--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山ノボラーの聖地を歩く! 上高地~明神~徳沢~横尾 【奥穂高岳&涸沢岳】登山その2

2011年08月26日 06:43

8月16日の山歩き。
<上高地~明神~徳沢~横尾~本谷橋~涸沢>
ルートマップはこちら

6:45に上高地バスターミナルを出発。
本日は涸沢までの予定、目安は横尾まで3時間、そこからさらに3時間。

横尾までのほぼフラットな道を3時間歩くって、どんな感じなのかな?
想像がつかないまま、歩き出す。

早朝とあって、観光客も少ない。

すぐにこんな素敵な小川が
20110816-0 遊歩道、小川

左にきらきらと静かに揺れる水面を見ながら、てくてく歩く。
20110816-0 遊歩道

小一時間で、明神館へ。ここまでは、あっけなく到着。
前穂が見えるはず・・・だけど、見えず。
20110816-1 明神

シャジンの仲間?と思ったけれど、「ソバナ」というお花でした
20110816-1 明神、花、薄紫ベル型

これは何の実だろう?緑の中でとても目立っていた
20110816-1 明神、赤い実

やはりここも、苔が綺麗・・・
20110816-1 明神、苔

花の白きはやわらかな光でこそ引き立つもの
20110816-2 徳澤、あじさい

横尾手前まで随所に見られた黄色い袋状の花、キツリフネ
20110816-2 徳澤、黄色い袋型の花

お花や景色を楽しみながら、退屈することなくほぼ予定通りの時間で徳沢到着。
ここまでくると、周りはほぼ100%登山者ばかり。なかなか楽しい眺め。

2時間歩いたので、ちょっと小腹が…笑
おにぎり一個でお腹を満たす。
20110816-2 徳澤園

徳沢園はとても雰囲気のよいお宿。
一度ぜひ泊まってみたい。。。
20110816-2 徳澤園2

徳沢園のエントランスに、よく手入れされたアガパンサス
20110816-2 徳澤園、アガパンサス

ここはとても素敵な場所。
ゆっくりしたいけれど、そう道草ばかりもしていられない。
さあもうひと頑張り、と歩き出す。

と、左の梓川をバックに、穂高岳が見え・・・アラ。。。見えない(泣
20110816-3 横尾手前、霧の山

徳沢までの2時間は楽しく歩いてきたけれど。
さらに1時間、代わり映えしない風景とフラットな道に飽きてきたころ、テン場が見えてきた。
20110816-3 横尾、テン場

続いて避難小屋も
20110816-3 横尾、避難小屋

どうやら、横尾到着♪
20110816-3 横尾到着

横尾山荘
20110816-3 横尾山荘

この「横尾」という地名、ちょっと思い入れがある名前だったりする。(理由は内緒)

横尾大橋。渡らずに右手奥へ進むと槍沢方面、渡ると涸沢方面。
20110816-3 横尾大橋
右にもすご~く行ってみたいけれど、今回はぐっと我慢して橋を渡る。

それにしても・・・
お日様が顔を出してきたのに、山のいただきは相変わらず雲隠れ。んもぅ~

横尾までは車が通れる林道歩きだけれど、橋を渡ったらそこは登山道らしい道。アップダウンも多少。

登山道脇に、かわいらしい花。
20110816-4 横尾~本谷橋、ハンショウヅル?
ハンショウヅルの仲間?と思って調べたところ、「クサボタン」であった。
ハンショウヅルもクサボタンも学名は"clematis"で始まるので、遠縁ではあるらしい。
クレマチス(和名:鉄線)は園芸種も多く作られていて、私の大好きな花のひとつだ。


少し歩くと、左手に屏風岩が見えてきた。
20110816-4 横尾~本谷橋、屏風岩1
ちょうど雲の下で翳ってはいるけれど、姿が見られてうれしい。

気の早いゴゼンタチバナが、もう実をつけていた
20110816-4 横尾~本谷橋、ゴゼンタチバナ実?

ウドの花。光に透かしてみるとうっすらとピンクに
20110816-4 横尾~本谷橋、花火状花

う~ん、これも何かわからない。実の同定は花以上に難しい・・・
20110816-4 横尾~本谷橋、赤い実

山のパワーをもらえる感じがして、好き
20110816-4 横尾~本谷橋、苔の株

木々の間から屏風岩が正面に!うぉーカッコいい♪思わず声をあげる
20110816-4 横尾~本谷橋、屏風岩2

横尾から1時間ほどで本谷橋に到着
20110816-5 本谷橋
橋を渡ったところの河原でお昼休憩。


本谷橋より先は、しっかりした登り。
20110816-5 涸沢手前、登山道
いよいよキタナ~!闘志を燃やしてずんずん登る。

チングルマ発見♪ 小さな針状の葉はアオノツガザクラ
20110816-5 涸沢手前、ちんぐるま

まだ残っていたミヤマダイコンソウの花に、アブが一生懸命頭を突っ込んでいた
20110816-5 涸沢手前、みやまだいこんそう

整った形の葉はヨツバシオガマ
20110816-5 涸沢手前、よつばしおがま

時々花の写真を撮るのが、足休めのいい言い訳に(笑

少し開けたところで、遠くにようやく今日の目的地が見えた
20110816-5 涸沢手前
氷河圏谷、涸沢カール!

