--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大紅葉トレッキング【那須連山と三斗小屋温泉】その3 

2011年11月04日 10:05

 



前日の宿、煙草屋旅館の建物の間を通り抜けると、今日歩くルートである。

「温泉神社」なる小さな建物を回って登っていくと、カラフルな紅葉がちらちらと見え始めた。

青みがかった朝の光が斜めから差し、より一層紅葉を明るく引き立てる。
20111009-05紅葉2

20111009-05紅葉3
あぁ、きれい。
低山には低山の良さがあるなぁと思う。
何度も立ち止まり、振り返っては写真におさめる。



紅葉の続きの前にポチっと┌|-.-|┐↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ


しばらくすると、煙がもうもうと立ち上る場所に出た。
原泉のようだ。
20111009-06源泉
匂いもするので、早々に立ち去る。

鎖も一か所設置されているが、登るのは容易だ。でも下るのは滑りそうでちょっとイヤかも。
それ以外は勾配はあるけれど安全な登山道。

樹林帯に入ったり抜けたりしながら高度を上げていく。
だんだん周りの木の高さが低くなり、昨日登った茶臼岳が再び姿を現した。
20111009-07茶臼岳遠景
煙の下あたりが牛ヶ首からの登山道のはずなので、結構下ってきたのがわかる。

振り向けば、尾根は赤く染まっていた。
20111009-09隠居倉紅葉2
隠居倉の手前、このあたりが一番きれいだったかも。
20111009-08隠居倉紅葉1

右奥には先ほどの原泉の煙も見える。
20111009-10隠居倉紅葉と源泉

少し急な坂を登りつめると、隠居倉山頂に到着。
20111009-11隠居倉到着

1819m。高くはないが、灌木に覆われた山頂は視界を遮るものがない。
ぐるりと360度見渡せる絶景ポイントだ。

20111009-12隠居倉360度1
三本槍、そして朝日岳
20111009-13隠居倉360度2
そして茶臼岳
20111009-13隠居倉360度3

隠居倉で最初の小休憩のあと、熊見曽根~清水平~三本槍をめざす。
ここからは尾根歩き。
これから歩く道が見渡せるゴールデンルートだ。
20111009-14なだらかな尾根

左右の山肌のカラフルな色合いを楽しみながら進む
20111009-15紅葉1

20111009-16紅葉2
朝日岳から続く裾野部分。
深緑の笹の上にぽこぽこと赤い玉がついているように見えるのがユニークだ。
朝日に照らされて、笹は銀色に光っている。

歩いてきた道を振り返って。

20111009-17稜線
見た目通りの、ゆるやかな歩きやすい道。

右手には、だんだんと茶臼岳が近づいてくる。
20111009-19茶臼岳とカラフル絨毯

ここから見る茶臼岳は中々荘厳で素晴らしい眺めだ。
やはり火山というのは、富士山もそうだが登るより遠くから眺める方がその良さがわかる。
昨日はあまりパッとしない山だなぁなどと思ったりして、ごめんよ、茶臼岳。

足元にはカラフルな絨毯を敷いている。
20111009-18カラフル絨毯

上の、紅葉の絨毯の写真を撮っているところを激写されてました(笑
20111009-19茶臼岳とカラフル絨毯2

さて、まもなく熊見曽根に到着。
20111009-20湿原手前稜線1

ここまでくれば結構人も多い。
左手に折れて湿原をめざす。
20111009-21湿原手前稜線2

朝日岳。
20111009-22朝日岳
昨日、茶臼岳側から見た朝日岳は半分岩肌が露出して荒々しいイメージだったけれど。
反対側から見ると上の方まで灌木に覆われ、ずいぶんとエレガント。
足元にはやはり紅葉の絨毯。


三本槍へは一旦湿原まで下らなくてはならない。
苦手な階段を降りてゆく。
20111009-23湿原見えてきた
三本槍はまだまだ遠い…



続く♪





次回は、三本槍~朝日岳の二座登頂記録をお送りします。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    devilmanさん

    ほんと、東北の山ってこちらのほうの山と山容がずいぶん違うんですね。
    「焼石岳の夏油温泉の自炊宿」というのも気になるし、
    遠くても暇を見つけて訪れたいですね。体力あるうちに(笑


  2. devilman | URL | -

    のびやかな紅葉の明るい尾根道。。いいですね。。
    東北の山の醍醐味です。
    火山が多いので、尾根がなだらかなのと、森林限界が低く、そして紅葉が顕著。。
    東北にはいい山がたくさんあります。
    ひなびた宿と言えば、焼石岳の夏油温泉の自炊宿が思い出されます。
    当時客に交じって泊って、他の登山者なんていなくて、
    雰囲気が、懐かしいような、温かいような。。
    もうだいぶ変わっただろうけれど、一度おいでになれば、と思います。

  3. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 初日の写真とは一転して紅葉が素晴らしいです!

    ウリャ~さん

    2日目の稜線あるきは、紅葉らしい紅葉でした^^
    でも私は初日のような荒涼とした山の雰囲気も好きですけどね~

  4. ウリャ~ | URL | -

    初日の写真とは一転して紅葉が素晴らしいです!

    初日の山々は岩肌が多く、若干冬っぽかったですけど、
    今日のは秋らしく
    「♪山のふもとの裾模様♪」
    人気スポットなわけだ。納得。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/87-332c9fe5
この記事へのトラックバック


最新記事