--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロースタートでテン泊、紅葉の八ケ岳 2014.09.27~28

2014年10月07日 00:15

ソロテン蝶ヶ岳から2日おいて週末、お天気が期待できそうなので、また山へ。

しかし、今回は制約が2点。

1)土曜の朝、通院のため家を出られるのが午前10時。
2)日曜の夜、ディーラーとの約束が午後7時。

つまり、この33時間の間に家-現地間の移動と山歩きを完結させなくてはいけないのだった。

初日は日没までに時間的余裕をもって小屋またはテン場に着ける山、
翌日は行楽シーズンの高速渋滞を加味しても時間までに帰ってこられる山、

・・・

本当は後立山あたりに行きたかったが、地理的に遠すぎて無理。

比較的近場の山から木曽駒、御嶽山、仙丈/甲斐駒あたりが候補に。

迷った挙句、最近登っていない八ケ岳に決定。

気づけば、南八ツは3年ぶりであった。


3年前の記録→<天望荘泊プチ縦走編> <赤岳日帰りピストン編>


IMG_0211 tobira
南沢のしっとりした苔の緑、

IMG_0220 - コピー_R
緑の森からドラマチックに表れる横岳と紅葉、


くるくると変わる道を楽しみながら、歩いてきました。


そして、夜はお楽しみの山ごはん。


=====山メモ=====

日程:2014年09月27日(土)~28日(日)

山域:八ケ岳(赤岳~硫黄岳)
天候:2日とも快晴

スタイル:軽量テント泊(12㎏)BCスタイル

ルート:
day1 赤岳山荘P13:20-13:28美濃戸山荘13:30-15:32行者小屋テン場(泊)
    山行2時間10分 休憩 2分 合計 2時間12分
day2  起床4:20、テントデポにて出発05:40-06:42中岳分岐-06:52キレット分岐-07:12赤岳山頂(休憩)07:30-07:33赤岳頂上山荘(トイレ)07:40-08:05赤岳天望荘-08:10地蔵の頭-08:58横岳(三叉峰)-09:10横岳(奥の院・休憩)09:30-10:00硫黄岳山荘(トイレ&コーヒー)10:40-10:58硫黄岳11:05-11:15赤岩の頭-12:00赤岳鉱泉(カレーランチ)12:40-13:07中山乗越-13:10中山尾根展望台13:12-13:14中山乗越-13:18行者小屋(テント撤収)13:50-15:00美濃戸山荘15:10-15:20赤岳山荘P
    山行 6時間44分 休憩 2時間56分 合計 9時間40分


駐車場:赤岳山荘(1日1000円)

お風呂:ダッシュで帰宅のため未利用

==============





続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村
行きは夜中に走らせることが多い中央道、

今回は朝10時出発のため車の多さにちょっとひるむも、渋滞はなく安堵。

とはいえのんびりランチをしている時間はないので、駒ヶ岳SAでささっと買い食い。

それもまた昼間の移動の醍醐味ってことで。

これ美味~!クリ~ミィ♪
IMG_0188 - コピー_R
ん?野沢菜なんて入ってたっけ?チーズっぽいお味はした。また買おうっと。

高速を降りて美濃戸へ向かう道、雲一つない青空がまぶしい。
IMG_0192 - コピー_R
今登ってやるぜ、待ってろよ、八ツ!

* * *

八ケ岳、ずっと登りたかったんだけど、一つだけ懸念事項があった。

それは、美濃戸口から美濃戸までの悪路。

私の車、アクアちゃんはまだ2歳なのでちゅ。

前に登った時は10歳ちかいおじいちゃんフィールダーだったので、

お腹とか多少擦ってもぜんぜん気にしなかったのだけど。

お腹を擦らない安全な駐車場、手前の美濃戸口に停めて1時間余分に歩くか?

神経を集中し細心の注意を払って美濃戸まで突っ込むか?

それが問題だ!(ちっさ。)

(実際、車を買い替えるときに、この道のためだけにジムニーにしようか一瞬迷ったのだった。

結局は普段の通勤使用を考えて燃費を取ったわけだが。笑)

いやそれ以前に、こんな時間に行って駐車場は空いてるのか?

