--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なが~いトラバース。【御嶽山登山】 (後半)

2011年09月26日 14:46

前回の日記から日にちが開いてしまいました。
ルートマップと行程を入れるのを忘れていたので、前回のところに付け加えておきました。

前回の日記の最後で告知したとおり、連休は山にこもっていました。
その日記は追々書くとして、黒沢口から登った御嶽山の後半です。


本題の前にポチッとm(_ _)m↓↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


二の池山荘の前で昼食をとりながら地図を確認。
ここからまだ意外と時間がかかるらしいことがわかり、先を急ぐ。

小屋の裏手を右へ下ると、あみだくじみたいな賽の河原が見える
20110918-07賽の河原のあみだくじ

右手後方には中央アルプスの峰々とその後ろに南アルプス、塩見岳がちらりと。
20110918-07南アと富士山
三の沢岳(かな?)に殆ど隠れてしまっているけれど、塩見の左に富士山の頭も見えた。

賽の河原に降りると、左手に摩利支天の壁がどーんと迫る
20110918-07摩利支天

振り返ると御嶽最高峰、剣が峰(中央)
20110918-07賽の河原から剣が峰

足元には秋の装い。紅葉し始めたミヤマダイコンソウの葉
20110918-07ミヤマダイコンソウ

見上げれば、突き抜けるように高い秋の空、絹層雲の中にひとすじの飛行機雲
20110918-07賽の河原の飛行機雲

水平方向360℃ぐるりだけでなく、足元から頭上まで、垂直方向にも御嶽を大満喫しながら歩く。

稜線に出ると、三の池が見えた。池の奥は継子岳。
20110918-08稜線.jpg
ここもぐるりと歩いてみたいなぁ~


稜線から振り返った御嶽
20110918-08稜線から見た御嶽.jpg
賽の河原から見上げた時とは違う表情。凛々しくも優しく、美しい。


稜線から左へ進むとすぐ分岐があり、ここを三の池方面へ降りていく。
20110918-08三の池へ下る道.jpg
かなり急な道だけれど、これも御嶽スカイレースのコースだというからオドロキ。
(レースでは登りだそうです)

池が近づいてきた。二の池のコバルトブルーとはまた違った深い色
20110918-09木の実と三の池.jpg

五の池小屋への分岐。ここを右手へ降りると三の池はすぐ
20110918-09五の池小屋への分岐.jpg

三の池から見上げた稜線 さっきまであそこにいた
20110918-09三の池から稜線を見上げる.jpg
さあ、ロープウェイの時間に間に合うように快調に歩こう

結構な急勾配の木の階段は、OSJ新城トレイルコースを思い出させる
20110918-10トラバース木の階段.jpg

最初はどんどん高度を下げながら
20110918-10トラバース.jpg

20110918-10カワイイ木の実.jpg

川を横切って、また登って・・・
20110918-10渡渉.jpg

斜面に刻まれたトラバース
20110918-10トラバース遠景.jpg

まだかなまだかな~♪
20110918-10岩伝い.jpg

長いアップダウンのトラバースの後、ようやく見えた「八合目」
20110918-11八合目看板.jpg
ここまでくれば女人堂はもうすぐ
このコース、時間を焦っていたから長く感じたけれど、トレイルランナーさんには垂涎のコースではないだろうか。



女人堂からは来た道を戻るが、木の階段がつらかった・・・
明日のレースに響かないよう、膝をいたわりながらゆっくり下ってロープウェイへ。
なんとか間に合ってホッとしながら乗車、下山
20110918-11ロープウェイjpg.jpg

山へ行くと朝は天気が良くても、午後からは雲が出てきて・・・ということが多かった。
でもこの日は一日どピーカン!

