--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山焙煎珈琲

2014年10月31日 07:30

クッカーで生豆を焙煎できるとFBで情報を得て、

さっそく庭で実験。

なかなかうまくできたので、山で実践(実験?)してきました。

IMG_4897_R.jpg
さて、どこのお山でしょう?





続きの前に ↓↓↓ポチッと三拍子♪ <(_ _)>
Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村
まずは庭での実験から。

クッカーはEPIのチタンのもの。
IMG_4825_R.jpg

生豆は20gほど。

焙煎すると少し重量が減るため、アメリカンで2人分、

もしくは大きなカップでなみなみ一人分、つまり飲みきりの量。


ストーブ点火
IMG_4824_R.jpg

中火くらい。

クッカーを浮かせて常にしゃかしゃか振る(五徳に置かない)

少し焼き目がついてきた
IMG_4826_R.jpg

なるべくムラにならないように、シャカシャカ~

豆も少ないし、チタン鍋が軽いからザルと違って手が疲れない^^

IMG_4827_R.jpg

少量の豆でも煙がもうもうと出る

IMG_4829_R.jpg

4~5分でパチパチ爆ぜだす

ちりちりと2ハゼの音が聞こえてきたら、焙煎終了

IMG_4830_R.jpg

深めが好きなのでこれくらいで。

不思議なことに、ザルで焙煎するときと違って

チャフがほとんど飛ばない。

じゃあ、どこへ行ったの?というと、

鍋肌にくっついていた。
IMG_4833_R.jpg
(iPhoneカメラのため画像が荒くてすみません)

焙煎後はクッカーのふたにジャッとあけて粗熱を取る。

鍋肌のチャフは入らないようにするが、豆に混ぜっているチャフはそのまま。

チャフは雑味の原因と言われているので、本当はあまり入れない方がいいのだが、

まったく入れないとそれはそれで物足りない味になるとも聞く。

おおらかに、好きなようにやれるのも、自分のためのコーヒーだからこそ。



粗挽きに挽いて飲んでみると、ザルで焙煎するよりも少し苦味が出たが、十分な出来。

空炊きに近くなるため心配したクッカーもなんともない。

コーヒーから出た油分で少しべたつく程度。チャフは拭けば取れる。

これ、結構いけるんじゃん???




調子に乗って、翌週の山に生豆を持って行って

焼き立て・引き立て・淹れたての山珈琲を実践してみた。

10387578_519210858216296_4653335071392952544_n.jpg
お行儀悪くてすみません^^;


例によって20gの生豆
IMG_4954_R.jpg

気温が低いので、庭での実験時より少し余分に時間がかかった。

IMG_4956_R.jpg

粗熱を取るまでもなく、すぐに冷える(笑)

ポーレックスでがりがり挽いて・・・

湯を落としてみると、
IMG_4959_R.jpg
焼き立ての証拠、ぷっくりおまんじゅうのようなコーヒーの花が咲いた

524129_519210971549618_369604942933946016_n.jpg

岩の洞窟のような場所で淹れていたのだが、

外から子どもの声が聞こえてきた

「誰かがいるよ?」
コーヒーのにおいがするよ!」







山焙煎、楽しかったです!!






山行レポはまた次回♪


Blog Ranking / fc2Blog / にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 妄想珈琲

    rommyさんこんばんは!

    そうそう、秋山は特に冷えますから、お手洗いは近くなりますね。
    コーヒーは特に利尿作用がね。
    山頂に小屋(お手洗い)がある山だと安心ですね♪
    私はどちらかというとトイレはガマンできる方なのですが、
    それでも念のため、最近は常に携帯トイレを持ち歩いておりますです~

  2. rommy | URL | /pdu0RA.

    妄想珈琲

    山焙煎珈琲、最高に贅沢で美味しそうです♪どんな薫りがするんだろう~スィーツは何が合うかな~なんて想像を膨らませながら(^_^)

    けど、コーヒーを飲むとトイレが近くなりませんか?なので、夏じゃないと山頂コーヒーができません(;_;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/263-e403eb93
この記事へのトラックバック


最新記事