--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010OSJクロスマウンテンマラソン・イン・王滝

2010年10月09日 02:48

御嶽山登山の翌日、9月20日。

トレイルランニングのレースに参加。


トレイルランナー憧れの<OSJシリーズ>第9戦、クロスマウンテン・イン・王滝。

42kmと20kmがあり、初心者の私は20kmにエントリーしてみました。

宿泊先のペンションで朝食後スタート会場へ。曇り空で肌寒い。
着くとすでに同じランニングクラブの仲間たちが数人、アップしていた。

ここまできたらじたばたしても仕方ない。肝を据えて走るしかない。
というわけで、ペラペラおしゃべりしながら、リラックス気分でスタートラインへ。


スタート前

制限時間は5時間。ま、なんとかなるでしょ。


いよいよスタート。
初めはゆるい上り坂。上り坂はダメダメの私でも、なんとか走れるか?

上り

されど上り坂。そのうち呼吸が持たなくなって、歩いたり走ったり。
周りのランナーを見ると、速そうな人もみんな走ったり歩いたりを繰り返している。
そうだよね・・・やっぱりみんな歩くよね・・・
しかし仲間の一人は違った。精密機械のように同じペースで確実に走っていく。
ずっと見ていても、一歩も歩いていない。。。スゴイ。
離されないよう、必死について行く。
彼女はもともと登山からトレイルランに流れてきた人。
山ヤの底力を存分に見せていただいた。
私もあんなふうに走れるようになりたいな。

私
その山ヤの彼女が走りながら撮ってくれた私の写真。



さて、小一時間上りを我慢して、ここからはようやく下り。
今までのうっぷんを晴らすかのように爆走。

下り

途中、ガレの多い場所もあったので、スピードをコントロールしながら、挫かないように気をつけて走る。
涼しくて気持ちイイ。トレイル最高!


しかし途中でロードに出る。
少しの間は下り坂、その後コースはフラットへ。足が思うように前に出なくなる。
前日の登山&前々日のアクトスリレーマラソンの疲れがここにきてどっと出てきた感じ。
仕方なく少しペースを落とす。トレイルの後のフラットなロードは余計単調に感じる。
精神的につらい。

ゴール手前2~3km地点ぐらいのところでトンネルが見えてきた。
400mくらいの長いトンネルで、電灯は無いため、真っ暗。
事前に事務局からライトを携帯するよう言われていたので、落ち着いてポケットからライトを取り出し点灯。
すぐ前にランナーの足音が聞こえるけれど、姿は見えない。
前のランナーさんは、なんとライト無し!で真っ暗闇の中を走っているようだ。
なるべく近づいて、前を照らしてあげようと思うが、あまり近づきすぎてぶつかっても危ないし・・・!?
などと考えているうちに、出口が見えてきた(ホッ)


トンネル
このトンネルは真っ暗なトンネルの手前にある、暗くないトンネル(笑)



トンネル・アトラクション(笑)が終わると、まもなくゴール会場らしきマイクの声と人のざわめきが。
もう振り絞る最後の力は無かったので、せめてペースダウンせずにがんばってゴール。

スタート前は5時間以内でいいよね、なんて話していたけれど。
走ってみたら2時間21分、ハーフのレースより少し遅いくらいで走れていた。
おいしい豚汁などをいただき、しばし休憩。
身体も冷えてきたからそろそろ帰ろうかと思った頃、速報が張り出されていたので見てみると、、、

仲間の一人と私、それぞれ年代別入賞☆

賞状!

・・・と言っても私の年代では、完走者たったの7人でしたが(笑)

それでも大人になって賞状をもらうことなんてないので、ちょっと嬉しかった。
いい思い出になりました。

最初の上りはつらいけれど、その分楽しい下りが待っている、素敵なコース。
また来年も参加したいな♪


読んだよ!のしるしにポチ♪↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/7-ed8ed3fb
    この記事へのトラックバック


    最新記事