--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テント泊の夜の出来事・・・【瑞牆山】その2

2011年11月12日 05:44

前回の続きです。

今回は、テントの夜のおはなし。。。

だって、テントの中で一晩過ごすことがこの山旅のメインイベントなんだから、やっぱり書いておかないとね。


20111030-18テントの明かりtate


昼間は暑いくらいだったけれど、陽が暮れるとやっぱり冷える。

温かいものを食べても、片付けて寝る頃には顔や指先が冷たい。

夕食時着ていたダウンジャケットもそのまま脱がずに寝袋に潜り込む。

毛糸の帽子も被り、寝袋のあごひもをぎゅうっと締めて。はぅ~、あったかい♪

念のため、枕元には使い捨てカイロもスタンバイ。

夜から明け方、いったいどれ位冷え込むか想像もつかないので、出来る限りの寒さ対策。



ダウンの寝袋+ダウンジャケットのダウン重ねはさすがにぬくぬく。すぐに眠ることができた。

ZZZZZZZZ ZZZZZZZZ ZZZZZZZZ …ん?

寝入ってしばらくすると、少し離れたところから若者たちの話し声。

大きいテントからのようだ。

すぐ横はきっとうるさいだろうと、わざわざ少し離れたところにマイテントを張ったのに、それでも聞こえてくる。

彼らは非常識なほど大騒ぎしているわけではなく、普通に話をしているだけなのだが、その話し声で目が覚めてしまった。

那須ロープウェイの駐車場では拡声器と大音量放送の直下でも寝られた私なのに・・・

恐るべし、テント。

でも、時計ではまだ夜8時。うーむ、仕方ないなー

あきらめて寝袋をすっぽりかぶってみのむしになっていると、夜9時にはピタリと話し声が止んだ。

なかなかマナーの良い若者だ。テント場に静寂が訪れた。

あ~これでまた寝られる!と思ったら。



あれ、、、こんどは、逆に、なんか暑い・・・

とりあえず、毛糸の帽子を脱ぐ→スッキリヽ(^o^)丿


しばらくぬくぬくしていたが、、、やっぱりまだ暑い・・・

思い切って、ダウンを脱ぐ→スッキリヽ(^o^)丿


さぁ今度こそ寝られるぞぉ~、、、あれ、なんだか、足も暑い・・・

靴下も脱ぐ→スッキリヽ(^o^)丿

ついでに、サイドのジッパーも少し開ける→涼しくて快適~ヽ(^o^)丿



・・・て、ちょい待ち。 

涼しい、って!!
ペンギンsPhoto by (c)Tomo.Yun



なになに?テントって、寝袋って、こんなに暖かいものなの?

予想以上に暖かくてびっくり。しかも、まさか暑いと思うなんて。

(最初に着込みすぎてたって話もある。笑)

その後、さすがに明け方には少しひんやりしてきたので、サイドのジッパーを閉めたところ、ぬくぬくで非常に快適であった。

また、私は寝返りを多くうつ方なので、そういう意味でもストレッチが効いているのは強い味方であった。


いい仕事してます、ワタクシのモンベルの寝袋ちゃん。


ちなみに…

後日、気温を調べてみた。

甲府市の日曜日の朝の最低気温 11℃
富士見平小屋と甲府市の標高差1600m

100mにつき0.65℃下がる計算から、理論上数値ではほぼ0℃。

私の寝袋は快適睡眠温度が0℃、最低温度-10℃まで対応なので、丁度良かったようだ。


↓↓こちらは私のと同等レベルの気温に対応する、コスパのよいお手入れ簡単化繊タイプ。




ついでに、テントの防寒についても触れておくと…

テントマットは5mm厚の銀マット(シルバー面を下に)

グランドシートは3mm厚の銀マット(シルバー面を下に)

どちらも百均で間に合わせた。

グランドシートは敷かない人もいると聞くが、とりあえず寒いとつらいので寒さ対策のために準備。

まさか暑くなるなんて想像もしていなかったけれど、クッション性もあって持って行って正解だったと思う。



個人マットはリッジレスト、こちらも優秀で肩とかお尻が痛くなったり冷えたりは無かった。




話し声や思わぬ暑さで何度か目を覚ましたけれど、想像していたより快適に眠れて良かった。


・ ・ ・


地面がちょっと斜めってた以外は。


張ったときはそれほど斜めだと思わなかったけど、意外に斜めって寝てるとき気になるものなのね。

寝返りうちすぎて、朝起きたらリッジレストと銀マットごときれいに斜めにズレて寝てた。

(寝相が悪いとも言う)

次回は張る方向に気をつけなきゃ。



テントのサイズについて。

私のテントは幅120㎝。

今回の使用感では、一人ではゆったりと使用できるサイズ、二人ではまあなんとか、という印象。

といっても、もし男性二人ならかなりキツイだろう。


今回は登山靴や水のボトル、サンダルを前室に置いておいた。

でも、天候によってはすべてテントの中においておかなければいけない。

それを考慮したら、二人使用がメインであれば、こちらの150㎝でもいいのかも。

値段も2人用と変わらないし。



さて。

朝4時半、隣のソロテントの人はもう起きてゴソゴソ準備し始めた。

ああ私も起きなきゃ…でもまだ外は暗い。

そして、ぬくぬく寝袋心地よすぎだし。

ここから出られない。ていうか、出たくない。


・・・zzz zzzzzzz ZZZZZZZZ Z Z Z Z Z Z Z Z



二度寝orz またやってもーた


一瞬記憶を失って、再び戻ってきたらなぜか時計の針が1時間進んでたって、どういうこと!


