--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩山散歩♪【瑞牆山】 その3

2011年11月18日 14:42

前回のエントリーから日にちがあいてしまいました。

その間、山には行かずフルマラソンなど走っておりました(笑)




では、あらためまして「瑞牆山初テント泊体験」翌日の登山編です。




続きの前にポチッと(笑)↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
AM5:30 起床。

(ちなみに床に入ったのが昨日のPM5:30。12時間も寝てたのには我ながらビックリ。)

富士見平小屋前の標識には「瑞牆山:1時間50分」とある。

時間のかかる山ではないが、この日は午後から雨予報。

雨の中でテントの撤収は出来れば避けたい。あまりゆっくりはしていられない。

AM6:40 出発。

テン場から見えた富士山。
20111030-21テンバから富士山

小屋の左手裏の道を進んでいくと、まもなく左に瑞牆山がちらちら見えてくる。
20111030-22取りつき
テン場からは見えなかったのでテンションUP

一旦下って天鳥川を横切ると、石ごろんごろんの道が現れる。
20111030-23沢の後
真新しい階段に頭が下がる。

小枝ちゃんもがんばっている(笑
20111030-23沢の後2岩のささえ

ここからは、いかにも岩の山らしい道が続く
20111030-24登山道

徐々に斜度が増して、息があがる。

20111030-25登山道2

意外に道がわかりづらい。実際、何度か道を聞かれた。私もここは初めてなのに(苦笑)
目の前の岩をよじ登るのに必死で、気づいたらルートミスなんてこともあるのかも。

赤テープやマークをしっかり見ながら進む
20111030-25登山道3

頑張って登っていくと、少し視界が開けた。あの正面の山は何かな?
20111030-26静岡方面

突如、真正面にドーンとそびえる大きな岩。ここは右側を巻く
20111030-27大岩

ロープ場もところどころあったり。
20111030-28ロープ場

登ってきた道を振り返って。これくらいの斜度。
20111030-29登山道振り返る

先ほどの大きな岩も見下ろせるくらい登ると、山頂はもうすぐ!
20111030-30大岩振り返る

登り切って尾根に出ると、分岐。直進は滝方面なので右へ折れる。
20111030-31分岐

見えた!あそこが山頂♪
20111030-32山頂見えた

到着~♪ あらためまして、おはよう、富士山。先ほどの名前のわからない山も右側に。
20111030-33富士山

曇っているから、シルエットがくっきり。美しいラインが際立っている。
20111030-35富士山縦

金峰山もおはよう♪ 今度はそちらへもお邪魔しますね。
20111030-34金峰山

水墨画のような山並みの奥には、南アルプス。
20111030-36南ア方面

八ツと私のツーショット。
20111030-37八つ方面

小川山。初夏には山じゅうシャクナゲの花で埋まるという。
20111030-38小川山

山頂で景色を堪能していたら、団体さんが上がってきた。
・・・と、思ったら、なんと知り合いであった(爆)

そして、山頂鍋パーティが始まった。
20111030-39鍋パーティ

一緒にどう~?と誘っていただいたが、テントの撤収があるので失礼してお先に下山。

途中、ぽつりと額に雨粒を感じたが、ざぁっと来ることはなく富士見平小屋に到着。

すぐにテントを撤収すると、軽ザックから再び重ザックへ。

ここから駐車場まではすぐだが、そそくさと帰ってしまうのには後ろ髪が引かれて。

少し早かったが、小屋の前のベンチにてランチをとってから下山することにした。

メニューはマルタイ棒ラーメン、カレー味! (山頂の鍋に比べたら貧相だけど…)
20111030-40棒ラーメンカレー味
※昨日もカレーだったじゃん!とかいう突っ込みは無しでお願いします

ベンチの後ろには、修繕されたばかりの小屋の窓枠を彩るゼラニウム。
20111030-41小屋のゼラニウム

寒さに弱い花だから、きっと冬の間は小屋の中に取り込まれ、

奥様の愛情をたっぷり受けて、来年の春またこの窓を飾るのだろう。

* * * * * *

ラーメンの後、ふたたび小屋のコーヒーを注文してしまった。

ご主人曰く、「昨日の水の方が美味しかったんだけどね」

ううん、十分今日のもおいしかった。

結局自分で持ってきたコーヒーは飲まずじまいであった。

* * * * * *

たっぷり1時間半ほどのんびりしたら、下山。

20111030-42秋jt

昨日、いいお天気で汗をかきながら登った道、下りはたったの30分で登山口へ到着。

お疲れ様でした~

って、

↓下ってきてから気づいても遅いよねー
20111030-43熊出没注意
ま、あれだけ人がいれば熊も出てこないだろうけど。


車に到着するや否や、雨。

下山するのを待ってくれていたかのようであった。




天候にも恵まれ、私の初テント泊、大成功♪

もう少し慣れたら、来年の夏は高山の稜線でテント泊、してみたいです。



おしまい♪


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Miki@宵の明星 | URL | -

    Re: タイトルなし

    devilmanさん

    これから楽しみです。
    冬の間どうするか、という問題はありますが(苦笑
    毛無山!!
    devilmanさんならきっとご存じだろうと思っていました。
    教えていただいてありがとうございました♪

  2. devilman | URL | -

    楽しい、それでいて余裕のテント泊山行、お疲れ様でした。
    これからも、楽しみですね。
    この山、懐かしいです。
    学生時代の友人たちと、家族ぐるみで登ったことを思い出します。
    秋晴れの大快晴で、八ヶ岳がきれいだった。

    例の山、富士山の西の毛無山だと思いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miki38.blog86.fc2.com/tb.php/93-1592fb61
この記事へのトラックバック


最新記事