--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しき苔の森へ…美濃戸~行者小屋 【南八ヶ岳縦走】その1

2011年08月20日 06:15

怒涛の山行3連チャンが終了し、ようやく八ヶ岳のレポを。

もう1週間も前のことになってしまったけど、
まだ昨日のことように記憶に残っています

1日目はガスで赤岳からの眺望が得られず残念でしたが、
苔むした樹林帯、岩稜のロックガーデンを楽しみました。

===登山情報===

日にち:2011年8月11日&~12日 小屋泊

地域:八ヶ岳

天候:1日目/曇り時々晴れ、昼からガス~夕方雨 2日目/快晴

ルートと所要時間:
1日目・・・8:25美濃戸-11:10行者小屋(休憩)11:55-文三郎尾根-14:10赤岳15:25-15:45天望荘泊
2日目・・・7:00天望荘-8:04三叉峰8:24-8:38横岳-9:25硫黄岳山荘10:00-10:23硫黄岳山頂10:40-10:56赤岩の頭-11:57赤岳鉱泉13:30-堰堤広場14:30-美濃戸15:10


トイレ:赤岳山荘、行者小屋、赤岳頂上山荘、赤岳天望荘、硫黄岳山荘、赤岳鉱泉
売店:各合目の山小屋にあり。天望荘は泊まり客以外にはアルコールを提供しないみたいです。

お風呂:天望荘の五右衛門風呂、下山後は原村のもみの湯(混雑してます)
    
登山口までのアクセス:車(今回は山梨側から、小淵沢ICより鉢巻道路経由)

参考:
・今回は写真を撮りながらゆっくり山行でしたが、健脚早足の人なら日帰りコースです。
・南八ツの小屋はみんな基本バイオトイレのようです。ちょっと臭う(><)すべてチップ100円程度。
・硫黄岳山荘のトイレだけはなんと水洗シャワートイレ!臭いもなし。すばらしい!!
・美濃戸の赤岳山荘駐車場は1日1000円(前払い)。
・美濃戸口からは四駆でないと厳しい道かも。
・赤岳天望荘は夕・朝食ともバイキング♪
・赤岳天望荘の五右衛門風呂は時間交代制。
 
=============

赤岳山荘に駐車。ここまでの道が結構コワイ。
自分の車が四駆でよかった…
20110811-1赤岳山荘
初めから一泊予定のため、気分もゆったり、準備もゆっくり

20110811-2おだまき20110811-2くがいそう
山荘の脇に素敵な被写体を見つけ、
早速パチリ♪

20110811-3美濃戸山荘
赤岳山荘からすぐ上が美濃戸山荘。
一番奥の山小屋で、美濃戸登山口の真ん前。

20110811-3登山口
左に小さな看板。
左右の矢印は、それぞれ北沢、南沢コースを指す。
南沢は目の前の細い道をはいっていく


と、突然現れる、美しい森
20110811-4登山道3


あじさいのトンネルを抜け
20110811-4登山道あじさい

岩のステージに佇むホタルブクロや
20110811-4登山道ほたるぶくろ
風と踊るサワギク
20110811-4登山道黄色い花

自然の造形、自然の色の美しさに溜め息
20110811-4登山道幹

20110811-4登山道苔

途中、カモシカにも出会いました
20110811-4登山道かもしか

どこを見てもシャッターを切りたくて、
2時間ほどウロウロしながら歩いただろうか。

ついに八ヶ岳が前をゆく登山者の向こうにその姿の一部を現した。
20110811-4登山道から見えた八ヶ岳と登山者

ギザギザの稜線は横岳
20110811-4登山道から見えた横岳のギザギザ2

20110811-4登山道から見えた横岳のギザギザ
一瞬の青空


間もなく行者小屋へ到着
20110811-5行者小屋

ここで小休止。
さて、ここからどう行くか。

地蔵か文三郎か。

初めは地蔵尾根を行き、赤岳に登って文三郎尾根から下山予定で考えていた。
でも、もし体力が持てば硫黄岳から北沢ルートも歩いてみたい。
そうすれば、プチ縦走が出来る!

右にはテン場、その奥に文三郎尾根に続く道が
20110811-5行者小屋テン場

ねえ、花アブくんならどうする?
20110811-6花アブ
せっかく来たんだもの、僕なら
もちろん硫黄岳まで行くさ!

やっぱり?


ミーティング終了(笑
アブ隊長のススメにより、文三郎尾根に決定。

決まればあとは登るだけ。
しっかりとした上りなので、気合を入れて行く。

直ぐに行者小屋は小さくなった
20110811-6文三郎尾根からみた行者小屋

あれが地蔵尾根かな?
20110811-6文三郎尾根からみた地蔵?





明日は山頂近くのロックガーデン、魅惑の岩稜ルートのご紹介です♪



読んだよ!のしるしにバナーをポチッと↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: れっきとした山ヤですね

    ウリャ~さん

    八ヶ岳の苔は珍しいとか聞きます。
    美濃戸も綺麗でしたが、北八ツの苔も綺麗でしたよ~

    カモシカは、まだ鈴鹿でも会ったことがないのに、
    なぜか?八ヶ岳で初お目見えでした。
    最初灰色のお尻を見て「いのしし?」とか思っちゃいましたよ。
    都会っ子でしょ(笑

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 夏の八ヶ岳ですね。

    devilmanさん

    八ヶ岳の人気の秘密ですね。
    日帰りも可能ですし。。。

    秋の写真拝見しました。綺麗ですね。
    私も昨年10月に天狗を訪れていますが、少し遅かったので紅葉は終わりがけでした。
    また秋にも登りたいな~
    阿弥陀~中~赤岳のコースも歩いてみたいコースのひとつです。

  3. ウリャ~ | URL | z2Xy7H.g

    れっきとした山ヤですね

    「美しき苔の森へ」タイトルも良いけど、実際の景色も素晴らしいですね。こんな写真見ると今すぐにでも行きたくなってしまいます。カモシカとはミーティングしなかったんですね(*^_^*)

  4. devilman | URL | -

    夏の八ヶ岳ですね。

    八ヶ岳はある意味、大変手軽な山ですよね。
    高山でありながら、アプローチが短く、いくつもの代表的ピークを短時間で踏めるからね。

    以前は冬しか行ったことなかったけれど、去年、ひょんなことで秋に行きました。
    紅葉がきれいだった。
    http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-date-201010-1.html

    続きを楽しみにしていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/47-8d2bded9
この記事へのトラックバック


最新記事