--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザイテン~パノラマコース【奥穂高岳&涸沢岳登山】 その5

2011年08月29日 23:58

ザイテングラートからパノラマコースへ

前の記事は <その1> <その2> <その3> <その4>




穂高岳山荘にて。

奥穂高岳&涸沢岳登頂の後も、まだ悩んでいた。

明日の下山ルートをどうしようか。


吊り尾根~前穂~重太郎新道を行ってみたい。
でも、楽なコースではない。危険もある。結局は天候次第。


神様に晴れを祈って就寝、翌朝・・・・



雨はふってない♪

・・・・だけど、5m先がようやく見える程の視界


さらに霧が濃くなってるって、どういうこと(怒



前穂も登頂できたらいいなというほのかな期待は裏切られ。
危険は冒せないので、あきらめて大人しくザイテンから涸沢へ下ることに。

途中で雨が降ってきて、レインを着込む。
20110818-1 霧のザイテン
こんなお天気でも登る人はいた

濡れた岩や土は滑りやすい。慎重に下る
20110818-1 霧のザイテン2

足元に集中したいので、一眼レフはザックへ。
あまり写真を撮らずに下りる。
何度かつるりと滑ってひやりとしたが、大きな転倒もなく無事ザイテングラートをクリア。
雪渓が嫌だったのでお花畑はあきらめ、涸沢小屋ルートをとる。

涸沢小屋でご褒美。名物のソフトクリーム
20110818-2 涸沢小屋ソフト
と、なぜかおはぎ
20110818-2 涸沢小屋おはぎ
朝8時からこれだけ甘いものを食べてたら痩せるわけがない(笑


さて、ここから二日前着た道を戻るか、あるいはパノラマコースをとるか。

パノラマコースのほうが距離は短いが、かかる時間は長い。
それだけタフなコースなのかと推測がつく。

でも、あの横尾からの3時間を歩くのは・・・楽だけど退屈・・・。
どうせならちょっと大変でも面白そうなコースを行こう。

涸沢小屋のテラスから見たパノラマコース。トラバースルートがよく見えた。
20110818-3 涸沢パノラマコース矢印入り

「危険箇所多いので健脚者のみ通行してください」
20110818-3 涸沢パノラマコース看板
ちょっとひるむ(笑)
でも、もう行くことに心は決まっている。がんばって健脚者になろう。

初めはこんな感じの緩めの登り
20110818-4 パノラマコーストラバース

すぐにロープ場あり
20110818-4 パノラマコースロープ場

岩をつかんだほうが確実な気がしたので、ロープを使わず進む
20110818-4 パノラマコースロープ場渡り中

ガレ場あり
20110818-4 パノラマコースガレ場

屏風岩が少しずつ近づいてくる
20110818-4 パノラマコーストラバース2

本谷方面を見下ろす。物資の補給らしく、何度もヘリが往復していた
20110818-4 パノラマコースから本谷方面

先ほどまでいた涸沢が小さくなる
20110818-4 パノラマコースから涸沢方面

またロープ ここは左が切れ落ちているので注意
20110818-4 パノラマコースロープ場2

またガレ
20110818-4 パノラマコースガレ場2

うまく写せなかったけれど、大きな木の根をよじ登ってまたいだりする箇所も多かった。
地図上はトラバースで標高は大きく変わらないけれど、実際は細かい上り下りが多い。
健脚者のみ、と書かれた理由がわかる。

ようやく稜線へ!! 屏風の耳がはっきり見える
20110818-5 パノラマコース稜線 耳が見えた

今度は右が切れ落ちている。注意
20110818-5 パノラマコース稜線 耳が見えた2 縦

屏風のコル到着。1時間半歩いたのにたった1.4km(涙
20110818-6 屏風分岐

屏風の耳まで登るか、どうしようか少し迷う。
・・・が、せっかく来たのだから登ることに。

ザックをデポして岩登り開始
20110818-6 屏風へ1

振り返ると、今歩いてきた尾根と、そこを歩く人が見えた
20110818-6 屏風から尾根振り返る

尾根のアップ
20110818-6 屏風から尾根振り返るUP
「おお~い」と手を振ったら、振り返してくれた

こんなとこ、どこから登ればいいんだか・・・
20110818-6 屏風へ岩登り

途中、右手に「サイノカワラ」のサインが出てくるが、無視して左に向かう。
しばらくすると、後方に賽の河原らしき部分が見えてきた
20110818-6 賽の河原
このあたり、ルート上に動物のフンが多い。
何かの実をかじった跡も。まさか、熊!?

屏風の耳はもうすぐそこ! 上には先ほど登っていた人の姿が
20110818-6 屏風耳もうすぐ

何やらこちらをじっと見ている・・・
20110818-6 屏風耳の人

屏風の耳に到着してみると、
「お疲れ様のところすみません、シャッター押してください」
それを待ってたんですね(笑)はいはい、お待たせしました♪

証拠の三角点タッチ♪
20110818-6 屏風耳三角点

屏風の耳からみた涸沢 ちょうど真ん中にヒュッテが見える
20110818-6 屏風から涸沢

マップ上では、屏風の耳から破線で屏風の頭までのルートが伸びている。
実際肉眼で見ても、なんとなくルートが見えている。だけどちょっと怖い・・・
20110818-6 屏風耳から頭を見る全体

屏風の頭アップ。ケルンがあるということは、行けるということ
20110818-6 屏風耳から頭を見る
しかし破線ルートは私にはまだ早い。

先行者に続き、大人しく退散
20110818-7 屏風下山

分岐に戻る。左が今登った道、右が新村橋へ下る道。
20110818-6 屏風分岐2

ここまで歩きっぱなしだったので、少し腰を下ろして休憩。
この先はまだ長い・・・




続く♪

明日はパノラマコースのお花畑をご紹介します。



ぽちっと応援よろしくお願いします↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: ちょっとサボっていました。まとめてコメントしております。(._.)

    ウリャ~さん

    サボって、だなんて(笑
    いつもチェックしていただきありがとうございます☆

    えげつないですか(笑)
    写真撮れなかったけれど、奥穂高の上のほうが実はもっとえげつないですよ( ̄▽ ̄)

  2. ウリャ~ | URL | z2Xy7H.g

    ちょっとサボっていました。まとめてコメントしております。(._.)

    下りの方がエゲツナイですね~!ビビりました。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 屏風岩の頭

    devilmanさん

    屏風岩の頭、耳からすぐのとこに見えるんですよね~
    ぜひ次回チャレンジなさって下さい!そしてレポをお願いします(笑
    ちょっと道は怖そうだったけど、私もいつかあそこまで行ってみたいです。

    涸沢小屋では、ソフトクリームかおはぎか悩んで、結局両方注文しました(笑
    少し固めでしたけど、美味しかったですよ♪

  4. devilman | URL | -

    屏風岩の頭

    ぜひいつ度行ってみたいのが、
    屏風岩の頭なのですが、
    けっこう道が荒れているみたいですね。
    写真、とても興味深い。
    でも、まあ北アルプス人気のコースに比べての話ですから、
    大丈夫そうですね。
    次回ぜひ行ってみます。

    涸沢小屋で召し上がったの、「おはぎ」ですか?
    あれ、おいしそうでしたよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/56-dfad02a4
この記事へのトラックバック


最新記事