慌てて起きだして、簡単に朝食。パンとスープ。
20111030-20朝食


空はほんのりピンク。曇っている。
20111030-19朝焼け


今日は瑞牆山へ登る日。

出発前にチェックしてきた予報は、午後から雨。下山まで降りませんように。

テントはそのまま、軽ザックでいざ、出陣!




瑞牆山のレポは次回に続く♪









実は。


大成功だったはずのテント泊、恐怖の後日談があるのです。

それはまたの機会に。。。


気になる方はぜひポチッと(笑)↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. Miki@宵の明星 | URL | -

    テント~♪

    フナトさん

    やはりシーズン前が一番沢山入荷するのでしょうけどね。
    ちなみに、名駅の駅前アルプスにもプロモンテのテントは取り扱いがあります。
    が、私が聞いた9月ごろの時点では売り切れで、入荷は10月末と言うことでした。
    そのときはエアライズ2も売り切れでした。
    どうやら、2人用サイズが一番売行きがよいようです。
    好日山荘も、もし行かれるのでしたら在庫確認の電話を一本入れてからですと確実かと思います。
    ゲット出来るといいですね♪
    よろしければ、このブログにもまた遊びにいらしてくださいね☆

  3. フナト | URL | -

    ありがとうございました

    テントの情報ありがとうございました。
    良いテントなので売り切れるのでしょうか、、。

    名古屋なら行けるのでお店に行ってみようと思います。
    助かりました。
    私も、最近山のことばかりで頭がいっぱいですので。

    これからもHP楽しみに拝見させていただきます。

  4. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: はじめまして

    フナトさん

    はじめまして。コメントありがとうございます^^
    山登り…楽しくて、時間があれば頭の中は山のことばかりになってます(汗)
    でもこれから寒くなりますから、山遊びもスタイルが限定されますね。

    VL24、ヤフーショッピングで検索してみました。
    仰る通り売り切れが多いですねぇ。この時期になぜ???

    私は好日山荘の実店舗で購入しました。

    好日山荘 愛知県の店舗はこちら→ http://www.kojitusanso.jp/shop_list.html/#aichi

    楽天の好日のお店にも今ならまだ在庫はありそうですよ。

    楽天 好日山荘WebShop→ http://item.rakuten.co.jp/kojitu/i109e0_vl24/

    これしか知らない私が言うのもなんですが、いいテントだと思います。

    よろしければぜひ!!



  5. フナト | URL | .U6kounk

    はじめまして

    はじめまして。
    ブログ楽しく拝見いたしました。
    はじめたばかりで、かなりの回数登っていらしてすごいですね。
    私もはじめたばかりですが、まだまだ知識もなくて。

    そんな状態で無謀なのかもしれませんが、テント泊がしたくてVL24を探しています。
    ですが、ネットで探しても見つからず。
    私も東海圏在住なのですが、購入されたお店を教えていただけないでしょうか。

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    devilmanさん

    お返事遅くなってしまいごめんなさい。
    詳しくありがとうございます。やはり雪山では外張りは必要なんですね。
    結構お高いから、どうしようかな~(><)
    でもそのほかの冬山装備はだいたい揃っているので、
    どういう形であれ、雪山も遊びには行きたいです♪

  8. devilman | URL | -

    ああ、説明不足でごめんなさい。
    テントによります。プロモンテの場合は外張りです。
    最近は外張りで冬対応にしているものが多いようですが、
    以前は内張りで対応するものが多かったと思います。
    僕のエスパースもそうでした。
    雪の山では外張りや内張りは必要です。

    ただ、本当に寒さが来るのは下からなので、マット類を充実させるのが一番効果的です。若いころは薄いウレタンマットだけで我慢して寝ていましたが、そんな時にエアマットなど使った日には天国でした。

    それにしても、シュラフやダウン、そしてその他の衣類の性能の向上には目を見張ります。

    頑張って、冬も楽しいでください。

  9. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: 厳冬期??

    devilmanさん

    寒いのは苦手意識がありましてf^_^;)
    でも、意外にテントの中って暖かいものなんですね。
    この3季テントで北八ツあたり、冬でもいけるかな?
    シュラフは3季だから厳しいかな?
    などど色々思考を巡らせております。

    > 厳冬期になると、テントは内張りとかしますが

    内張??外張では無くてですか?
    真冬はあの黄色い外張を買わないと真冬のテント行は難しいのかとビビってました。

  10. devilman | URL | -

    厳冬期??

    ははは、用意周到で大変よろしいですねっ。。
    読んでいると厳冬期まがいの念の入れようですね。
    今はモノがいいから、違うと思うけど、
    若いころは、この季節は化繊シュラフで、もちろんダウンなんか持っていないので、セーターの厚手を着て寝ていた感じかな。
    厳冬期になると、テントは内張りとかしますが、冬用のダウンがあれば、寝袋は半シュラフでよかったりします。

    それから、もし明け方寒くて寝られなくなったら、無理しても眠れはしないので、
    温かい飲み物を沸かして飲みながら夜明けを待つというのが、冬の夜の過ごし方です。

    でも、テント生活って面白いでしょ?
    季節ごとに色々とノウハウもあれば、工夫もありますから、
    どんどん楽しいで覚えてくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/92-873b0de9
この記事へのトラックバック


最新記事