えーっと・・・山の頭が切れているのは撮影ミスではなくて。
霧がかかっているから
今、ここは晴れているのにな。上は真っ白なんだろうな…

振り返れば、常念山脈が。
20110816-5 涸沢手前、常念山脈
綺麗 端正な山頂がしっかり見えている。あっちに登ればよかったか?とふと思う

悶々としながら歩を進め、本谷橋から1時間半ほどで涸沢ヒュッテ到着
20110816-6 涸沢ヒュッテ外観
ふぅ。お疲れ様でした。
って、あーっ!稜線までかろうじて見えている!?

急いで写真撮らなきゃ!でも受付もしなきゃ!おろおろ・・・



果たして、穂高の写真は撮れたのか!?

明日に続く



涸沢、好き?↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: ちょっと一言。

    devilmanさん

    コースのアドバイスありがとうございます♪
    最初、槍平から南岳を経由するコースを見ていましたが、

    ロープウェイ~蒲田川~槍平~飛騨沢~槍

    のコースってことですね。

    確かに地図をよく見ると飛騨沢にお花マークが!!
    ではこちらのコースも前向き検討します。
    来年夏まで待てない~早く行きたい(笑

  2. devilman | URL | -

    ちょっと一言。

    僕は初心者にも、新穂高からの槍ヶ岳をお勧めしています。
    槍沢コースと比べて、きついところはありませんし。
    むしろ、距離が短いので、こちらの方が、楽だと思いますよ。
    それに、すっごくきれい。。飛騨沢のお花畑。。
    行った人はみんな感動するようですよ。
    ぜひ、一度お試しを。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 上高地とかとか

    devilmanさん

    上高地から横尾って結構距離ありますものね。
    帰りにあの3時間を歩くのはためらわれたので、パノラマコースをとっちゃいました。
    でもそれはそれで、私の足には大変なコースでしたけど(笑)

    槍、いつかは・・・と地図とにらめっこしていますが、岐阜側から入るコース、相当きつそうですよね(@@;)
    もし槍に登るなら、やはり最初は大人しく上高地からになりそうです。

    涸沢、のんびりするにはとてもいいロケーションですよね♪
    フェスティバルが開かれる理由もわかる気がします。
    テントならあそこで何泊もしてみたいな~と思いました。

    お花の名前はあまり詳しくないんですよ。
    ガーデニングが好きなので園芸種は少しわかりますが。
    山のお花の名前は、今、一生懸命お勉強中です♪

  4. devilman | URL | -

    上高地とかとか

    登りは確かに、苦しくても一気に行っちゃうんですかね。。
    高校生の頃に合宿の入山で、メンバーみんな重荷に苦しんで、上高地から横尾まで歩きましたが、ひたすら苦しかった記憶しかありません。
    この間、ん十年ぶりに下りで横尾から歩きましたが、
    長かった。。
    で、槍に行くのに毎回蒲田川側から入っているんだよねぇ~
    でも、涸沢に入るのに、上高地から入らざるを得ないですよねぇ。。。
    今、逡巡しつつ悩んでいるところです。
    この間、涸沢のんびりができなかったから。

    Mikiさん、花の名前、詳しいですね。
    やっぱり野鳥の会の人、花も詳しいよね。

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: いいねぇ~穂高!

    ぶ~ちゃんさん

    はい、いつでも遊びに来てください♪
    大型テント担いでたら、そりゃ横尾から先は「ゲッ」ですよね(笑
    私は軟弱軽ザックですから、逆に3時間のフラットがしまいにはうんざりしてきて、もうこんなところはサクっと走って行きたいな、とか思ったり(でも走りませんでしたけど)。
    橋渡ってからは逆にテンションあがりましたよ!・・・でもMじゃないですよ!(爆)

  6. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 山ノボラーの聖地なんですね。

    ウリャ~さん

    穂高に登ってみたいっておっしゃってましたもんね。
    蝶、槍、穂高への登山口・・・上高地は登山者にとっての玄関かな、と。

  7. ぶ~ちゃん | URL | -

    いいねぇ~穂高!

    また遊びに来ました。

    横尾まではルンルンランランなんだよね。ホント気持ちいい。
    そんで、そこから先は「ゲッ(涙)」って感じの登り。
    僕は大型テント担当だったからキツかった思い出しかない。
    涸沢のテント場が見えたらホッとしたもんです。
    まぁ~着いたら着いたで、テントを張るところの岩(石?)を動かして
    なるべくフラットにする作業が待ってるのですが…苦笑

    続きも楽しみにしてます。

  8. ウリャ~ | URL | -

    山ノボラーの聖地なんですね。

    柔の高山植物 対 剛の屏風岩 絶妙のバランスです。

    穂高、穂高、奥穂高~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/54-1c417751
この記事へのトラックバック


最新記事