--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三本槍岳~朝日岳【那須連山と三斗小屋温泉】その3

2011年11月05日 06:04

  


熊見曽根から清水平へ下ると、湿原が広がる。

赤と緑のパッチワーク。
20111009-24湿原渡る

水は枯れて、地面がひび割れていた。
奥はこれから登る三本槍。
20111009-25湿原kara


北アルプスの槍ヶ岳はその尖った形がいかにも槍然としている。
でも、ここの三本槍って、名前から連想するような山の形ではおおよそ、無い。
変だなあと思い調べてみた。


続きの前にポチッと↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
三本槍岳の地名の由来:

「昔、この山頂の領地がはっきりしないため、会津藩、那須藩、黒羽藩の3藩が領地を確認するため定期的に集まって槍を立てた故事による。」(wikipediaより抜粋)

なるほど。古い歴史を持つ山なんだな。



清水平からまたゆっくり標高をあげていくと、三本槍がいよいよ目前だ。
20111009-26三本槍見えた

山頂手前は少ししっかりした坂であった。
20111009-27三本槍急なとこ

ひぃふぅいいながらも登った山頂は、残念ながらガスの中。
20111009-28三本槍山頂
ここから向こうは福島県、甲子温泉方面である。


* * * * * * *

甲子温泉も魅力的だけど、福島といえば私の中では安達太良山。

こんな状況だけれど、いや、こんな状況だからこそあえて東北の山に登ってみたい、と思う。
現地を訪れ、そこでお金を使うことによって、フクシマの復建再興に少しでも協力できたらいいと思うから。

那須も原発事故の影響で観光業は大打撃を受けたと聞いた。
この週末は連休ということもあって那須連山はたまたま大混雑だったけれど、きっと他の日は閑古鳥なのだろう。
驕りかもしれないが、今回の訪問で、私も微力ながら復興に貢献できたのなら嬉しい。

* * * * * * *

三本槍山頂は人が多かったのと寒かったので、来た道を戻って少し登り返したところでランチ。
20111009-29ランチ
サ●ウのごはんとレトルトのカレーを温めたのとスープ。そしてエスプレッソ。

ゆっくりした後は冷え切った体を再び始動。
那須連山、2座を登頂して残すは朝日岳のみ。が…

見えんし!!

20111009-30ガス

「おお~い、朝日岳さんよ~どこだぁ~」

・・・

・・・・・・めっけ

20111009-31かろうじて朝日岳

あまりにもガスガスだったら登頂も諦めようかと思ったが、少しおさまってきたので登ってみた。


あっけなく山頂。本来ならここから茶臼岳が見えるはずなのだが…
20111009-32朝日岳山頂

記念写真証拠写真だけ撮り、下山する。

地図を確認すると、峰の茶屋方面への帰路はこのガレた尾根を行くようだ。
20111009-33岐路ナイフリッジ

尾根を行く人たち。針山の針みたいだ。
20111009-34岐路ナイフリッジアップ

草地と灌木の広がる平和な道しかないと思っていた私、俄然やる気に(笑
20111009-35いわば下り

最初は急なガレ道を下り、続いて鎖のトラバース。
20111009-36鎖場
ここは一応鎖はついているけれど、無くても通れそうな感じでそれほど危険ではなかった。

ここはおそらく、先ほどの針山の部分だろう。
20111009-37ナイフリッジ
真ん中に鎖があるから逆に邪魔でちょっと歩きにくい。
でも今日みたいなガスの日は、高齢者には助かる設備なのかもしれない。

20111009-38最後の岩場
最後の岩場を下ると、あとは平和な巻道へ。

20111009-39トラバース

峰の茶屋。晴れていた昨日より曇っている今日の方が風が無く暖かい。
20111009-40峰の茶屋

休憩は取らず、そのまま峠の茶屋方面へ下る。
20111009-41岐路は大渋滞

すごい人の列(><)
メッカに向かうイスラム教徒か、はたまたビッグサンダーマウンテンにでも乗る人たちか。

この列に紛れてのろのろと歩いていくが、そのうち詰まって大渋滞に。
こうなると、さっきまで楽しく山歩きしていたことも忘れ、これ何の列だっけ?状態。
そろそろお手洗いも限界だし、早く車に戻りたい。。。
と思い始めたころにようやく駐車場到着。

富士山とか穂高とかメジャーな山でもこういう渋滞は今まで経験がなかった。
今回が一番びっくりかも。まあ、そういう意味ではいい経験になりました。


さて下山後。
那須街道沿いのジェラートショップにてご褒美のアイスタイム~
20111009-43栃乙女アイス

セレクトは、もちろん「栃乙女いちごミルク」にチョコをトッピング
20111009-44栃乙女アイス2



帰りは時間を気にすることなく、の~んびり運転して帰りました。


おしまい♪







次回は、鈴鹿での「ロープワーク講習」体験記です♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/88-420964c4
    この記事へのトラックバック


    最新記事