などと悩みながらも実際は、美濃戸口に停めてたらテン場到着が夕方4時半頃になってしまうので

現実的には美濃戸一択だったわけだが、

なんとか無事美濃戸まで入ることができ(ホッ)、駐車場もかろうじて空いていた。

自宅からジャスト3時間で赤岳山荘駐車場到着。

八つは近いねぇ~。もっと来よう。

* * *


速攻で身支度を整え、いざ出発~@13:30 ←遅っ^^;
IMG_0194 - コピー_R
行者小屋をめざすので、南沢を行きますよ。

ああ、懐かしい、むせかえるような緑の道。
IMG_0196 - コピー_R

あれっこんな柵、3年前はなかった。
IMG_0197 - コピー_R

この橋も無かった。
IMG_0198 - コピー_R
整備、ありがとうございます^^


2011年の夏と秋に歩いたときは、割とがんばって歩いたという記憶のある道だったが

今回歩いてみると、びっくりするほど歩きやすかった。

この岩に腰かけて休憩したな、とか

ここはすべりやすかったな、とか

3年前の記憶がよみがえってきて、楽しい山歩き。


そして、苔の道からパカっと急に開けて八ツのおでまし。
IMG_0208 - コピー_R

秋だね~
IMG_0209 - コピー_R

撮影用のブルーバックみたいだけど、ホンモノの青空!
IMG_0216 - コピー_R
八ツって朝9時~10時すぎると雲が湧いてきやすいけど、今日登ってる人は最高ね。

お宿はもうすぐ!
IMG_0221 - コピー_R

はい到着~@15:32
IMG_0222 - コピー_R
CT2時間のところ、テン泊装備でほぼその通りに歩くことができて満足!

このところ毎週山に行ってたから、ちょっと鍛えられたかも(嬉)♪

(あ、朝出発だから前日しっかり寝たってこともあるかな?笑)



テント場利用の申し込みをして、小休憩。

考えてみれば、2時間休憩なしで歩いてきたのだった。
IMG_0223 - コピー_R
おやつは無印のクッキーなり~

テン場は混んでたけどなんとか場所を見つけて張ることができた。
IMG_0226 - コピー_R
阿弥陀岳が見えるところに。

秋の日はつるべ落とし、日が暮れる前にごはん。(クッキーは別腹。笑)
IMG_0234_R.jpg
久しぶりに白ごはんも炊いてみた。&スンドゥブチゲ

テン場から見た、日暮れ前の行者小屋
IMG_0237_R.jpg

そして日暮れ。暗くて見えないけど実はメンバーあまり変わってない=宴会継続中(笑)
IMG_0241_R.jpg
みんな元気だな~

私は明日ちょっとだけがんばって歩くから、お先に寝まーす。
IMG_0244_R.jpg
阿弥陀岳さんおやすみなさい。



* * *

寝袋にもぐりこんでから、電波の届きの悪い携帯をいじっていて

なんとかつながったその瞬間、御嶽山噴火のニュース記事が目に飛び込んできた。

えっ・・・

もしかしたら自分が今日登っていたかもしれない山。

御嶽はテン場がないので、泊まるとしたら五の池小屋が候補だったが

行程を考えると時間的に難しそうだという理由だけで、今回の候補から外した山。

もし、朝、病院の予約が入ってなかったら…


もしという言葉は言い出したらきりがないけれども、

登っている人は多かったはずだ。みんな大丈夫なんだろうか。

ざわつく心とは裏腹に、ここちよく疲れた身体は睡魔に襲われ眠りに落ちたのだった。




Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    devilmanさん

    ご無沙汰しています。
    はい、復活してました^^
    前穂もいいですね♪
    もう残り少ない秋山シーズンを楽しみましょう☆

  2. devilman | URL | -

    あれ、復活してる。

    しばらく、こちらもブログを放置していたら、Mikiさん復活していたんですね。
    すっかり、facebookとヤマレコに移っていて、こちらのブログはヤマレコのリンクを張るのがせいぜいになっています。

    でも、山は毎週末。

    今年の秋は好天ですね。この日は確か、前穂日帰りだったかな。

    またよろしくね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/251-51fcd6a4
この記事へのトラックバック


最新記事