いっぱい遊ばせてくれてありがとう、御嶽♪





翌日はトレイルランニングの大会に出るため、この日は王滝村のお宿に宿泊。
夜9時には夢の中でした・・・zzz・・・




「OSJクロスマウンテンin王滝20k」レポに続く♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: アドバイスありがとうございます。 (^^)

    ウリャ~さん

    さしでがましく失礼致しましたm(_ _)m

    > 来年は北ァ・中央ァ・南ァそれぞれ1か所づつ行きたいと思っていて
    > 数日前から山の本借りてきて学習中です。

    素晴らしいですね!
    私はまだ南アルプス未体験です。
    地図だけは購入して準備万端なんですけどね(笑

  2. ウリャ~ | URL | z2Xy7H.g

    アドバイスありがとうございます。 (^^)

    御嶽山は自分も20代の頃(何十年前じゃ?)登りましたが、
    殆んど記憶にありません(*^_^*)。
    今興味があるのはやはりここか駒ヶ岳です。
    でも、
    今日帰りのニュースで西穂高岳はすでに雪が降ったとか・・・
    危険を冒してまで行く技術も度胸もないので、
    行ける日の状況で決めたいと思います。
    来年は北ァ・中央ァ・南ァそれぞれ1か所づつ行きたいと思っていて
    数日前から山の本借りてきて学習中です。
    又いろいろアドバイス事項ありましたらお願いします。m(_ _)m

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 御嶽山からの展望

    ウリャ~さん

    お返事遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m

    実は、私が初めて登った山が御嶽山、
    一年前の同じ時期に同じ日程で登りました。
    昨年は登山の前日はアクトスにも出場してましたがf^_^;)

    御嶽山はルートも多く、日帰りも泊まりでゆっくりも色々な遊び方が出来ますよ。
    3000m峰ですからハイキング気分というわけにはいきませんが、キチンとした装備と心構えがあれば難易度的には易しい山で、特に田の原ルートは老若男女登っていて初心者向けです。
    私も昨年は田の原から日帰りピストンで登りました。
    景色も良いし、とてもオススメの山です。
    ただ、10月以降は止めたほうがいいかも(>_<)
    雪ついたら怖いですし。。。

    11月~12月に登られるのでしたら、御在所など鈴鹿山脈もいいですよ。
    伊吹山をトレラン装備でなく登山装備でゆっくり登るのも楽しいです。
    10月中にお時間がとれそうならサクッとロープウェイで木曽駒もいいですね。
    いずれも雪がついていない条件ですけど。

  4. ウリャ~ | URL | z2Xy7H.g

    御嶽山からの展望

    中央アルプス・南アルプス・富士山も見えるんですね。
    メモメモ・・・
    となると行かない訳にはいきません。
    ここは日帰り可能でしたか?

  5. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 写真奇麗ですね~

    しげちゃんさん

    そういえば、今年のスカイは雨が降ったそうですね~
    楽しかった、と言える余裕が素晴らしいです!
    このルート、逆回りでも面白いと思いますよ☆

  6. しげちゃん | URL | A6UEM/Vk

    写真奇麗ですね~

    相変わらず奇麗な写真ですね♩

    苦しくて楽しかったおんたけスカイレースを思い出しました!!

    機会があればこのルートで登山をしたいと思います(^^)v

  7. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: のびやかですね。

    devilmanさん

    そうですね。
    初めて御嶽を見たのは実は空の上、飛行機の窓からだったのですが、
    威厳を放って周りを圧倒する姿に驚きと畏怖の念をいだきました。
    そして美しいとも思いました。
    それ以来、御嶽って私の中ではちょっと別格です。
    冠雪した姿もまた素敵です。
    もうすぐ冬になってしまうけれど、来シーズンにでも是非いらしてみてください。

  8. devilman | URL | -

    のびやかですね。

    よいお天気で、独立峰の火山の良さが出ていますね。
    のびやかで、スケール大きくて。
    塩見の形が、やはり向きが違うと意外な形です。
    今年は御嶽の話をよく聞きます。
    行ってみようかな・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/70-dd983006
この記事へのトラックバック


最新記事