分に聞かなきゃ(爆)
    しかし台風が来るよと言われている日の朝に、
    まさかモルゲンロートが見られるとは思わなかったので
    ラッキーでした☆

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    翼さん

    途中の道は忍耐ですよねぇ~お花ないし(苦笑)
    でもその修業を補って余りある景色がご褒美だったのでよしとします。
    エビスはお茶ですよ!この後5時間近く運転したのですから^^;

  4. ウリャ~ | URL | z2Xy7H.g

    モルゲンロート・・・一度でいいから観てみたい・・・

  5. 目目連 | URL | GLZpgBss

    Mikiさん

    どもですー。

    ちょ~っとこのレベルのモルゲンはなかなかお目にかかれないでしょうね。
    しかも蝶から槍穂高かぶりつきじゃないですか。
    うーん。
    最高のシチュエーションですね。

    小屋の人がリップサービスで『10年に一度』だなんて、1シーズンに何回か言うみたいだけど、それを地で行った感じですね。
    いやいやいや。
    すばらしい。

  6. | URL | ZGMDThxQ

    花の時期が終わると、山歩きから里山ハイクにモードチェンジします。
    でも、こんなレポやカットをみさせてもらうと、やっぱりいいなぁっ
    ていつも思いますね。
    ガッツリ大エビ天丼にもそそられるけど、バックのエビス… 本当に?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/250-8ca92d4a
この記事へのトラックバック


最新記事